2019年06月30日

読書日記(平成31年1月〜令和元年6月)

本を読めていません。
原因ははっきりしています。
テレビやネット動画を見る時間が増えたからです。
WOWOWに加入してからというもの,映画や地上波の番組もついでに見るようになり,ちょっと気になる番組は録画するようになってしまい・・・テレビと読書の両立はさすがに無理ですね。



鉄道員のぶっちゃけ話/大井良

某現役私鉄社員が鉄道業界の裏話的なエピソードを語るというもの。三国図書館で借りました。こういうコンビニに置いてありそうな(軽く読めそうな)文庫本が図書館に置いてあるのは・・・ありがたいw
「へ〜」ってなるようなハナシばかりですが文章にちょこちょこ鼻につくようなところもありまして。まあ暇つぶしにはもってこいの本でした。



春にして君を離れ/アガサ・クリスティー

アガサ・クリスティ―ですが内容はミステリーではありません。心理的描写によるサスペンスと言ってもいいかもしれませんが非常に面白く読みました。普段海外文学などほとんど読まない僕がこの本を借りたのは
「友人に絶交されました…」鴻上尚史が指摘する原因“無意識の優越感”とは(AERA.dot)
というネット記事で紹介されていた本だからです。
ムスメにもこの本を勧めてみたところ,読語の感想はまあふつうの小説だと。ある種の人あるいは年齢を重ねた人には反応するような本なのかもしれませんね。
坂井市図書館には蔵書がなく,鯖江市図書館で借りました。



鳥類学者の目のツケドコロ/松原始

面白かったです。
バードウォッチング初心者の僕にとっては。
身近な鳥がいろいろ紹介されていて興味深く読むことができました。




平成の通信簿 106のデータで見る30年/吉野太喜

なかなか楽しめました。日本のいろんな状況がデータで見えてきます。とても明るい未来が待っているとは思えなくなってきますが・・・なかなか面白いデータと分析でした。



s-IMG_20190618_0001.jpg
北陸政界

鯖江市議会選挙の記事が興味深く。
内容は相変わらずファンにはたまらない(笑)




あきない世傳 金と銀/高田郁

越前市図書館で借りました。鯖江市立図書館では貸出中だったよね・・・
みをつくし料理帖の作者による長編。相変わらず面白い。季節を表す言葉として野鳥が出てくるのもいまの僕にはぴったり。黄鶲(きびたき),頬白(ほおじろ),四十雀(しじゅうから),めじろなど。源流編〜転流編まで5冊を一週間で読んでしまいました。まだつづきがあるので楽しみなのです。



さて,以下ここ最近見た映画を備忘録として。

シン・ゴジラ◎
デスノート◎
L Change the world△
デスノートLight Up yhe New World×
アンフェア the movie○
アンフェア the answer
二十世紀少年
真夏のオリオン×
ゴッドファーザーPART T◎
ゴッドファーザーPART U◎
ゴッドファーザーPART V○
アンタッチャブル○
エルアラメイン○
ローレライ×
この世界の片隅に◎
劇場版コードブルー○
万引き家族○
バルジ・ソルジャーズ×
posted by poptrip at 23:00 | Comment(4) | 本・まんが・図書館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする