キミは王将のカウンターに座ったことがあるか

最近の「餃子の王将」。

メシドキをずらしても,満員御礼のことがあり注意が必要。むかしはそこそこ混雑している活気のあるお店,という印象だった。飲食店ってのはあまりガラガラだと居心地がよくないし,混雑しすぎててもなんかイヤなんだ。

この日も,なかなかの盛況ぶり。

P1100117.jpg
餃子の王将丸岡店のベストセット

「餃子の王将」にはひとりで行くことが多く,もちろんカウンターに案内される。

カウンターってのは,とにかく隣のおっさん(カウンターで食ってるのは決まっておひとりさまのオッサンなのだ。まあオレも含めまれるんですけどねw)とかが気になってしょうがないのであまり好きではないのだがこれは必然。仕方がないことだ。

以前,とある王将のガラガラのカウンターでチャーハンと餃子2人前を食ってたら,わざわざオレの隣に座ってきやがったおっさんがいた。
お前はモーホーか!と心の中でツッコミをいれながらなんとなく落ち着かない気持ちのまま食事を終えたことがある。

この日,右隣に座ってた先客のガテン系おっさん。
僕が座ったときは,やきそばをうまそうにもくもくと食っていた。そういえば王将のやきそばって食ったことないな。今度食ってみようかな,なんて思ってたらなんと

オレの頼んだベストセットがそのおっさんのところへ・・

と思いきや,そのおっさんは「やきそば+ベストセット大盛り」を注文してたのだ。すげえ。

敗北感を覚えた。

餃子4人前とチャーハン大盛ってメニューも見ずに注文して隣のおっさんの度肝を抜いてやればよかった。

あるいは,から揚げと餃子2人前っていう主食のないオーダー(実際にこういう注文したおっさんを見たことがあります),言ってみればトリプルアクセルのような大技を披露するべきだったか。

ほどなくして僕のベストセットも運ばれてきた。
逆となりのおっさんは天津飯とラーメンを携帯をいじりながら食いはじめる。

オレのほうが右隣のおっさんより先にベストセットを食べ終え,精算。
先に食べ終えたことで一矢を報いた気がした。

そう,王将のカウンターでは,あちこちでこのような隣のおっさんとの目に見えない脳内戦争が行われている。王将のカウンターはまさに戦場。座るには覚悟が必要なのだ。





こんなバカなことを考えながら食ってるのはたぶん僕だけですから,安心して王将のカウンターを利用してくださいね~。決して戦場なんかではありませんから。ただ女子にはちょっとキツイかもね。
「餃子の王将」って基本的にどの店もオープンキッチンなのでカウンターに座ると調理してる様子が見れて楽しいですよ。

今日はこの辺で

バイナラ。

この記事へのコメント

  • nem

    まるでラーメン二郎のテンプレのような話ですね。

    一瞬で平和な飯屋がハードボイルドワールドに。

    昼くらい普通に食べたい。
    2010年03月28日 22:32
  • Herr Katze

    あっ先に書かれた

    私もラーメン二郎のテンプレ思い出しました


    一人メシが多いので王将もたいていカウンターですね
    でもそんな妄想したことないわ
    2010年03月29日 00:47
  • poptrip

    >nemさん

    二郎テンプレ,知らんかったので調べてみました。
    笑えますな,アレも。

    二郎は確かに王将よりも殺伐としてる気がする。
    二郎にはじめて行ったときは,ほんとに
    「めしくらい普通に食わせろ」
    と思いましたけどね(笑)

    ていうか二郎にはそれ以来足が向かないわけで・・
    2010年03月29日 10:48
  • poptrip

    >Herr Katzeさん

    こういうのに食いつくのは,
    ねらーばっかりか(笑)

    最近2ちゃんはご無沙汰なんで
    吉野家コピペくらいしか思い出せません。

    吉野家でもぼくは隣のおっさんよりも
    早く食べ終えると「勝った」と思うわけで。
    2010年03月29日 10:53
  • nippar

    そういう脳内戦争を厨房の人たちは事細かに見ていると思いますよ(;・∀・)
    学生の時にレジうちのバイトをしてましたが、かなり人間観察してました~♪
    王将は・・・一人でいけないなぁ・・・(´・ェ・`)
    2010年03月30日 09:56
  • poptrip

    いやあ,それは困ったなあ。
    僕の脳内がのぞき見されてたら
    恥ずかしくてもう生きていけない。ポッ・・

    まあ,フツーのおっさんに見られてると
    自分では思ってるんだけど・・・

    王将でおひとりさまの女性は確かに
    見かけたことがないかも。
    2010年03月30日 21:06

この記事へのトラックバック