任天堂の”神対応”

代引きで届いた荷物。
なんか代引きってビビります。

IMG_1011.jpg

任天堂から届いた荷物は,ニンテンドーDS Lite。
修理に出したものが一週間もたたずに帰ってきたのです。

これを修理に出したのはいったい何度目だろう。
一度は子どもが水の中に落としてしまい,まったく電源がはいらなくなったとき(保証期間をすぎていたのになぜか無料だった)。
二度目は・・忘れたんだけど,このときも無料だった。

そして今回がたぶん三度目。
2枚ある液晶画面のうち一枚が映らなくなったため任天堂に送ったのです。

今回,初めて料金が発生しましたが,偶然にも本日のYahoo! Japanにこんな記事が・・
DS故障は無償交換!?任天堂の“神対応”は本当か

明細書はこんな感じ。

DS.jpg

修理依頼書には「3500円以下の場合は見積もり連絡をせずに修理を行わせていただきますが,修理代金が3,501円以上でご指定金額を超える場合は見積もり連絡せずに修理を行わせていただきます」とあります。
今回,いちおう指定金額5,000円と記入したわけですが,修理金額はぴったり5,000円(笑)。
修理内容明細書によれば,部品を交換したことになってますが,Yahoo! Japanの記事のとおり実は一式交換になっているのでは(通信欄に「修理の都合上本体を交換させて頂き,シリアルNOを変更しました」とあります)。
また指定金額を4,000円としておけば請求金額も4,000円で済んだのでは?なんて思ったりして。

任天堂に友人がいるので,真偽を問いただしてみようかな・・・まあ任天堂の広報と同じように「無償になるのは非常にまれなケース」っていう回答になるんだろうけどね。

とにかく修理対応の速さと,安さ(普通に人件費とかを考えたら5,000円ってのも全然高くはないと思うんだな)は”神対応”といっても過言ではないと思います。

IMG_1013.jpg

ただ修理に出すのは,エコって意識が多少はあるので一式交換してるってことになるとそういった意味からはどうなのかとも思ったりして。でもワタシのDS Lite修理のための往復の輸送にもCO2が発生してるんだよな(どっちのほうが本当に環境に優しいのか)とか考え出すと,環境問題というのは難しい・・

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック