「とりあえず生中と,けい30」

好きです。
秋吉。
福井の生んだグレートなお店。
焼鳥の名門。

家族で武生西店(シピィの近くのお店です)。

IMG_3554.jpg

Man shall not live by Junkei alone.
人は純けいのみにて生くるにあらず

~新約聖書のキリストの言葉(ウソです)

いやいや,僕は秋吉に来たら純けいと串カツさえあればいい。

IMG_3544.jpg

家族で外食したときには滅多にビールなど飲まないのですが焼肉を食べに行ったときと秋吉だけは別。

食ったものの写真をどどーんと。
正真正銘の福井県人なら写真を見ただけでメニュー名がわかるはず。いや,わかってほしい(特に今回はわかりやすいものばかりだと思うし)。

IMG_3543.jpg IMG_3546.jpg


IMG_3547.jpg IMG_3548.jpg


IMG_3549.jpg IMG_3550.jpg 


IMG_3551.jpg P1060003.jpg





本日の戦果↓

IMG_3552.jpg

僕は(わたしは)こんなにたくさん食べたんだよ。とうれしそうに串を数える子どもたち。
戦果があがればあがるほどサイフは寂しくなっていく。でも,そんなことは子供にはきっと関係ないのだ。

子どもたちも大好きなお店です。

ちなみに秋吉は,うれしいことに結構昔からクレジットカードが使えました(VisaとJCBのみ。使えない店舗もあるかもしれません)。なのでわたし秋吉ではカード払いをすることが多いです・・・


googleで「秋吉」と検索すると
「秋吉久美子」を差し置いてトップに来ることを確認し,安心したpoptripでした。

この記事へのコメント

  • おーちゃん

    被写体が素晴らしいのか、カメラがイイのか、両方なのか?・・・ウソウソ(笑)

    タイトルの生中の絵がないところが、popさんらしくて好きです。(笑)
    2009年11月07日 09:21
  • nippar

    あれ?キャベツ半分に切ってくれるようになったんですか??
    私も無性に純鶏が食べたくなります♪
    2009年11月07日 09:37
  • poptrip

    >おーちゃん

    被写体100点
    カメラ95点
    腕30点

    こんなところでしょうか。

    私の場合,
    アルコールが主役になる事はあり得ません(笑)
    2009年11月07日 22:57
  • poptrip

    >nipparさん

    そう言えば
    なんか違和感あるなあとは思ってたんですよ。

    むかしは串に刺さって半分の半分には切ってなかったような・・
    気もしてきたな。

    でも,このキャベツ(塩)は激ウマでした。
    キュウリとキャベツ・・家ではそんなに食べたくならないのに
    秋吉ではどうしても食べたくなる。
    そんな不思議な一品です。

    純けい好きは福井県人の証です。
    そして大人になったかどうかのバロメータなのです。
    2009年11月07日 22:59
  • Herr Katze

    秋吉は昔から好きですが実は鶏があんまり好きじゃ
    なかったりします(苦笑)

    純けいは最初の5本でいいや

    固くなりやすいんで冷めるとうまくないし
    焼きたてお腹空いてるときに食べます


    しかしあのキャベツとキュウリの味だけは
    家庭でマネできない
    どうしても出ない


    秋吉で一番うまいのは


    キュウリ

    と言いきっちゃいますね


    そういえばいっつも2~3人できて、
    最初にキュウリ50本とか頼む人たちが
    私がよく行く店にはいます
    2009年11月08日 01:19
  • poptrip

    私の場合も,家族で行ったら
    多いときはキュウリ30本はいきますね。
    写真にはありませんが,この日も20本注文しました。

    「とりあえず生中とキュウリ50」
    もアリだと思います。

    私も昔は純けいってあまり好きなほうじゃなかったのですが
    はまっちゃいました。
    冷えてもオッケーってとこまでに好きになっちゃった。

    キャベツはたいていソースで食ってたんですが,
    塩がやっぱシンプルでうまいかもね。

    私の秋吉で好きなものランキングは

    1位 純けい
    2位 串かつ
    3位 キュウリ
    4位 キャベツ
    5位 ねぎま

    こうなります。
    2009年11月08日 15:02

この記事へのトラックバック