な,なんだってー!

AA.jpg


わたし,オカルトが好きです。
しかも中途半端に。

めざましテレビを見ていたら,先日のおたまじゃくしが空から降ってくる騒動はほぼサギが落としたものと結論付けておりましたが(まあまったく消化されていないおたまじゃくしも発見されているのでなんともいえないけれども),オカルト好きの私としては矢追純一の唱える宇宙人説(笑)みたいな,そっち方面の検証が見たかったりするわけで。



最近,ブックオフで見つけて思わず買ってしまったオカルトマンガがコレ。

IMG_1570s-.jpg

このマンガの連載当時,私の職場にはオカルト好きが何人もいまして,昼休みになるたびにオカルト談義に花を咲かせていたのです。
もちろん,話題の中心は「MMR」と「大槻教授(TVタックル)」
どうです,この中途半端具合。

このMMR(マガジンミステリー調査班)という漫画は,いろんな超常現象を科学的に(笑)解明していくという至ってマジメな漫画なんですが,その主題となっているのが
「1999年には人類は滅亡する」という前提でノストラダムスの予言を検証していくところにあります。
いわゆるトンデモ本(伊集院光に言わせれば最高のギャグ漫画)。


例えばこんなご高説をもっともらしく述べております。

1999年に日本とアメリカで核戦争が発生する
世界が終末を迎えた後1981年1月21日生まれの日本人が救世主となる








で,気付いたんだけど
当時オカルトの話をしていた僕の同僚たちって
みんなオカルトが好きっていうより


単にお笑い(ギャグ)が好きだったんだと。


それでは,youtubeにあった「な,なんだってー!」の総集編をお楽しみください。



是非,MMRに空からおたまじゃくしが降ってくる件についても真剣に調査していただきたいと,こう思うわけです。

きっと,ノストラダムスが予言していた!
とか,「グレイ」が人類を滅亡させるためのシナリオのひとつ
なんてことになるんでしょうけどね(笑)


fddad0920ea0bdf58e76f110.L._AA240_.jpg

ワタシが過去に読んだこの本↑によれば,ノストラダムスの予言の的中率は約3割程度であり(ノストラダムス自体は否定していない),また西暦3千数百年の予言も残しているとのことである。


最後に

ワタシは金縛り(らしき)体験をしたこともあるし,UFO(らしきもの)を何度も見た事があるので,超常現象を大槻教授のようにすべて否定しているわけではありません。

この記事へのコメント

  • uchidaholic

    槍ヶ岳の肩の小屋で見たのは、あれはUFOだったよね。
    間違いなく。
    2009年06月29日 05:31
  • poptrip

    おおっ!

    懐かしいねえ。
    確かに槍ヶ岳で光る物体を見たね。

    僕はほかにも何度か似たようなものを見た事があります。
    飛行機とは明らかに違う不自然な動きをしていたのでUFOだと思っているのですが・・・
    2009年06月29日 23:26

この記事へのトラックバック