内視鏡なんてこわくない

えー,先日胃部レントゲン初体験し,見事にバリウムデビューを果たしたのですが・・
その数週間後,ぼくの電話がリンリンとなりまして(この表現古いですね〜),

「胃に影が見えるので精密検査が必要です。胃カメラの検査を受けてください。」

まさに青天の霹靂。
絶望という名の地下鉄にI Love You!って感じですわ。

もう気分はブルー一色。
侍ジャパンもブルーマンも真っ青ってくらい。
ほんとにもう限りなく透明に近いブルーなわけだ。

こんな僕の気持ちを安らげてくれたのは,バリウムを飲んだ時に書いた記事のあぶらがにさんnipparさんのコメント。彼らの情報によれば「安定剤」というのを使ってくれる病院であれば内視鏡検査は全く苦にならずバリウム飲むよりも楽なんだと。

朗報ってのはまさにこういうもののことを言うのですよ。

これらの大変有益な情報のおかげでビビリ君の私もあまり不安を覚えず検査を受ける覚悟ができたのです。あぶらがにさん,nipparさんありがとう。ブログをやっててほんとによかった。

で,検査をするために選んだのがこの病院(はじめて来ました)。

P1170001.jpg

事務の方も看護婦さんも医師もとっても親切でした。



以下,わたしの内視鏡初体験レポ。



まず,医師の問診を受けます。
「ワタシ,担当の○○です。よろしくおねがいします。」
ってまず先生が挨拶。こんなのはじめて~
同意書にサインをすると,別の専用待合室で待機します。

ここにはいろんな雑誌が置いてあったので,福井を代表する超一流雑誌であるところのURALAなどを手に取りヨーロッパ軒の家系図みたいな記事をみつけて,ふむふむ,ヨーロッパ軒の丸岡分店と春江分店は敦賀ヨーロッパ軒の系列だったのか。大和田店は直営なのね。ふむふむ。それに若生軒やサンサワはヨーロッパ軒で修行した人がやってる店なんだな。ふむふむ。
と「ためになったね~ためになったよ~」ってもう中学生状態になりかけたところで名前を呼ばれ血圧とかを測定した後,ベッドへ横になります。

ここでなんかよくわからん液体を飲んでからいよいよ内視鏡検査。

看護婦:「今から安定剤を注射しますからね」
ワタシ:「これを打つと寝てる間に終わっちゃってるって感じですか?」
看護婦:「あら,緊張してます?」
ワタシ:「ええ,正直ちょっとだけ(ホントはめちゃくちゃビビってたw)。」
看護婦:「大丈夫ですよ。人にもよりますが普通の内視鏡検査よりは絶対楽ですから。」

先日,献血を受けたときのようなSっ気のある看護婦さんじゃなくてよかった(爆)


横向きに寝てから口になんか短いパイプみたいなのをくわえて,注射の痛みがチクっと・・

その後の記憶が全くない!

ぼくは眠れる森の少女中年。

気づいたら別の部屋のベッドで寝てました(マジで)
自分で歩いてこのベッドまで来たような気もするのだけどその辺の記憶は曖昧。
寝てる間に僕の神聖な体にいたずらをされてないか思わずパンツを下ろして自分の下半身を目視検査した,というのはもちろんウソです。

30分くらい眠ってたのかな~(眠ってたというよりはほんとにうつろな状態)
時間の感覚もまったくないし,僕って腕時計をしてないからようわからん・・
なんとか立ち上がれるようになり頭も活動しはじめたので,看護婦さんを呼んだらその後すぐ先ほどの医師から検査結果が・・

P1170002.jpg
受け取った内視鏡写真です(いちおう自粛してモザイク処理)
↑モザイクかけたらエロくなった気がするw)


「特に問題はありませんでした。」
写真をみながらここが胃のこの部分で,この写真が○○で・・・ってな感じで説明を受けました。
自分の内臓写真を見るってのは不思議な気分です。

なんとなく頭がうすぼんやりしたままこの結果をすぐにヨメにメールしたのだけれどこの辺の記憶もどうも曖昧だったりして・・

なんか臨死体験をしたような気分。
そう,ぼくは生まれかわったんだ!!という気にすらなってしまったわけです。

しばらく休んでから,たつやさんたちばな屋さんと武生の江戸屋へメシを食いに行ったのでした。また後日記事にしようと思ってますが内視鏡検査の後の江戸屋はなかなかハードでしたわ(笑)


しかし安定剤ってのはすごいですね~
噂に違わずバリウムなんかより,ぜんぜん楽でしたもん。

内視鏡なんてこわくない。

※あくまでも個人の感想です。安定剤を使用した内視鏡検査のご利用は自己責任でお願いします。



この記事へのコメント

  • Herr Katze

    ひどい目にあってから二度と胃カメラなんて飲むものか、
    と心に誓ったので、2~3年バリウムで、影があるから
    胃カメラ飲めやゴルァ!と言われ続けて放置プレー

    そっかー、やっぱ安定剤使うと楽なのかー

    今度それにしまふ(ノ∀`)
    2010年11月26日 00:08
  • poptrip

    >Herr Katzeさん

    参考までに料金は5,000円ほどでした。
    午前中で終わっちゃうので昼からは仕事しても大丈夫です。
    メシも昼からフツーに食えましたよ。
    2010年11月26日 21:14
  • nippar

    胃の影ってなんだったんでしょうね^^何も無くてよかったです。
    そして、5千円程で一皮剥けたなら良かったですね♪
    ん??じゃあ、大腸検査で点滴使うんですね。で、その金額が1万5千円って事だ。大腸検査って高い!
    厚生病院は健診センターが別棟に建ってすっごく綺麗になっていたのでびっくりです。

    そう!私もベッドにどうやって上ったのか覚えてないんですよねぇ。(毎回)
    次は覚えてよう!!って気合いれるんですけどやっぱりうつろ。
    お酒を飲んで「覚えてない」ってのと似てるのかなぁ?なんて思っています^^
    2010年11月29日 02:27
  • poptrip

    >nipparさん

    あなたからの有益な情報にはホントに感謝してます。

    ほんとベッドまでどうやって上ったのか・・・
    しかし,間違いなく自分で歩いていったはずなんですよね。

    なお,僕はお酒を飲んで記憶をなくしたことが一度もありません。
    だから市川海老蔵さんのような行動も理解できないのです。
    2010年11月29日 04:07
  • あぶらがに

    内視鏡検査を充分に楽しまれたご様子で…。
    お役に立てて何よりでございます。

    私もうろ覚えでしかないのですが、毎回、検査が終わったら
    起こされて、別室まで移動させられているようですね。
    (意識朦朧とした状態で)

    ところで、私の行ってるところでは、胃の動きを止める液体を
    飲んだ後、内視鏡を挿入する際に喉のあたりの痛みを感じさせ
    ないためにシャーベット状の麻酔液を舐めさせられるんですが、
    今回の病院では使ってないんですかね?
    これが結構クセ者で不味いんですよ。。
    (味わってどうするんだ?って感じですが…)

    最後にちょっと怖い話。
    昔、病院事務をされてた方が実際に見たそうですが、毎年、
    内視鏡検査をしていたにもかかわらず、胃の内膜に現れない
    癌で亡くなるケース。
    この場合はバリウムだったら発見できた可能性もあるらしい。
    でも…私はこの話を聞いてもバリウムはやっぱり嫌だなぁ~
    poptripさんはいかが?
    2010年11月30日 23:39
  • おにやんま

    肌色系のモザイクって何故か目を細めてしまう。
    って、釣られるところですよね。
    2010年12月01日 10:34
  • poptrip

    >あぶらがにさん

    ええ,おかげさまで十分に堪能しました(笑)

    ワタシの行ったところではそのシャーベット状の
    麻酔薬ってのは使用しませんでしたね。

    内視鏡で発見できず,バリウムでは発見できる場合が
    あるということは聞いたことがあります。
    内視鏡とバリウムやっぱりふたつとも検査を受けるのが
    一番ベストなんでしょうね・・・
    マジで悩むところです。
    楽な内視鏡を経験しちゃうとあのバリウムの苦しさは
    なんだったんだって思いますからね。
    2010年12月01日 22:07
  • poptrip

    >おにやんまさん

    ハハハ。
    目を細めても見えるはずないんですけどね~

    昭和の時代は
    モザイク=エロと決まってましたね(笑)
    2010年12月01日 22:08
  • nippar

    しつこくてm(。・ε・。)mスイマソ-ン

    日赤だと、注射して、胃を膨らますのを飲んで、更になんか飲んで、
    これだけでも気分がかなり悪くなるんですけど、更に最後に喉へピュッと
    掛けます。←これがまたひどい味・・・。
    それからマウスピースみたいなのをして内視鏡が入っていくんですけど、
    腫瘍があれば時間が長引きます。
    私は初めての内視鏡で腫瘍があったので・・・震える子ウサギ状態でしたし
    これほど「気を失いたい」と心から願った事は無いですw
    (あ、陣痛の時も思ったw)
    義父はこんな状態の中でリアルタイムに内視鏡のVTRを見ているらしいです。
    粋を脱してますよね。通り越して「変態」だと確信しましたw
    2010年12月02日 09:58
  • まっくろ

    奇遇ですね、僕も明日胃カメラしてきます。
    僕の場合は、検診で引っかかったんじゃなくて、調子が悪いので自分で行くんですが・・・

    安定剤・・・、たぶんセルシン使ったんだと思いますが、あれって自分の記憶が無い時に、何やらかしてるか解ったもんじゃないらしいですよ(笑)

    気の弱そうな人がいきなり暴言を吐いたり、看護師さんのオ○リやバ△トを触ろうとしたり、本人は全く記憶が無いそうで目が覚めるとまた普通の気の弱い人に戻って素知らぬ顔で帰っていくそうです。
    帰った後でスタッフで大笑いしてるケースが結構あるんだそうな。
    基本的には、普段抑圧されている本性が出るんだそうで、キミの場合は・・・

    ちなみに、僕も去年セルシン使って胃カメラしましたが、全く薬が効かないという結果で、死ぬかと思うほど辛い検査に終わりました。

    明日は、経鼻カメラで検査しますので、薬は使いませんけど。
    2010年12月02日 12:33
  • poptrip

    >nipparさん

    僕の周りではじめて内視鏡検査をしたのが
    学生のころ仲のよかった友人で,そいつがとにかく
    つらかったつらかったと言うのでそれ以来恐怖心しか
    なかったんです。
    あなたのコメントも僕になかなかの恐怖心を与えてくれたので
    日赤で検査をすることはないことをここに誓います。

    しかし・・・
    あなたのお子さんもその変態の血を引いてるんですよ(笑)
    2010年12月03日 01:07
  • poptrip

    >まっくろさん

    あらら。大変ですね。

    検査の間に何か自分がされてるかもしれないとは思いましたが
    あなたのおっしゃるとおり自分も何をしてるか分からないんですね。
    まあ僕はあなたもご存知のとおり会社では言いたいことは言って
    ストレスもできるだけためないようにしてるはずなので何も
    粗相はしてないと思うんだけど・・・
    バ△トに手が伸びてたりすることも否定はできないです(笑)

    終わった後「つらくなかったですか?」とだけ尋ねられたので
    きっとうーんうーんってうなってただけなんだと信じたいです。

    しかし安定剤って効かない人もいるんですね・・・
    2010年12月03日 01:11

この記事へのトラックバック