世界の国からコニャニャチワ(死語)



小学生のころ,「世界の国からこんにちは」にあわせて旗を持たされてマスゲームみたいなことを体育大会でやらされた記憶があります。いや決して万博のあった年に僕が小学生だったわけじゃないですよ。だいたい大阪万博のときって僕まだ生まれてませんから。
今考えるとなぜあの曲に合わせて体育大会で踊らなきゃならなかったのか,その必然性が全く見つかりません。
まあ中学生のときになぜ坊主頭にしなきゃいけなかったのか,そして頭髪検査で先生に髪の毛を指で挟まれて坊主頭の髪の毛の長さが先生の指の太さよりも長くなったらなぜビンタされなきゃならなかったのか,なぜ遠足のお菓子は300円までしか許されなかったのか,なぜ修学旅行にゲーム&ウォッチを持っていったら没収されなきゃいけなかったのか,そんなことすら今の僕には理解できません。当時は素直だった僕は全く疑問に思わなかったのですが,そういうところに疑問を持った人の代表がきっと尾崎豊なのでしょう。
今考えてみるとどうにも不条理な学園生活を送ってたんですよねえ(”学園”生活といってもワタシ正真正銘ただの公立の学校にしか通ってませんけど)


話を元に戻しましょう。



「世界の国からこんにちは」
「イッツ・ア・スモールワールド」
今日のテーマはこれですから。


1ヶ月ほど前からアクセス解析ツールであるGoogle Analyticsってのを導入してみたんですけど,これがなかなか面白くて。世界のどの国から訪問があったかが一目でわかっちゃうんですよね。
このブログのほうはリピーターが多くてまた地域密着型ブログ(笑)なんで,それほどワールドワイドではないんですけど,ぼくのサイトpop tripのほうはどちらかというとレコードコレクションやグルメ情報のデータベース的情報サイトのような内容であるため検索エンジンを通していろんな国から訪問がございまして・・(ほとんど更新してないこともあるし,リピーターは多くないです)

1ヶ月弱で50数カ国の方から訪問がありました。僕のサイトは当然言語としては日本語を使用しているので,世界各国で活躍している日本人の方が僕のサイトを見てくれているわけです。なんとなく感慨深い。

この地図,訪問者がいる国はグリーンで表示されます(訪問者数の多い国ほど色が濃く表示されます)。

map.gif

さらに該当国にマウスを当てるとセッション数が表示されるとともに色がオレンジに変わるんですけどね・・

グリーンに塗られた台湾にマウスを当てると中国までオレンジ色に変わっちゃうんです。なんでやろ?
逆に中国にマウスを当てると台湾もオレンジに変わります。

taw2.jpg

なお,なぜか中国からはほとんどアクセスがありません(わずか1件)・・・やっぱ僕のサイトも中国共産党の検閲にひっかかっちゃってるのかしら。シモネタがたまーにあるくらいで無害なサイトだと思うんですけど・・・



このGoogle Analyticsってのは奥が深くて,どの国のどの都市の人がどういう検索ワードでどのページを訪れたかが分かります。
たとえばRussiaのNovosibirskという都市から「キッスは目にして ヴィーナス」というキーワードでワタシのサイトにこられてます。JordanのAmmanからは「山下久美子」というキーワードで訪問されている方がいらっしゃったり・・・インターネットってほんとすごいですよね,そしてこのGoogle Analyticsってツールもすごい!(恐ろしいという言い方も可能)

まあ僕のような個人サイトはこのデータを何かに生かすってことができず,こうしてブログネタになるのとワタシの暇つぶしに役立ってるだけなんですけどね(笑)。この膨大なデータ,商用サイトであればいろいろ分析してサイトに改良を加えることができるんじゃないでしょうか。まあそう簡単にはいかないと思いますけどね。



ちなみにBurkina Fasoという国のOuagadougouという都市からアクセスがあったのですが

map2.gif

map3.gif

マジでこの国,知りませんでした・・

世界は広い。
スモールワールドなんてやっぱ虚構なのか。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック