上品な王将はいらない

王将武生店にてヤングセットなどを食ってみました。
最近「大阪王将」が福井にも進出してきましたが、当ブログでは「王将」といえば「餃子の王将」のことですから誤解の無いようにしていただきたい。

王将.jpg

以前にも書いたのですが武生店のチャーハンは味が薄い。
二度食って二度ともそう感じたのだから間違いない。
薄いというのを言い換えれば上品と言えないことも無い。

やっぱり王将はもっと下品な(野性的な)味付けであってほしい。
いちファンの勝手な希望。

山岡士郎や海原雄山などは、
チャーハンは炒め物の技術を見るのに一番適した料理であり、チャーハンが満足に出来ないものは中華料理の基本ができてない
などと訳の分からないことを言い始めそうですが、


そんなことどうでもいいよ。
とにかくもう少し味付けが濃くて、もう少し具がたくさん入ってるとうれしいと思うんです。
ここのチャーハンが好きな人もきっといるはずで、それを否定する訳ではありませんが(単にぼくの舌がおかしいだけかもしれない)、今後は武生の王将には行かずに別の店を利用することにします。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック