これがそれだ

どうも。
昨日,M-1グランプリを見て中笑いをして,優勝したコンビは確かにあの中では面白かった。彼らの優勝は妥当だな。笑い飯の一本目,そんなに面白かったか。などと評論家気取りでひとり脳内批評などをしておったわけですが・・





本日・・





まさに今





大変なことが判明しました。





なんと・・





優勝したコンビ名が思い出せない・・orz







ネットで検索しました(爆)

パンクブーブー。
パンクブーブー。
パンクブーブー。

老化現象って恐ろしいですね~。
雪かきしたら当然,筋肉痛になりましたし(笑)
いちおう翌日に筋肉痛が発生したのが救いか。




さて,本題に入りましょう。

マイケル・ジャクソンの「THIS IS IT」をムスコと見てきた。
自分の意思で映画を見に行ったのは何年ぶりだろう?
ここ数年は,ポケモンとプリキュアとNARUTOしか見に行った記憶がない。

P1060264.jpg

ワタシが受けた英語教育の知識の範囲では
This is it.は「これがそれだ。」としか訳せない。

ネットで調べると「さあ,いよいよだ」
みたいな意味で口語ではとてもポピュラーな表現もあるそうだ。
実際にどういうニュアンスでこの表現が使われているのかは分からないし,人によって受け取り方も違うだろう。映画の中でも「This is it」という言葉が出てくるシーンが何度かあったが,そのたびに字幕は違っていた。

邦題をつけたらどうなるんだろう。
昔の映画は,強引なとんでもない邦題が多かったがそれはそれでよかったと思ったりしているわけで。


さて。
内容のほうは・・

断っておきたいのだが,僕はマイケルの熱心なファンというわけではない。もちろんスリラーに収められている曲はすべて歌えるし(スリラー以外のアルバムの代表的な曲は口ずさめると思う),彼の死は衝撃的ではあったけれども。
映画の中に出てきた曲も三分の一くらいは知らない曲だった。



でも

あっという間に惹きこまれた。
すごいよ,マイケル。
素直に,かっこよかった。
50歳とは思えないダンスと歌。
踊りながらでも息が荒くなったりしない。
やっぱり彼はスーパースターだった。
もう一度見たいと思った。
2時間があっという間だった。
映画あるいはドキュメンタリーというよりは
洗練されたショーを間近で見ているようだった。

マイケルも言っていた。
「観客は非日常を体験しにくるんだ」と。




彼の死後,マイケル・ジャクソン関連のテレビ番組のいくつかをたまたま見てたってのもあるんだけど,僕たちはみんな彼のことを誤解してたんじゃないだろうか。

やっぱグレートだったんだよな。
改めて,失ったものの大きさに気づかされたわけだ。
気づくのが遅かった。


日曜日の午後だったんだけど席は2割ほどしか埋まっておらず寂しいものだったのが残念だ。
マイケルのことをある程度知ってる人にはオススメしたい映画です。

P1060265.jpg

マイケルネタはこのブログでは「80年代」というカテゴリに入れることが多かったんですが,それは彼に対して失礼なことだった。
彼は2009年にもあんなにすばらしいパフォーマンスをしていたんだから。


【過去のマイケル関連ネタ】(わたしずっとマイケルのことを誤解していたため,失礼な表現もありますがご容赦ください)

馬場清六さんとマスクマン
アル・ヤンコビック
セイイ・セイ・セイ
ウィ・アー・ザ・ワールド





そうそう,「THIS IS IT」に出てたミュージシャンもダンサーもすごかったんだけど,特にギタリストの女の人にしびれた。

↓BARKSの記事にとびます。
『THIS IS IT』でプレイしていた若き女性ギタリスト、オリアンティ

この記事へのコメント

  • おーちゃん

    やあ!マイケル!
    調子はどうだい?(笑)
    (今回はタイムリーのはずが・・・やっぱり俺はKYかしら?)

    明日、かみさんと20年ぶりに二人で映画を観に行きます。
    タイトルは勿論「それはそれ」です。
    違う意味で、既に緊張しています。
    子供が付き合ってくれることを期待せずにはいられません。
    2009年12月22日 11:35
  • poptrip

    ははは。
    今回は意味は理解できました。

    20年ぶりのアベック(死語)ですか。
    すごいっすね。
    アツアツ(死語)になって帰ってきてくださいね。
    ヒューヒューだよ,ヒューヒュー(死語)
    2009年12月22日 18:08
  • nippar

    なんだろ・・・笑い飯では笑えない私がいます・・・。
    パンクブーブーは・・・レッドカーペットで見る限り「ナカズトバズ」な感じでしたが、、あれがしばらく続くと「ふ」が「フフ」になり「アハハ~」になったんですねぇ~♪サンドウィッチマンは1分ネタが出来ないみたいですけど、今回の王者は逆だったんだなぁとシミジミ。
    誰かが言ってましたけど、「パンクブーブー」ってスポンサーにはあまりいい名前じゃないですよねww
    2009年12月26日 17:21
  • poptrip

    まあ笑い飯のお笑いが分からないとダメ
    みたいな風潮があることも確かで。

    なんか去年,今年のM-1では
    大笑いはできませんでした・・

    チュートリアルとかアンタッチャブルなんかは
    すごかったんですけどねえ・・

    確かにオートバックスでパンクはww

    2009年12月26日 20:03

この記事へのトラックバック