外食まとめ(2005年5月下~6月上)

外食まとめ上1.jpgお気に入りの居酒屋八丁野です。
昼間は看板も何も出てないし、夜も写真の通り目立たないのであまり知られてません。

店側もあんまり宣伝する気がないみたいです。
まあ店が小さいからあんまり客が来てもらっても、時々利用する僕たちも困っちゃうんですが。
とにかく日本酒、焼酎の種類が多く、生ビールも350円、料理はこれといってめちゃウマというものがある訳でもないんだけど安いし、刺身・おでんも結構いけるので利用価値は大。

「越乃寒梅」「八海山」「緑川」「〆張鶴」なんていう新潟の有名な酒は、この店で一通り飲みましたが、新潟の人に言わせればものによっては千円を超す値段は高すぎると言います。でもこの辺りではこういうお酒を飲める店がそんなにないことを考えれば十分妥当な値段とも言えます。
ちなみに自分は日本酒はあんまり好きじゃないので味はよくわからないです。

外食まとめ上2.jpgつづいては、鯖江市の都(つくい)です。青少年の家とかの近く(広域農道沿い)。
ここのソースカツ丼は、福井名物のソースカツ丼とは異なるものなので注意が必要です。
キャベツととんかつソースがかけられたふつうのトンカツが丼にのってくる、いわゆる長野県とか栃木県とかで食えるソースカツ丼です。
カツはうまいですが、わざわざここでってほどではない。

どのお店でもそうなんですが、とんかつ専門店のソースカツ丼ってあんまり好きじゃないです。そばやさんとかのソースカツ丼のほうが当たりが多い気がします。


外食まとめ上3.jpg最後は富山駅前マリエのレストラン街にある京風ラーメン 糸ぐるまです。
とくにこれといったものでもないです。
餃子の皮によもぎでも混ぜているのでしょうか、写真ではわかりにくいですが皮が緑色をしています。チャーシューメンと餃子で1,000円ちょっと。レストラン街価格です。
ほんとのラーメン専門店と比べるのは酷でしょう。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック