2019年08月06日

コウノトリ観察日記#5


本日の夕方のニュースより。

s-IMG_4046.jpg s-IMG_4047.jpg

s-IMG_4048.jpg s-IMG_4050.jpg

無事に4羽の巣立ちが確認されました。
よかったですね〜。
ということで,情報としては古いのですが以下に観察日記を。


7月29日(月)

夕方コウノトリ。
常連さんから,土曜日にJ0259(メス)も巣立ったと聞きました。

巣だっても,幼鳥はフツーに巣に仲良く4羽そろっているのです。

s-IMG_3526.jpg

まだ餌を上手にとることはできないんでしょうね。

そして盛んに飛ぶ練習をしているのが

s-IMG_3516.jpg

J0260(オス)。

親が餌を持ってきました。

s-IMG_3533.jpg

このときばかりは巣の中は戦場になります。

僅か数十秒で親は巣を離れます。

s-IMG_3563.jpg s-IMG_3564.jpg

巣から近いほうの電柱に留まるのがオス親,遠いほうの電柱に留まるのがメス親。親たちは夜も電柱の上で眠るそうです。
で,こちらはメス親でした。
しかしオス親とメス親はほとんど顔を合わせてないんじゃないかな。
僕が見ている間はずっと両親とも巣を離れていたし,戻ってくるときも別々だから。


7月30日(火)

連日の夕方コウノトリ。
この日の朝,J0258(オス)が巣立ったとのこと。
この後,しばらくJ0258は,4羽の中で一番元気がないというか目立たない存在。3羽が巣の上で起ちあがっていてもこのJ0258だけ座ったままということも多く,一番成長が遅いんじゃないかと心配されていた個体。それが3番目に巣立ったということで皆が驚いていました(県の公式発表ではこのJ0258が8月7日の本日,最後に巣立ったということになっております)。

s-IMG_3611.jpg

前日と同じく,親がちょうど帰ってくるタイミングでした。

まだ巣を離れていない(と思われる),J0260(オス)が何度も飛び上がる練習。

s-IMG_3650.jpg

帰ろうとすると飛ぶそぶりを見せるためなかなか帰れない(笑)

s-IMG_3670.jpg

ごらんのとおり空がオレンジ色になるまで粘ったのですが,

s-IMG_3681.jpg

結局J0260が飛び立つ姿を見ることはできませんでした。



7月31日(水)

超早朝コウノトリ。

s-IMG_3702.jpg

巣立ちした2羽のメスはすでに休耕田に。
距離があるのでよく見えないのだけれどときどき餌を食べているようなしぐさも。

しばらくすると,だれかが近づいたためか2羽が飛び立ち

s-IMG_3712.jpg

巣の周りを旋回したのち

s-IMG_3736.jpg s-IMG_3744.jpg

どこかへ消えていきました。
親の居る所へ行って餌の撮り方を教えてもらっているのかもね。

しかし,このオス2羽の不甲斐なさよ。
やっぱ人間といっしょでメスのほうが度胸があるというか・・・

s-IMG_3755.jpg

相変わらずJ0260は上に飛び上がるだけで巣の外に出ることはありませんでした。
数日前に巣立ったはずのJ0258も巣の中でかくれんぼ。

コウノトリの世界もやはり女性上位なのかもしれないな。
とこの日も思ったわけ。


8月2日(金)

早朝コウノトリ。
7時前にいつもの場所に行くと,巣の上にいるのは1羽のみ。

s-IMG_3820.jpg

巣立ちしたはずのJ0258(オス)です。

先日飛びそうで飛ばなかったJ0260も巣立ちしたよう。

近くの休耕田に仲良く3羽の幼鳥が。

s-IMG_3789.jpg

そしてしばらくすると,

s-IMG_3813.jpg

もう1羽増えていました。
一番左にいるのが親ですね。毛の色がちょっと汚れて茶色っぽいからね。
どうも餌の捕り方を教わっているみたい。

ほのぼのする光景です。

でも1羽だけ巣に残された

s-IMG_3809.jpg

この子を見ると心配になります。

まあ,冒頭のニュースのとおり今日巣立ちが公式に確認されたわけですが早く一人前になれよと。


(つづく)

posted by poptrip at 19:25 | Comment(0) | 生き物,動物園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする