2019年08月04日

猛暑日の浄法寺山登山

8月3日(土) はれ

飲み仲間の同級生たちと飲むと,必ず「山に登ろう」と言われます。
彼らは,僕が言い出さないと山に登らない奴らでして(笑)

6月,7月と土日は雨の日が多くなかなか機会がなく(ソロでもどこの山にも登っていない),ようやく御大将poptripさんも重い腰をあげ招集をかけました。子供が夏休みということもあり,また土曜日は仕事という人もいて参加者は僕を含めて3名。

しかし気になるのはやっぱり天気予報。
雨の心配はないのですが,問題は気温。福井の予想最高気温は35℃とあり・・・じゃあ奥越のちょっぴり高い山へ早朝から登って避暑,とも思ったのだけれどプリプリおけつのNくんは前日は日帰り出張で朝早いのはちょっと無理との返事。そしてSくんも僕も夕方から用事があるということでいろいろと熟考した結果,永平寺町の浄法寺山(1,053m)に決定(登山を中止するという案はなかったw)。

登山口までの道路が狭いため注意が必要です。
猛暑予想により僕は2Lの水と1Lのポカリ,計3Lを用意。

上りは「急登コース」,下りは「つつじが原黒岩コース」にすることに。

8:00登山開始。

s-IMG_3832.jpg
久しぶりに見たまな板の案内表示

このまな板看板,注意の「意」の字が間違っていることが今回の新たな気づき。

「急登コース」はその名の通り厳しい急登の連続。
登山口である浄法寺山青少年旅行村の標高は約450m。平地よりは多少気温が低いと言ってもその恩恵は殆ど感じられません。

s-IMG_3835.jpg s-IMG_3839.jpg

汗が滝のように落ちてきます。
眼鏡も曇るし,何度も何度もタオルで顔の汗をぬぐいます。
まだ午前中ということもあってか直射日光を受けることがほとんどないことだけが唯一の救い。

途中に何度か休憩をはさんで

s-IMG_3843.jpg

8:49に展望台分岐に到着。
この時点でくたくたでございました・・

10分近くの本格休憩をはさみ,ふたたびキャラバンは進む。展望台はスルーで。

s-IMG_3844.jpg s-IMG_3846.jpg

冠岳(837.7m)山頂を通過するとどんどん下っていきます。

s-IMG_3849.jpg

浄法寺山が前方に。

s-IMG_3863.jpg

s-IMG_3864.jpg
えい坊くんって誰やねん!

鞍部を過ぎるとゆるやかな登り。

偽ピークを過ぎ階段を上ると

s-IMG_3870.jpg s-IMG_3871.jpg
階段には番号が振ってあり山頂に近づくにつれて数字が減っていく

浄法寺山頂に到着(10:00)。

s-IMG_3872.jpg

登り始めてからちょうど2時間。
僕とNくんは汗でびしょびしょ。
Nくんの白いTシャツからは乳首が透けている(笑)
しかも,いったんTシャツを脱ぐもんだから,不摂生の塊のような肉体を目の当たりにすることに。その醜い肉体はカメラに収めることすら憚られます。まあしょうがないわな。先週1週間で8000歩しか歩いてないって言うんだから。

s-IMG_3873.jpg
二等三角点 浄法寺山(1052.86m)

s-IMG_3874.jpg

霞んでいて白山はうっすら見える程度。
あまりの暑さと疲労により,持参した「きのこの山」だけ食べていちおう用意してきたコーヒーを煎れることもやめて下山します。

下りは「急登コース」ではなく,「つつじが原黒岩コース」で。
ガイドブックによると冠岳から青少年旅行村まで急登コースは30分,つつじが原黒岩コースは50分とあるため距離が長い分傾斜もゆるく楽勝だと思っていたのですがこれが大間違い。

しばらくは

s-IMG_3883.jpg

ゆるーい道が続いたのですが,

つつじが原を過ぎたところから岩場の連続。難所続き。

s-IMG_3889.jpg s-IMG_3895.jpg

これは全くの想定外で,僕もびっくり。
急登コースのほうがまだマシだったな・・・おまけにハチが多くて。

s-IMG_3890.jpg s-IMG_3893.jpg

ペンキマークに従って下っていきますが,こんなペンキマークがたくさんあるような山(コース)って福井県内ではあんまりないような・・・慎重に慎重に。ゆっくりと。

ヘロヘロになりながらなんとかしし岩に到達(12:00)。

s-IMG_3896.jpg

ホントは12時前には下山している予定だったんだけどな。
下りでこんなに汗をかくとは思っていなかったよ・・・

ここからもしばらくはちょっとした岩場があり,林道についたときにはマジうれしかったっす。やっとあの地獄が終わったってね。

s-IMG_3902.jpg

12:35に下山完了。
へとへとで足の疲れも精神的疲れも半端ない。
もちろん暑さというマイナス要素が大きく影響しているのですが。
Tシャツを着替えてエアコンの効いたクルマに乗り込むと,エアコンの有難みというものを心から味わったのでありました。

weather.jpg

教訓:コースタイムだけでキツさを判断してはいけない
   こんな暑い日には北アルプスとかにいくべきだ


なお,この日出会った登山者はわずか1人(笑)
Sくんは奥さんに「こんな日に山に登ろうなんて,○○くん(←僕の本名ね)ちょっとおかしいんじゃないの!」って言われつつ全幅の信頼を置く僕の言う通りのこのこ登山に付いてきたんだけど・・・Sくんの奥さんが正解。8月に福井県内のコースタイム2時間クラスの山に登ることは今日以降禁止となりました(文殊山くらいまではアリと思う)。


上り:2時間0分(急登コース,休憩含む)
下り:2時間9分(つつじが原黒岩コース,休憩含む)


いままでルート表示に使用していたルートラボがサービス終了ということでヤマレコに登録したルートを表示させています。




posted by poptrip at 16:30 | Comment(6) | 嶺北の山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする