ハワイへの旅#7(ダイヤモンドヘッド&潜水艦)

ホントはイルカと泳いだり、ハナウマ湾でシュノーケルなんかをしてみたかったんだけど、今回は両親の接待に徹しました(といっても今思えば自分の行きたいところに連れ回したという感も否めない)。

両親を連れてダイヤモンドヘッド登山。
会社の履歴書に趣味「登山、ピアノ」などと書き込んでしまってるボクとしてはやはり山に登らずにはいられない。
ワイキキトロリーのブルーラインなどでも駐車場まで行けるのですが本数が少ないなどの制限があるため、ホテルまでの送迎付きのオプショナルツアーをハワイジャパンという現地の旅行代理店で申し込みました(ひとり$7、入山料$1は別)。
他のオプショナルツアーもすべてここで申し込みましたが、他と比べると安い方だと思いますし、対応も親切でした。もちろん日本語only。当日や前日でも結構申し込めるもんです。カード決済だと4%高くなるのが玉にきずですけど。

60歳をとっくに過ぎた両親を連れてダイヤモンドヘッド登山というのもどうかとも思ったんですが頑張ってくれました。
ダイヤ1.jpg

ダイヤ2.jpg ダイヤ3.jpg

急で長い階段やトンネルなんかもあり、結構きついです。休憩をとりながらゆっくり登っても40分ほどで頂上につきます。健脚者なら30分くらいでしょうかね。たくさんの観光客のうち3~4割くらいが日本人だったように思います。

ダイヤ4.jpg
ハナウマ湾方面

ダイヤ5.jpg
ワイキキ方面

ベンチャーズに思いを馳せながら(というのはウソですが)頂上で休憩してから下山。
帰りは何故かリムジンで迎えに来ました。
ダイヤ6.jpg
意外と乗り心地は良くない(最高級リムジンは違うのかも・・)

食事をとり、ホテルでしばらく休んでからアトランティック潜水艦ツアー(ひとり$70くらいだったと思う)。
酔い止め薬ものんで準備万端。潜水艦のあるところまで船で行くのですが結構揺れます。吐きそうになってた日本人女性もみかけましたから船が苦手な人には酔い止めは必須と思います。

ダイヤ7.jpg
潜水艦です

海上に浮かんでるときは船と同様に結構揺れますが、水中に潜ってしまえばもうほとんど揺れません。

ダイヤ8.jpg
YS-11型機の残骸 (画像処理で色を多少変えてます)

ダイヤ9.jpg
難破船にウミガメが2匹 (画像処理で色を多少変えてます)

ウミガメが見れるのは結構ラッキーな事だそうです。このあと潜水艦のすぐ横を優雅に泳ぎだしました。(潜水艦が反転してからだったので僕らの席と反対側の窓側だったのが残念)
日本語のガイダンスはヘッドホンで聴くのですがテープが終わった後、英語の説明(添乗員が生で話す)を聞いてたらバッテリーの話を延々としだしたものだからちょっと怖くなりました。もしかしたら故障しちゃって浮上できないんじゃないかって・・だって140ftからなかなか浮上しないんだもの。面堂終太郎のような閉所恐怖症の方にはオススメできません。
午後2時からの乗船を利用したのですが日本人はほとんどいませんでした。

(つづく)

この記事へのコメント

  • nippar

    懐かしい・・・。
    ダイヤモンドヘッドって登れるんですね!!
    遠くで見ただけのnipparでした(^^ゞ

    潜水艦は私もオプションでもぐりましたよ~
    水中の幻想的な光景がとても印象的でした。
    というより潜水艦に入るという事が興奮しましたよん。

    あ、学生の時の事です(^^ゞ

    ウミガメ、いなかったと思います。
    良かったですね見れて♪
    2007年10月26日 03:14
  • poptrip

    学生のときに
    ハワイに行くなんて、ブルジョワジー。うらやましい。ボクもヤングなときにハワイに行ってもっとスポーツをエンジョイしてたかった・・・

    ぼくなんか卒業旅行は北海道ですよ、北海道・・楽しかったよ、北海道もね。でもね、ハワイと比べたら・・・クスン
    2007年10月26日 21:55

この記事へのトラックバック