サイン色紙

ぼくが中学生あるいは高校生のころ(すなわち80年代)には、一流とまではいかなくても二流くらいの芸能人が結構営業で福井県のショッピングセンターにも来ることがありました。
ミーハーな私は、友人たちと見に行ったものでした。
たいていはレコードを買うとサインをもらえるというものでしたが、時々無料でサインをいただけるという太っ腹な芸能人もおり、いくつかのサイン色紙が僕の実家に残ってました。

かなり色んな人を見に行ったはずなんだけど、現在残っていたのはこれらの色紙。

サイン1.jpg

池上季実子さん。
男女七人物語が大好きだった僕はもちろん見に行き握手をしてもらいました。
トークショーでは「貞ちゃん」なんて台詞をサービスしてくれてました(あいまいな記憶)。



サイン2.jpg

僕のアイドル。新田恵利さま。
福井にライブに来たときに(もちろん見に行きました)、親父がテレビ局で働いているという友人(そんなに仲がよかったわけでもないけど)に頼み込んでもらってきたものです。
「テレビ局で働いている」というのは当時とても魅力的な言葉であり、たかがローカル局であっても親父がテレビ局で働いているというだけで、その息子までが偉いやつに思えてしまったあの頃。


サイン3.jpg

えっと、これは誰のサインなんでしょうか?
自分も全く記憶にありません。
誰のサインかわかる方、ご一報を。
飲食店に行くと、芸能人のサインが飾ってあることがありますが、誰のサインだかわからない色紙って結構あります。
分かりやすいサインのほうが、アピール度は高いと思っちゃったりします。

ほかにも、伊藤麻衣子(現:いとうまいこ)とか、セブンティーンクラブとかも持ってたような記憶もあるのだけれど・・・

最近は、インターネットなども普及し、またアイドルというものも多様化してしまったため芸能人が地方にまで営業に来るということは少なくなってきたようです。
たまに福井くんだりまでやってきてくれるのは、「元おニャン子クラブ」とか「元ウインク」とか、地元出身の聞いたこともない演歌歌手くらい。

つまらない世の中になったもんだ。





おまけ

サイン4.jpg

これ、誰のかわかります?

当時、男性陣にすごい人気だった女優さんですよ。
レンタルビデオ店に営業に来たルイさん。
友人と二人で行ったんですが、自分たちを含めて長蛇の列にはムサイ男ばかり。
ビデオの中では違うものを握ってるあの魔法の手でサインを書いてもらっちゃいましたよ。(ちょっと下品なんでフォントの色を薄くしてみました)
握手までしてもらって、恥ずかしげもなく名前まで書いてもらっちゃってます。

若気の至りという言葉がぴったりな証拠・・・・・・・(゚Д゚;)

この記事へのコメント

  • 広報部長@カズブログ

    サイン。。。
    僕には「萬田久子」と読めるのですが、
    お会いになったことはありますか?
    たぶん、一文字目は「萬」四文字目?は「子」だと思います。これで思い浮かぶのはまんだひさこくらいしか・・・。漢字あってる?
    2006年03月08日 13:14
  • poptrip@管理人

    確かに似てる
    「萬田久子 サイン」で検索したら、こんなページが。

    http://www.biblio.co.jp/nikuhitsu/mandahisako.html

    僕の所有物と確かに似てる。

    だとしたら僕は萬田久子を見に行ったと言うちょっぴり恥ずかしい過去があるということなんですね。

    全く記憶にない・・・
    2006年03月08日 23:11

この記事へのトラックバック