横浜グルメ

横浜で食ったもの。

久しぶりに松屋などで牛丼を食ってみる。
まあまあ。吉野家の豚丼よりは絶対にいけてる。
みそ汁はいらんからその分安くしてくれ、というのが昔からのオレのささやかな願い。

横浜に来たからには中華街はやはりはずせない。
おのぼりさんということで超有名店を狙ってみた。
「聘珍楼横浜本店」です。
貧乏な僕たち二人は一番安い4,000円のコースに、ビールを一杯ずつ。だってビールが800円もするんだもの。
ビールが空になり「オカワリはいかがですか」という優しいお姉さんの誘いも振り切り「冷たいお茶でいいです」と言った僕たちににっこりと笑ってお茶を持ってきてくれたお姉さん。
心の中ではどう思ってるかわからんがさすがプロの接客だ(サービス料は10%です)。
料理はまあ一番安いコースだから高級素材のかけらも見られなかった訳だがそれなりに満足できるものでした。
となりの席のおじさんたちは北京ダックやらフカヒレやらエビが飛び跳ねるやつやら高級料理をアラカルトでどんどん頼んでました。
しかも完食せず、料理の残ったままの皿がどんどん下げられていくんですよ。

万が一オレが大金持ちになったとしてもああいう食い方だけはしたくないと心に誓ったのでありました。(でもうらやましいぜ)


カレー.jpg
そして関内駅前にある横浜カレーミュージアム。カレーの有名店が何店舗かはいった施設です。
ラーメン博物館と違い入場料は無料です(無料が当たり前だろ)。

食ったのは人気店「パク森」と「せんば自由軒」のお試しサイズ(600円)。
どのお店にもお試しサイズがあり何軒かはしごできるようになってます(ラーメン博物館と同じです)
写真は「せんば自由軒」のインデアンカレー。
いやあどちらもあんまりうまくないですねえ。ラーメンと違ってカレーはオーソドックスなものが自分にはあってるみたいです。
結論:カレーはココイチで十分だ。

時間の都合で「ラ博」に行けなかったのが心残りだったが、東京ではうまいものを食おうと心に近い横浜を後にした。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック