和倉温泉加賀屋#1

加賀屋です。


ka.jpg


ああ,すいません。

間違えました。

これはハウス加賀谷でした(←ハウス加賀谷って覚えてるかな~?






P1100058.jpg

えー,会社で毎月積み立てなどをしてですね
プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選(旅行新聞新社主催)で,30年連続の総合1位に選ばれている和倉温泉の加賀屋などという高級旅館に一泊してきたわけです。

ひとくちに加賀屋といってもランク分けがあり,上から雪月花,能登渚亭,能登客殿,能登本陣となっています(建物が違います。浴衣の帯もちがうらしい。あと料理が違うらしい。もちろん値段も違いますw)。

今回は,能登渚亭を予約しようとしたんですけれど満室(平日に満室って・・・)。ということで能登客殿というところにしました。


市内からマイクロバスの送迎をお願いしました(有料)。「のと楽」は無料だったんだけどね。

で,到着したら

嬉しい誤算。

いろんな幸運が重なりまして,

雪月花にアップグレードされておりました(パチパチパチ)

なお,平日はときどきアップグレードされることがあるようです(予約の方法やいろんな条件がうまく重なった場合)。

といいつつ,部屋にはあんまりこだわりはないんですけどね・・だって定時までフツーに仕事をしてからチェックインして夜中まで飲んで風呂に入って,寝て起きて急いで朝飯食ってすぐチェックアウトしてそのまま職場へ直行っていうプランですからね。ほんとに寝るだけのための場所ですから。

でも,やっぱりうれしい。



P1100032.jpg

↑シースルーのエレベータ。


P1100050.jpg
エレベータからの風景(チェックインしたときはもう真っ暗だったので翌朝撮影したもの)

P1100057.jpg

フロントからエレベータまではかなりバブリーなもので・・

部屋は15階の「水仙」というところ。

P1100002.jpg
フカフカの座椅子

P1100007.jpg
まず抹茶なんかを出してくれます

P1100043.jpg

浴衣の帯は2種類あり,1つは室外へ出ても多少オサレに見えるもので帯に部屋番号が書かれているため,鍵がなくても部屋を間違えることがない,あるいは料金を部屋付けにしたい場合にこの帯が利用できます。
浴衣は身長にあったものを仲居さんが用意してくれます。

P1100009.jpg

歯ブラシやタオルはすべて違う色のものが用意されているので,他人のものと間違えることがありません。まあ自分の使ってた色を忘れちゃうような人が一人でもいればパニック状態ですけどね(笑)

P1100010.jpg

↑この部屋なんのためにあるのだろう?まあ別の部屋で寝たい人が居た場合とか?今回は全く使いませんでした。
家族で宿泊した場合,年頃の娘さんが「お父さんなんかに着替えを見られたくないのよ。」ってなシチュエーションのときに使われる,に一票。

P1100011.jpg

P1100014.jpg

P1100015.jpg

P1100016.jpg

↑金庫は4個あり,鍵は別々。ただし右の大きなやつだけは誰のキーでもあけることができます。これ,なかなか便利です。

P1100046.jpg
部屋からはかろうじて海が(アップグレードだから贅沢は言えん。)

風呂は3フロアに分かれており,裸のままエレベータで移動することができます。この規模の宿にしてはもう少し風呂が大きくてもいいのかなと思いました。



P1100054.jpg P1100036.jpg

館内のいたるところに加賀友禅や九谷焼が展示されていおります。



滞在時間が短かったため,加賀屋流の十分サービスを堪能することはできなかったのですが,よい宿だと思います。
仲居さんのサービスには好き嫌いもあるかもしれませんが,僕はよかったと思います。
フレンドリーだけれども礼節はわきまえ,当たり前のことを当たり前にしてくれる,そこにはさりげない気遣いがあり,客にあまり気を使わせない,そんな印象を受けました。
高級ホテルの接客は,確かにビシッとしてて言葉遣いも素晴らしいのですが,僕の場合,威圧的な感じを受けることがときどきあり,逆にこちらが緊張してしまうことがありますから。


食ったものについてはまた次回。

この記事へのコメント

  • Kくん

     何度か泊まったとこがありますが、良い旅館ですよね。

     確かに接客は、多少はフレンドリーな方が良い時もありますね。
     最近は行っていないので、どんな感じになっているかわかりませんが、
    素敵な時間を過ごせて良かったですね。
    2010年02月27日 20:52
  • poptrip

    僕の周りにも何度か泊まったってひとが
    何人かいます。

    やっぱりリピーターが結構いるんでしょうね。

    まあ素敵な時間っていっても
    飲んで食って歌ってただけなんですけどね(笑)
    加賀屋である必要性はあんまりなかったような
    気も・・・

    「加賀屋に泊まった」っていう実績だけが残った・・
    2010年02月27日 22:47

この記事へのトラックバック