2019年09月22日

福井市・まほろばの泡白湯

福井市のまほろばに初訪問です。

3度目の正直。

1度目は店の外まで続く行列にげんなりして別のお店へ。
2度目は臨時休業(だったと思う・・・)。
そしてついに入店しました。

ここで営業していた「めん屋さる」と金沢の「そらみち」と合体してできたのが「まほろば」ということでいいのかな。「さる」には一度行ったことがあるんだけど,とくに印象はなく。「そらみち」はいしかわ動物園とセットでいつか行こうと思っていて行けなかったお店。

福井新聞の記事になったくらいだから界隈ではなかなかの事件。

fukuishinbun.png
https://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/801491

平日の夜,仕事が終わり19時前に店に到着。
明かりが灯っている。店に入ると席は半分くらい埋まってるという感じ。いいじゃない。これくらいの客密度が僕には理想的。券売機で食券を購入。

おねえさんの愛想がいいというか元気がいい声が店内に響き渡ります。椅子はちゃんと引いてくれて高級レストラン並みのサービス。ただ,この女性店員のはなす言葉のアクセントが妙に僕は気になってしまいまして・・・「おねいし〜す」っていう独特な。千鳥ノブ風に言うと癖がすごいんです(笑)
気にならない人は気にならないんだろうけど,どうも僕は気になってしょうがないんです。ま不快になるとかそういうのではなくむしろ接客に関しては素晴らしい。ラーメン屋もここまできたかという感じ。
鈴木健二の「気くばりのすすめ」を読んでんじゃねえかって言うくらい。

さて,本日の特製泡白湯(850円)。
確かに「本日の」という修飾語を付けて持ってきてくれたのです。
日によってスープの出来が違うのか,内容を微妙に変えているのか。水質が毎日ちょっとずつ変わるからか。

s-IMG_5206.jpg

スープの表面だけをすくって飲んでみた。
泡を食べると言った体。
なんていうんだろうか,すげえフルーティな感じがしたのな。ミックスジュースみたいな。
二口目からはそんな感覚なかったけどね。不思議。

s-7855.jpg

細麺ストレート。
レアチャーシューに水菜。
シンプル。
お味の方は「鶏っぷ」の泡白湯とほぼ同じ(僕の舌ではそう感じました)。
つまり,美味いってこと。

「めん屋さる」で食べた味玉にぼしらーめんは「別に」って感じだった記憶があるんだけど・・・僕はただ単に鶏白湯が好きなだけな気もするな。
無化調のこだわり醤油ラーメンとか塩ラーメンってどうも高尚すぎて,僕のようなラーメンは大好きだけどそれを語るほどの知識も舌も持ち合わせていない人間にとってはわかりにくいんですよね。「鶏っぷ」も移転前の福井のお店で食べた煮干白湯はそんなにうまいと思わなかったんだけどねえ・・・僕の舌なんて所詮そんなもん。食べログのレビュー見るとすげえ専門的なこと書いてる人たちばっかりでもう僕は全くついていけてません。あんなレビューが書ける人たちはよっぽど自分の舌に自信をもってるんでしょうねえ。僕にはムリ。うまいか,うまくないか,ふつうか。この3択しかないのです(笑)

家系,とんこつ系,そして鶏白湯。

sanbon.jpg

これが今の僕の好きなラーメンの3本柱。
例えるなら桑田,斉藤,槇原(←古いな)

ごちそうさまでした〜。
行列に並んでまでは食べたいと思わないけれど,並んでなかったらぜひまた食べに来たいラーメンでした(泡白湯に限る)。

s-IMG_5207.jpg


posted by poptrip at 19:40 | Comment(2) | グルメ(福井市) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする