ゲゲゲの・・

見てますよ~

NHKのドラマ「ゲゲゲの女房」。

面白いんだけど,あまりに貧乏すぎてちょっと見ててもヘコみます。はやく漫画が売れるようになっておくれ。


さて,七尾の町を歩いていたら

こんなの発見↓


P1110229.jpg



女主人はもちろん松坂慶子で
悪魔くんを貸し出している。

・・はずはない。

(ゲゲゲの女房を見てない人にはさっぱりわからんネタですな)




七尾ってこんな感じの街なんです。


IMG_77440.jpg
七尾のメインストリート「リボン通り」


IMG_7742.jpg
路地裏にはぷんぷん匂うお店が多数


ゲゲゲの七尾

この記事へのコメント

  • Herr Katze

    ゲゲゲの女房わたしも見てますよー

    今1963年なんで、まだ極貧は続きますね
    '64になると結核で療養中の例の編集長が
    GAROを発刊してちょっと楽に

    翌'65(昭和40年)にはテレビくんが講談社漫画賞を
    受賞して、生活が楽になる・・はず



    松下奈緒みたなできた嫁さん来て
    くれないかなぁ・・・・
    2010年06月17日 02:13
  • poptrip

    >Herr Katzeさん

    そっかあ,
    もうしばらくのガマンか。

    松下奈緒みたいな奥さん・・
    アリだと思います。

    2010年06月17日 21:31
  • nippar

    見てます^^産後休暇中だからこそ??
    実家はデジタル化が進んでいるのであの「目障りなもの」は映ってないですけど、1日にBS含めて何回放送するんだ?ってなくらい放送しているんですね。知らなんだ。
    母が見ていて「貧乏生活に飽きた」と言ってます^^;でも、もうちょっとの我慢みたいですね。
    「リボン通り」の外灯ってリボンをイメージしているのかな~~??
    私も理さんのような旦那さんだったらなぁ・・・って(貧乏は嫌ですけど^^)
    2010年06月18日 01:50
  • mika

    ゲゲゲ、人気ありますよねー。
    我が家も6歳と3歳のムスメとともに見てます。
    ムスメが思いのほかガッツリで「ふみえはじまったー!」と大喜びです。

    原作読んだので貧乏ももうちょっとだー。と思いつつ見てますが、やっぱキツイですよね。ていうか、なぜミルク育児・・・。母乳出てたらしいのにもったいない。1人目で周りに頼る人いなかったら確かに病院の先生は絶対になっちゃいますよねぇ・・。

    あの貧乏のどん底中の状態でも水木さんがもらっていた戦争で片腕を無くしたことへの手当て(?)みたいなものは全額境港の親へ渡していたようです。そこまで親を思う気持ちはすごいと思いますが、もうちょっと自分たちの生活も守ろうよ。と思いますよね^^;

    しかしものすごく不思議なんですが、なぜ貸し本業界と雑誌業界とで完全に枝分かれしちゃったんですかね?同人誌みたいな格付けだったんでしょうか・・?あれだけ貸本出版社へダメ元でと売り込みに行っていて、雑誌社へは絶対行かないのも不思議。
    2010年06月18日 07:40
  • poptrip

    >nipparさん

    単身赴任先ではデジタル化どころか
    BSすら見れませんから(爆)

    理さん
    って書かれると一瞬誰のことかと思ったわ。

    ちなみに,ぼくは
    松下さんより南さんのほうが好きです。

    杉浦くんの演技を見ると
    チョトだけイラっときます(笑)
    2010年06月19日 03:41
  • poptrip

    >mikaさん

    「ちりとてちん」以来
    あまり面白い朝ドラはなかったのですが
    「ゲゲゲの女房」はなかなかいいですね~

    ドラマなのでまあツッコミどころは
    いろいろとあるのですが,
    僕も,なぜ雑誌社へ売り込みに行かないのかは
    とても不思議に思ってます。
    2010年06月19日 03:45

この記事へのトラックバック