ギターの話その後

懸案となっていたFender Mexicoのテレキャスター
買っちゃいました。
アンプも10年振りくらいに引っ張り出してきて繋いでみました。やっぱギターはエレキだな。

僕が初めてギターを手にしたのは中学生のとき。
15の時通りのウインドゥに飾ってあったギターをみて稲妻がオレの体を駆け抜けてすべての夢が走り出したわけでもなく、「TVジョッキー」のボインちゃん大会の副賞の白いギターに憧れて(日曜の真昼間からあんな番組をやってた平和な時代でした)・・・というわけでもないけれど何となくギターが欲しくなったのです。

その後、学生時代はお遊びでバンドを組んだり(ベース担当)もしてましたが、最近は楽器に触れることなんてとんとご無沙汰。
しかし単身赴任先のひとりぼっちの部屋で暇つぶしにギターの練習に励む日々。我ながら暗いよなあ。
ただ、ギターがちょっと弾けるとたまには演奏を披露する機会というものもありまして、友人の結婚披露宴で何度か弾き語りをさせていただきました。

ギター1.jpg
弾き語るのはいつもフミヤの「True Love」 
・・・だってコードが簡単なんだもの。お約束のコード進行でC-F-Am-Gだけで弾けたような(7thとかもはいってたけど)。

ついでに、「あの頃の僕」。

ギター2.jpg
昔の写真を引っ張りだしてきた・・ベースを弾くオレ

ベースは友人の妹から購入したヤマハの中古品(ゴリラと英語で書かれたアンプ付き)。・・もちろんまだ大事に持ってます。

ちなみに、学生時代にお遊びでやってたこのバンドではビートルズやらフーやらストーンズのコピーのほか、オリジナルなんかもやってまして、
以下のような数々の代表曲(笑)があり・・・

pop trip
「lonesome boy」
「ゴーストタウンでハロー」

そう、わたしのサイト名とハンドルネームはここからきてるんですよ。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック