無意味なゲーム

ゲーム.jpg

クルマのガソリンはほとんど空にしてから満タンにするのが常である。

給油ランプがついてから,いくつものガソリンスタンドを通り過ぎ,メータの針がどんどん下りていくのを横目に見ながら,ガス欠になるのではないかという恐怖と戦いながらクルマを走らせる。
一般的には給油ランプがついてから50kmは走れるようになっている,なんて話も聞きますが,給油ランプがついてから40kmほど走るとさすがに不安になってくる。

人というのは,やはりスリルを求める動物なのだ。

ギリギリまで我慢して,ガソリンを入れ終わると,なんともいえない快感がある。

まさに,これこそがギリギリの美学


無意味なゲーム。

この記事へのコメント

  • nipapr

    ランプ
    私が乗っている軽は当然「ランプ」なんてものはなく、走行距離+あのレバーの下がり具合でスリルを味わう「無意味なゲーム」をしていますww

    思い出したんですけど、(当時)滋賀県の彼の家から高速で帰るときに、Eランプがついてしまい、、、高速だからもうドキドキもので(^^ゞ杉津のPAで泣きながら電話をし、その後坂道の度にニュートラにして乗り切った事がありましたw(オートマでした)
    今思えば本当に恐ろしい体験をしたと思います(^▽^)
    この方法って燃費はどうなるんでしょうね?
    「乗り切った」と思っているけど、たいしたことないのかも知れないですね。
    2009年01月22日 01:42
  • たつや

    Unknown
    あ、それそれ!やるよ~^^

    だからどうこういう訳じゃないのにね^^;
    シフトをニュートラにすることなんて、
    しょっちゅうやってますわ。
    ↑無意味という話もあるけど・・・。

    だけど、二回完全ガス欠になったことアリ
    2009年01月22日 16:17
  • poptrip

    nipparさん
    あなたもなかなかの冒険家というかチャレンジャーですな(笑)
    ぼくよりもレベルは上と見た。

    僕なんて坂道でニュートラルにしたことなんて・・・・2回くらいしかないですもん。泣いて電話したことももちろんありません
    2009年01月22日 19:55
  • poptrip

    たつやさん
    あなたがそういう趣味(というのは語弊があるな)をお持ちとは意外でした。さすが多趣味なことだけある。

    僕は,こう見えても自慢じゃないけど(ホントに何の自慢にもならないと思うけれど)ガス欠になったことは一度もないのですよ。
    2009年01月22日 19:58

この記事へのトラックバック