小浜市散策#1

NHKの連ドラ「ちりとてちん」もついに最終週にはいりました。このドラマを見て何回涙を流したことか。まだ最終回を見てませんが、僕が今まで見たドラマではベスト5に入るくらい熱中したドラマでした。終わるのが寂しい,そんな気分になるドラマは久しぶりです。
ということで放送終了前に一度ロケ地などを巡ってみようと小浜へ行って来ました。

まず小浜駅へ行き,観光案内所などで地図をもらいます。その地図をたよりに車を走らせました。小浜市内は古い町並みがたくさん残っており,狭い道が多いので駅のレンタサイクルを利用するほうが賢いかもしれません。
小浜には何度か来たことがあったんだけど,ゆっくり歩いたことがなく,今回いろいろ歩いてみてなかなか趣のある歴史ある街だということが分かりました。

さて,とりあえず「小浜市総合公園」に車をとめてぶらぶらと歩きます。

ちりとて.jpg
「大阪から里帰りした喜代美がここで街を眺め,思いを巡らせました」だそうですが,そんなシーンあったっけ。まあそれ程ヘビーなファンでもないので記憶が曖昧。

ちりとて2.jpg
和田家
ふつうの民家で,ちゃんと人が住んでるみたいです。道が分からず近所の人に尋ねたら「ああ,○○さんの家だね,あそこだよ」って親切に教えてくれました。

ちりとて3.jpg
糸子が小包を出そうとした郵便局だそうです。

この近くの「お箸のふるさと館」などへ。たくさんの塗り箸が販売されてます。研ぎ出し体験などをしてきました。(おとな200円,こども100円)まあとにかくすごい人でした。駐車場の車は県外ナンバーばかり。

ちりとて4.jpg ちりとて5.jpg ちりとて6.jpg

グラインダーで削ると塗り重ねられた模様が現れてくるんです。なかなかの驚きがありました。ドラマを見てる人は特に楽しめるんじゃないでしょうか。ドラマの中ではグラインダーなんか使わず手作業で削ってましたけどね。
ここで家族全員の箸と,両親の箸を購入して数千円も使っちゃいました(数百円のものから数千円の箸があります)。箸はとぶように売れてましたから「ちりとてちん」は結構な経済効果をもたらしているものを思われます。

さて,あとは駆け足で・・

ちりとて7.jpg ちりとて8.jpg
小浜第二高等学校(小浜中学校 )と若狭塗箸製作所(若狭塗センター雲浜本社)

ちりとて9.jpg ちりとて10.jpg
いづみ町商店街。魚屋食堂(加福鮮魚)はお休みでした・・・残念

ちりとて11.jpg
通学路の橋

ロケ地をまわると,ますますこのドラマに愛着が湧いてしまうわけで・・

(つづく)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック