2007年09月06日

夏の終り

子どもたちが僕を呼びに来た。
「隣の畑でカマキリが蝉をつかまえてるよ」

夏の終わり1.jpg

バタバタとうるさい音がしたので近寄ってみたら・・トマトの畑の中でこのような残酷な光景が。
死にかけた蝉をカマキリが捕まえちゃったんですね。
カマキリが蝉を齧るたびに、蝉は激しく羽を動かします。

見ていられなくなった僕は、息の仕方を忘れる・・ヴァニラ

2時間ほどしてまた元の畑に戻ってみると・・

夏の終わり2.jpg

蝉は、ほとんど原型をとどめていない。
そして、二枚の羽だけが土の上に落ちていた。

蝉のオーケストラの音が小さくなり、たくさんの死骸を路上で見かけるようになるとき、夏の終りを感じる。

夏の終わり3.jpg
家の裏の田圃もすっかり稲刈りが終わったようです。

そして、9月某日。
僕たち家族の夏を楽しませてくれたカブトムシのうち最後の一匹が動かなくなった。

夏の終り。

カブトムシくん、やすらかにお眠り下さい。
君の子どもはもうこんなに成長しているんだよ。

夏の終わり4.jpg

posted by poptrip at 23:18 | Comment(12) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うーん
今日は詩的ですね。

わたしも小さい頃、カマキリが他の昆虫を食べるのを最後までじっと、ずっと見ていたような気がします。子供の方がある意味残酷ですね(笑)

カブトムシはあの一生懸命交尾をしていたやつでしょうか<img src=http://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/hearts_pink.gif>
子供がちゃんとできてよかったですね〜笑。

ほんと、夏が終わります。
さみしいです。
Posted by chocolat at 2007年09月07日 00:10
Unknown
幼虫の成長早っ!
でも、ここからが、長いですが。
今日は、一人で、リアル桃鉄してました。
会社に呼ばれて、夕方から出掛けましたが、
米原迄で、ギブアップ。
戻ってまいりました。
強行しても良かったんですが、
新幹線車内で寝るのも嫌なので、帰りました。
夏が終わって、本格的な台風シーズンですね。
食べ物が美味しい季節になってまいりました。
明日は、出社出来るんでしょうか?
Posted by エレコマニア at 2007年09月07日 01:07
。。。
すごい。popさん写真撮るの上手だからあまりにも鮮明で、あまりにもリアルで、涼しくなりました。

かまきりってすごい力持ちですごいあごの持ち主なのですね。弱っていたとしてもセミのほうが力ありそうだし、固そうなのに。。。

ゴキとかまきりの視線に敏感なのんびりです。
Posted by のんびり at 2007年09月07日 11:33
そうそう、
chocolatさん、よく憶えてますね。
このカブトムシは以前このブログで性生活を公開されてしまったあの夫婦。そして幼虫は彼らの愛の結晶です(昆虫にも愛はあるのだろうか?)。

ホント、夏が終わるとなんとなく寂しくなりますね。でも次は食欲の秋。これも楽しみです。
Posted by poptrip at 2007年09月07日 21:11
エレコさん
桃鉄なら、サイコロ5個ふればあっというまに東京までついちゃうんですけれどねえ。ごくろうさまです。

今日幼虫を数えたら21匹もいました。糞の量が半端じゃないです。お掃除は一家の大黒柱の僕の仕事・・。だれも見向きもしないんだから。
Posted by poptrip at 2007年09月07日 21:13
のんさま
幸いな事に、ここ数年はゴキさんとは出会ってません。昔はよく見かけたんですけどねえ。飛ぶところも見たし、卵を産むところも見たし・・オエッ!

カマキリの視線は気になりませんが、ゴキの視線は確かに気になります。ぼくの最も嫌いな生物のうちのひとつですから。
Posted by poptrip at 2007年09月07日 21:16
ゴキ・・・
私もゴキは蜘蛛と蛾とあわせて3大恐いもののうちの1つです。

そういえば
以前ゴスペルの練習中、ゴキがガサゴソとどこからかお出ましになり
みんながぎゃーぎゃーと騒ぐ中
我がグループの姫であるリードボーカリスト「ロージー」が
おもむろにサンダルを脱ぎ
「パンパン」とゴキにたたきつけるではないですか!

皆「ひぃぃぃーーーーー!!!」 ドン引き・・・。

以外にワイルドな姫でした。 チャンチャン!
Posted by Nao*Nao at 2007年09月07日 23:05
ぼくの3大怖いものは、
嫁さんに、かみさんに、奥さん(笑)。
やっぱり動物よりも人間の方が恐ろしいですよね。

ゴキは怖いというよりは気持ち悪いというほうですね。

ワイルドなプリンセスって何か素敵!
僕はそういうギャップのある人って好きだったりします。
Posted by poptrip at 2007年09月08日 22:33
Unknown
配偶者は、怖い方が良いと思います。
ええ、我が家もそうですが。
でも、単身赴任は、ちと寂しい。
怖い中にも、優しさが有りますね。
エヴァ風味に言えば「まごころを、君に」
ってとこでしょか。
嗚呼、毎日「のぞみカード」が欲しい!!
Posted by エレコマニア at 2007年09月12日 00:34
もしや?
あの時の子供かしら??

母親の私はそんなフウに見てしまいました(^^ゞ
子供を産んで皆親になるんですよねぇ・・・。
お疲れ様でした、カブトムシ君。

にしても、羽だけ落ちているのを見た事がありますが、そういう事だったのか…なんても思いました〜。
Posted by nippar at 2007年09月12日 06:57
エレコさん
「配偶者は怖いほうがいい」

なかなか含蓄のある言葉です・・

ヨメと毎日ずっと一緒にいると、「たまには実家に帰れよ」などと思ったりするのだけれど単身赴任などしようもんなら寂しくなる。ホント僕たちってわがままですね。

「エヴァ」はボクはわからんのですよ。ゴメンナサイ。
Posted by poptrip at 2007年09月12日 20:28
nipparさん
そうなんですよ、川崎さん(←古っ)
あのときの子どもなんですよ。

羽っておいしくないんですね。きっと。
確かにうまそうに見えないもんなあ。っていうかセミ自体がおいしそうじゃないんだけどね。
Posted by poptrip at 2007年09月12日 20:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック