靖国

東京での定宿から比較的近いこともあり,東京に来ると結構来てしまう場所。
それが靖国神社。
もうかれこれ5~6回は来ていると思う。

靖国.jpg
靖国神社には何箇所か入り口があるが,ここがたぶん正面の入り口だと思う

靖国2.jpg

靖国神社には遊就館という資料館があり,一度だけ見学した事がある。そのときはあまり時間がなく,じっくり見る事ができなかったのだが,特攻隊員の遺書などにはかなりの衝撃を受けた。読んでいて涙がとまらなかった。

数年振りの遊就館はリニューアルされ,建物が増床されていました。

靖国3.jpg
これは以前からあった建物です(昔来たときはここが入り口だった)

靖国4.jpg
ゼロ・ファイター

日露戦争の展示室のVTRなんかはかなり思想的にバイアスのかかった内容という気がしましたが,そういうところに靖国の気概・反骨心みたいなものが垣間見えます。
友人から聞いた話によれば中の映画館みたいなところで放映してる映画も,かなりキテるそうです。残念ながら1時間もの長編映画を見る時間はなかったので自分は見ていないのですが。

靖国5.jpg
人間魚雷ですか・・・・

この展示室では戦艦大和の主砲の音がヘッドホンで聞けます。
遊就館には他にも錦の御旗であるとかトラトラトラの電文であるとか歴史的に貴重な史料が展示されています。
外人さんの姿もちらほら。

政治的な話題ばかりの靖国神社ですが・・・
東京に来る機会のある方は一度は訪れてみる価値がある(というか是非遊就館の展示品はじっくりと見ていただきたい)と思う次第です。

舛添要一が「江田島の海軍資料館にある特攻隊員たちの遺書を是非若い人たちに読んでもらいたい」と,ある本で書いていた。一度は江田島にも足を運んでみたいと考えています(呉のヤマトミュージアムとセットで)。

この記事へのコメント

  • ガッツ

    いつか行ってみたい
    何度か行った事あるんですか。流石ですね。
    まだ一度も行った事がありません。
    次回東京に行く際にはなんとかスケジュールに組み込まねば。
    靖国が右の象徴みたいなイメージになっている事が本当に悔しい今日この頃。マスゴミのせいですよね。
    2008年12月15日 22:34
  • poptrip

    春に行くと
    桜がきれいですよ。千鳥が淵もセットで。

    遊就館は,右も左も関係なく現代史を学ぶにはよいところだと思います。ちょっと偏った表現も散見されますが(もちろん右のほうに寄ってます)。
    2008年12月16日 00:16

この記事へのトラックバック