スープカレー

ココイチの期間限定パリパリチキンのスープカレー880円。
ずいぶん前に食べたものなので,今はもう北陸地域では販売されていないと思われます。

IMG_5367.jpg

IMG_5368.jpg

体は温まります。

でもやっぱり普通のカレーライスのほうが僕にはしっくりくる。
ココイチ大好き人間の私ですが,期間限定メニューで当たりだった記憶があまりありません・・・


スープカレーと言えば,福井市の大和田あたりにあった「スープカレー 心」という専門店。スープカレーブームの終焉とともにいつの間にか閉店してました。あそこのスープカレーはおいしかったんですけどね(ちょっと高かったね)。

ブームってのは恐ろしいものですね。
福井の場合,都会で流行ったものがしばらく(あるいはかなり)遅れてやってくる。しかしそのころはもう都会ではブームが終わりつつあり・・このスープカレーのお店もそういうポジションだったのでしょう。

名古屋にオープンしたクリスピー・クリーム・ドーナツに10時間待ちってニュースがありましたが・・・まだあのドーナツブームは終わってなかったのね(ていうか関東以外ではいまからまだブームがはじまるのかもね)。福井にクリスピークリームドーナツがオープンする日は来るのだろうか。


カレーに話を戻しましょう。

僕らの世代は,スープカレーブームが来るはるか前に似たようなものを食ってたんですよね。


給食のカレー汁(笑)ってやつを。
スープカレーもカレー汁ってネーミングだったら流行らなかったかもね。

この記事へのコメント

  • nippar

    久しぶりに「小麦粉から作る黄色いカレー」を作りたくなりました♪
    給食のカレーって、あれはあれで美味しかった記憶があります。
    パンとか浸してたべてたなぁ~~(なつかしっ!!)
    2010年03月23日 11:58
  • mika

    あー、スープカレーちょっと前にやってましたねー。旗を見て食べたいなー。と思いつつ結局入店せずに終わっちゃいました。
    スープカレー、たまに食べたくなります。でも福井まで行く気力もないし、どこか(武生鯖江辺り)で定番でやってくれるといいんですけどね・・。

    カレー汁wそういえば給食のカレーってやたらとシャバシャバでしたねー。そういえば私たちの時期はカレーのお供がらっきょうだったんですよ!姉の時代には知らないと言ってるので多分時期としては数年だと思われますが・・。しかも小粒のカリッとしたものではなく、安物の大粒のグニョッとしたやつで・・・・拷問でした・・・
    おかげで20歳過ぎるまでらっきょうがおいしいということが信じられないまま生きてきました。今では普通に食べれます。小粒なら。

    先日のサリン報道に触発されて久しぶりに読みたくなって図書館でアンダーグラウンドを借りてきたら、1Q84の3巻の予約が開始されていたので早速申し込んできました。夏発売と言われていたのが4月発売になってたんですね。完結したら中古屋さんに並ぶかもしれないですねー。村上春樹さん大好きですが、ニュースになるほどのベストセラーになっていることに違和感を感じずにいられません^^; ・・万人向けじゃあないですよね?^^;
    2010年03月23日 15:13
  • poptrip

    >nipparさん

    小麦粉から作ったことなんてウチの家庭にはないです。
    すごいっすね~。

    うちの場合,
    ジャワカレー,こくまろ,バーモントカレー
    これが世界三大カレーとなってます。
    2010年03月23日 22:13
  • poptrip

    >mikaさん

    カレー汁好きでしたね~。
    あれ,どうやって作ってたんだろ?
    単にカレーを薄めてただけなんだろうか。
    謎です。

    なお,わたしの場合,
    今でももっとも苦手な食べ物のひとつが
    「らっきょう」です。
    あの味は,ほかにはない例えようがない味だ
    と僕は思ってます。

    最近,図書カードを3000円分手に入れたので
    1Q84を買おうかと思ってたんですが
    ヨメが子供の参考書を買いたいと言い出し・・・
    結局,1Q84は文庫化されるまで
    おあずけになりそうです(泣)

    おっしゃるとおり,村上春樹の小説って
    独特の雰囲気があって,万人受けするとは思えません。
    僕はあの世界が大好きです。
    ノルウェイの森なんかはまだ普通っぽいと思いますが
    知り合いでアレは受け入れられないって人もいました。

    1Q84,早く文庫化してくれないかなあ・・
    2010年03月23日 22:20

この記事へのトラックバック