小川家のレゾンデートル

格安でソースカツ丼を提供してくれる庶民の味方。
小川家。

福井産のコシヒカリとポークを使用したソースカツ丼「極」とおろしそばセット(1,180円)。

P1050095.jpg

小川家で1,180円も出すオレの勇気に乾杯!

IMG_3164.jpg
ソースがかなりキツイです。
ドぎついんです。

IMG_3165.jpg

そして,予想通りおろしそばはやっぱりアレです。アレってのはアレだってことですよ。
注文したときに「冷たいのと暖かいのとどちらにしますか?」とたずねられたので,僕が今まで未食である「暖かいおろしそば」というものにも興味はあったのですが・・・やはり「おろしそばは冷たくなければいけない」が僕の信条なので(←もちろんホントはそこまで考えてませんが)

やっぱり480円のロースカツ丼を注文し,たったの480円でソースカツ丼が食えるというありがたみを噛み締めつつ食べるのがこの店の正しい利用法ではないかとしみじみと思った秋の日。
他県から来た人を連れて行くとしたらヨーロッパ軒,若生軒あたり。小川家はソースカツ丼好きの福井県人が多少質を落としてでも安くソースカツ丼を食べたいってときに行くお店なのでしょう。うまくデマケーションされてるんじゃないでしょうか。
600円くらいで小川家とパ軒の中間ぐらいのお店もできることが望ましいのですがね。

P1050094.jpg
↑ソースカツ丼(ロース)のセット(600円)

この記事へのコメント

  • nippar

    そー言えば、昔の彼がパ軒でカツ丼を頼み、蓋を空けた瞬間むせる。
    というのを何度も何度も繰り返してました(^-^;
    なんかツンと来るらしいですヾ(^▽^*
    小川屋はもっとすごいってことかしら?

    2009年10月27日 09:45
  • poptrip

    どうも。
    少しソースカツ丼のムセ具合について
    まじめに語らせていただくと

    小川家のカツ丼のムセ度はあまり高くありません。
    ワタシの経験上,パ軒のなかでも敦賀ヨーロッパ軒のほうが
    ムセ度は高いです。
    そしてムセ度が高いほうがおいしい気がします。

    ・・ムセる成分がなになのまでは解明されておりません。

    2009年10月27日 20:13

この記事へのトラックバック