龍のバー

最近のテレビってどうなん?
規制が厳しくなったし,視聴者にあまりにも気を使いすぎてる。昔の映像には放送しちゃいけない人がいっぱい映っているようで,過去の映像をVTRで流すときにはなぜかモザイクがたくさんかかってるし,生放送も減っちゃったし,言葉狩りのせいかコメンテーターの発言もなんだかワンパターンで無難なものが多い(深夜は多少がんばってますが,深夜で人気がでるとゴールデンにいっちゃって萎縮しちゃったりして)。
いろんな事情があるのは理解できますが,思い切った企画の実験的な番組が少なくなったのは正直さびしい。

ぼくの学生時代(いちばんテレビを見ていた時期ですが)にはなかなか印象深い番組がいくつかあった。
特に印象に残っているのがEXテレビとRyu's Bar。

Ryu's Barってのは作家・村上龍がホスト役のトーク番組というどう考えてもムチャな実験的番組。しゃべりのプロじゃないから変な間があったりして,僕もワクワクというかドキドキしながら(これで番組が成り立つのかという不安を抱えながら)見ていた記憶がある。
あの番組で「クレオパトラの夢」という曲を知り,バド・パウエルのCDを買いに行った若かりし頃。

youtubeで懐かしい映像を発見。



「絶対 岡部まりって龍に惚れてるよな」
「あの目つきは間違いないぜ」


そんなに恋愛経験もない僕の仲間内では定説でした(笑)。

今じゃ絶対成り立たない番組でしょうな。
だって視聴率が稼げると思わないもん。
でも・・・こういう番組またつくってくれないかしら。

この記事へのコメント

  • myu

    こんにちは!
    いつも楽しく拝見しています!

    バド・パウエルで反応しました。
    (^^ヾ

    ジャズは時々聴くのですが、
    未だに『Jazz Giant』以上のアルバムを
    発見できないでおります。
    『クレオパトラの夢』は入ってませんが・・・

    つい嬉しくなって書き込んでしまいました。
    (#^^#)
    2009年07月08日 18:24
  • poptrip

    いやあ,そこに反応されると正直どう対処していいかわからなくなったりします。

    だって,ジャズって難しすぎてよく分からないんですから。
    バド・パウエルのCDはよくワゴンセールにあるような1,000円の怪しいやつを1枚持ってるだけなんです・・・

    ああ山下洋輔のCDもなぜか持ってるな・・

    Jazz Giant・・憶えておきます。
    2009年07月10日 07:32

この記事へのトラックバック