秋吉の串の形

秋吉の焼鳥。
その串には丸いものと四角いものの2種類があります。

くし.jpg

通説としては

四角い串はからしをつけて

ってことなわけですが

「いや,それは違うよ。」

と先日の秋吉の記事を読んだ友人に言われました。
よくそういう風に言われているけれど,秋吉で働いている知人に聞いた話では

固い肉等は四角い串,柔らかい肉等は丸い串。
丸い串は強度が足りなくて,固いものに
刺そうとすると折れることがあるから。

なんだとか。


なるほど。
串の強度の問題なのか。
なんか説得力があるような気がする。


過去の記事から写真を拝借して検証してみる。

【四角い串】
じゅんけい.jpg ハツ.jpg
純けい,タン(or アカ orハツ・・・写真だけではわからん)

ロース.jpg
ロース

確かに固いヤツばっかりのような気もするな・・・



【丸い串】
くしかつ.jpg うずら.jpg
串カツ,うずら

きゅうり.jpg ささみ.jpg
キュウリ,ささみ

ししとう.jpg ねぎま.jpg
ししとう,ねぎま

わかどり.jpg
若どり

検証してみるなどと偉そうなことを言っておきながら,もちろんなんの結論も導き出せないわけです。

どっちがほんとなんですかね~。

今度お店に行ったら店員さんに聞いてみよっと。いやでもこういうことは答えを聞かないほうが面白いのかもね。

この記事へのコメント

  • nem

    こうやって見てみるとご友人の話は当たってるような気がします。
    2010年01月29日 20:36
  • タンとハツは堅いとかではなく、丸串だと食べるときに下に下がるからだと思うな。
    2010年01月30日 00:21
  • ガッツ

    では「全て角にすればいいじゃん」という意見もアリだと思うが、なぜに丸があるのか、その存在意義は?
    イチャモンつけてるワケじゃないですよ。楽しんで悩んでます。
    あー、最近、行ってねぇー。久々に秋吉でビールくらいてぇっ!
    2010年01月30日 13:38
  • poptrip

    >nemさん

    そういう気もしてきますよね。
    もしこの使い分けの理由が判明しても
    ナイショにしておこうと思ってたりして(笑)
    2010年01月30日 22:06
  • poptrip

    >名無しさん

    ははあ。
    よくそこまで考えが及びますね・・
    頭が下がります。

    いろんな理由で串の形も決まってるのかもしれませんね。
    2010年01月30日 22:13
  • poptrip

    >ガッツさん

    コストとかも絡んでんですかね。
    四角いほうが高いとか。

    秋吉とビールって最高の組み合わせだと
    私は思います。

    なんかまた俺も食いたくなってきたわ(笑)
    2010年01月30日 22:19
  • Herr Katze

    折れる強度ってことでは角型より丸の方が
    強い気がするんですがどうなんでしょう

    まぁ径に寄るのかもしれませんが

    断面積が同じなら丸が強いと思うんだけど・・・
    2010年02月02日 01:15
  • poptrip

    断面積が同じなら四角より丸のほうが強度が
    ある。○か×か。
    なんか二択のクイズ問題みたいですね(笑)

    私にはよく分からないですが,秋吉の場合
    丸い串のほうが細いような気がします。
    2010年02月02日 21:26
  • nippar

    串でタレが違うものだとずっと信じてきましたが・・・そういわれてみればそんな感じですねぇ~。(実際には適当にタレ付けてますww)ずっと疑問だったんですけど、、、あの串って再利用してるんですか??そっちのほうが問題のような(´▽`*)アハハ ~。
    2010年02月06日 09:12
  • poptrip

    秋吉に関する疑問はほかにもあるんですよね。

    nipparさんが言ったとおり
    串は再利用してるのか?
    僕はしてないんじゃないかなあと思うんだけど・・・

    あと串が焦げないのはなぜなのか?
    屋台とかで焼き鳥を焼いた人なら分かると思うけど
    あれだけの火力で焼く場合,絶対串も焦げちゃう
    はずなんですよね。
    串に水をかけながら焼くと焦げないんだけど,
    秋吉でもそんな手間になることをやってるんだろうか?

    まあどうでもいいことばかりなんですけどね。
    秋吉大好きですから。
    2010年02月06日 14:25

この記事へのトラックバック