2019年05月09日

呉・てつのくじら館と大和ミュージアム

呉にやってきた僕。
しかし,このあたりの地名って漢字一文字が多いのな。
「呉」に「坂」に「広」・・・結構違和感あるな。
呉のターゲットは大和ミュージアムと鉄のくじら館。

広島に来るにあたって予習をちょっぴりしてきたのですがブラタモリの広島編(図書館で借りた書籍)にエネーチケーの番組。

s-IMG_9307.jpg
歴史秘話ヒストリア「軍港・呉と戦艦大和”世界の片隅”の町 悲劇と復興」

s-saka.jpg s-yamato.jpg
「この世界の片隅に」より

アニメ映画「この世界の片隅に」は福井に帰ってきてから見たのですが,これは呉に来る前に見ておくべき映画だったかもしれないな。すごくいい映画でした。

s-konosekai.jpg s-IMG_7281.jpg

s-IMG_7103.jpg

まず向かったのはてつのくじら館(海上自衛隊呉史料館)です。
ここは潜水艦メインの珍しい資料館なのです。

s-IMG_7059.jpg
機雷の展示

機雷除去が主たる任務・・・なのかな。

s-IMG_7061.jpg

この機関銃で機雷を撃つこともあるそうです。

s-IMG_7063.jpg s-IMG_7064.jpg

ベッドに寝転んでみましたが狭い・・・
スペースを有効活用するために椅子の中には食材を収納。

海に潜っているときの潜水艦というのは音が頼り。
「沈黙の艦隊」を読んだ人には常識ですが,ヘッドホンで海中の音を聞いて,何の音なのか当てるというクイズに挑戦できます。

s-IMG_9367.jpg

福井に帰ってきてから映画「レッドオクトーバーを追え」「真夏のオリオン」「ローレライ」も見ました・・・内容はイマイチだったかな。

s-IMG_7062.jpg

5問中正解は1問のみ・・・まあアザラシやアシカやクジラの音なんてわかんねえよな。動物好きな僕でも。

s-IMG_7066.jpg s-IMG_7068.jpg

潜望鏡はニコン製。
こちらに展示されている潜望鏡で見えるものはイメージ動画なのでイマイチです。

そして表に展示されていた潜水艦内部へ。

s-IMG_7072.jpg
上部ハッチ

s-IMG_7073.jpg
士官用食堂

s-IMG_7076.jpg

s-IMG_7079.jpg

こちらの潜望鏡では実際に外を見ることができました。

s-IMG_7088.jpg

似非ミリヲタの僕ですが動く潜水艦を見たのは初めてでして・・・

大満足。
これで無料だってんだから,二度おいしいってやつ。

ランチを食べた後,続いて大和ミュージアムの方へ。

s-IMG_7278.jpg

戦艦武蔵については長崎の三菱重工長崎造船所内の博物館で資料を見たことがありますが,大和の博物館ははじめて。まあ大和や武蔵ってのは建造に関してかん口令がしかれていたこともあるし,写真などの資料がほとんど残っていないから大和関連の展示物だけで博物館ってのは無理があるのは分かっておりましたので・・・
いちおう大和ミュージアムってのは通称で正式には呉市海事歴史科学館のようですね。

s-IMG_7105.jpg

s-IMG_7142.jpg s-IMG_7143.jpg

よくできてるわ。
ただ,前面から写真を撮ろうとして後ろがガラス張りなので逆光のようになってしまい写真を撮りづらい展示方法となっています。

s-IMG_7108.jpg s-IMG_7113.jpg
巡洋戦艦「金剛」搭載のヤーロー式ボイラー/大和型の探照灯

呉海軍工廠の歴史を学んだあと,興味をひかれたのは沈没した大和の調査の資料。

s-IMG_7114.jpg

s-IMG_7127.jpg

s-IMG_7140.jpg

ゼロ戦の実物は国立科学博物館(二一型),靖国神社遊就館(五二型),アメリカ国立航空宇宙博物館(五二型),ロンドン戦争博物館(五二型),航空自衛隊浜松基地(五二型甲),知覧特攻平和会館(五二型丙)に続いてこれが7機目。六二型ってのもあったのね・・・

s-IMG_7135.jpg

人間魚雷回天。遊就館にもありました。
潜望鏡を覗けるのですが,あまりにも見え方が酷い。
こんなんで特攻させたなんてね。

じっくり見ると2〜3時間はかかると思いますが1時間ほどで一旦退館して,ひとつ別のミッションをこなしてから時間があればまた大和ミュージアムを観ることに。


(つづく)

posted by poptrip at 18:45 | Comment(4) | お散歩・お出かけ(県外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする