'94ワールドカップサッカー予選の思い出

相変わらず押し入れに眠っているビデオテープのデジタル化作業を淡々とこなしている毎日です。

今回見つけたのは1993年4月18日国立競技場で行われた'94ワールドカップアジア地区予選 日本ースリランカ戦の録画テープ。

このときの日本代表は、

監督:オフト
コーチ:清雲
GK:松永(1)
DF:井原(7)、柱谷(5)、堀池(4)、都並(6)
MF:ラモス(10)、福田(9)、吉田(15)、森保(17)
FW:三浦カズ(11)、高木(20)
スーパーサブに中山(16)、沢登(18)

いやあすごいメンツですな。
キーちゃんはケガしててスタンドから観戦してます。

サッカー1.jpg
左から森保、吉田、高木、カズ、福田、堀池


さて、試合の方は格下のスリランカ相手に多少てこずるもののカズのPK、高木のヘディングシュートなどで5ー0の快勝。

試合終了後はお約束のキャプテンのインタビュー。

柱谷キャプテン(スイカップアナとフリンしてた男の弟です)が「がんばります」みたいなことを言った後、画面が観客席に切り替わります。



オレが映ってるよ・・・


サッカー2.jpg

日本代表のTシャツを着て日の丸を振ってる男の横に黄色いメンズ・フランドルというDCブランド(死語)のスタジャンを着てチアホーン(これも死語)を吹いてる男。

これが僕なんです。

まあ日の丸を振ってる男も僕の後輩で、後に「新婚さんいらっしゃい」で三枝と山瀬まみの前で夜の生活を得意げに語り全国に放送されることになろうとはこの時点では思いもよりませんでした。

しかしこのときの気温はいったい何度だったんでしょう。
Tシャツで旗を振る後輩と腕のみレザーのスタジャンで完全防備の僕。

いやあ、何度も巻き戻して見ちゃいましたよ。
当然、子供にも嫁にも見せましたよ。
子供にはちょいウケ、嫁は無関心。


こんなもんだろ。


ちなみに、この年の予選は日本では4試合行われたんですが、そのうち3試合を見に行きました。神戸の試合には女の子も誘っていったような気もするんだけど。

そして、観客席では知らないサポーターと肩をくんだり、

オーレーオレオレオレー
ウィアザチャーン


ってみんなで大合唱したり、顔にペイントをしたり、ウェーブしたりと、今考えると信じられないようなアツい行動(今考えるとサムい行動も中にはある)をしていた僕の青春時代がよみがえってきました。

この年のアジア地区最終予選に進んだ日本代表は、
ドーハの悲劇によりワールドカップ本戦への出場が夢と消えたのでした・・・

(追記)この記事にだけ大量のスパムコメントが来るので、コメントはgoo IDを持っているユーザーのみ許可としました。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • ワールドカップで試験が延期
  • Excerpt: 来年のワールドカップに向けて、サウジアラビアではちょうどこの時期の年末の試験を延...
  • Weblog: sima2*blog
  • Tracked: 2005-12-13 01:45