県立図書館&下馬中央公園

最近の子どもの宿題ってどう考えても親が手伝わないとできないような内容のものが多い気がする・・

娘の宿題を手伝うために福井県立図書館まで。

下馬1.jpg
田んぼのど真ん中にそびえ立つモダンな建築物

まあよくこれだけの建物を建てたもんだ。
ものすごく高い天井と書棚の贅沢なスペースのとり方。LAN環境なども整っているそうで、快適です。
でもね、これ全部税金なんですよね。あれだけの空間に使用する光熱費は莫大でしょう。
公共の建築物には芸術性が求められることはある程度は理解しているのですけれどもね。
なんだか朝○新聞の投書欄みたいになっちゃったな。

図書館の入り口ホールでは、たまたま福井県の鉄道の歴史みたいなパネル展示をやってました。
ぼおっと眺めていましたが、近くの下馬中央公園に福井鉄道の車両が置かれてるという情報を得たため、別の日に行ってみました。

下馬2.jpg

平成9年ごろまで使われていた車両だそうです。
懐かしい。高校卒業以来福井鉄道は利用した記憶がないけれど久しぶりに乗ってみたくなりました。

下馬3.jpg

冬とは思えないこの天気。今年はやっぱり異常です。
山にもうっすらと雪が積もってはいますけれど・・

この記事へのコメント

  • のんびり

    ナント
    何故にここまで、というくらい広い駐車場ですね。
    福井ならでは?
    本当に公共の建物でここまでする必要があるのか?と疑問に思うことが多々あります。
    学校の宿題もあきらかにこれは親が手伝わなければ無理じゃない、と思うものも多々あります。
    どこでも同じですねぇ。。。
    2007年02月15日 09:20
  • poptrip

    だって
    自動車しか交通手段がないような田んぼのど真ん中にあるんだもの。駐車場も広くなるっちゅうねん。バスを走らせてるようだけどそれも税金が投入されてるらしい。
    例えば「インターネットで○○を調べてきなさい」なんて宿題を小学校1年生に与えられたって親が手伝うしかないっちゅうねん。ねえ、ホント。
    2007年02月16日 05:42

この記事へのトラックバック