忘れた頃にやってくるもの#2

本日は,いつものようなブログを書く気分になれない。

テレビでは信じられないような光景がずっと流れている。
津波で流されていく家屋や炎をあげる石油コンビナート施設の映像をみたときには思わず絶句した。
時間の経過とともに増えていく被害者の数を見るのは予想されたこととはいえ辛いものだ。

昨日,エコポイント商品が届き「忘れた頃にやってくるもの」というどうでもいい記事を書いたのだが,忘れた頃にやってくるもっとも恐ろしいものが天災なのだ。

この寒い日に電気もなく余震も続く被災地で過ごす夜の恐怖や不安というのは,想像を絶する。また,いまだに孤立している人たちもいるようだ。被害の全貌はまったく見えないが,今後は被災しなかった僕らの生活にも影響を及ぼしてくるに違いない。僕たちもなにか協力できることはないかを考え,行動しなければならないと思う(とりあえずは義援金くらいしか思いつかないが・・)。

しかし,ツイッターなどを見ていると,情報源のはっきりしないものやむやみやたらと不安をあおるようなツイートがあまりにも多いことに驚いてしまう。情報の取り扱いというのはとても難しいと改めて思う。情報を流すタイミングというのも重要なのだ。

とにかくひとりでも多くの方の無事を祈るばかりです。

この記事へのコメント

  • Herr Katze

    ほんとうにひどい状況ですね

    私の東北・北海道の知り合いは幸い全員無事ではありました

    余震の続く中暗くて寒い夜を過ごしている方がたくさん
    いらっしゃるんでしょうねぇ


    ちょうど打ち合わせ中に長周期で長い間揺れたので
    これはデカいのきてるなと思ったらこれでした
    2011年03月12日 01:23
  • ribahiruto

    揺れましたねぇ。
    うちは笑って話せるくらいの被害ですみましたが…
    こんなに長く揺れた地震は初めてかも。
    まだ余震が続いています。
    ここらはライフラインが生きているので幸いです。
    2011年03月12日 01:52
  • poptrip

    >Herr Katzeさん

    ほんとうに大変な事態です。

    ぼくには東北・北海道には連絡を取り合っているような
    知り合いはいませんが,気仙沼や仙台など
    何度か出張で行ったところが壊滅的な被害を
    受けているのを見ると本当に心が痛みます。

    ワタシは車を運転中だったので
    まったく気付かず,ずいぶん後になって
    事実を知りました。
    2011年03月12日 10:11
  • poptrip

    >ribahirutoさん

    夜が明けましたが福井はいつもと何も変わりない
    朝です。テレビから流れてくる映像を除いては・・
    同じ日本で今現在こんなことが起こっているとは
    にわかには信じられません。

    あなたは北陸にお住まいかとおもってました。
    被害があったのであればお見舞い申し上げます。

    ライフラインが生きているというのは幸いです。
    これだけの情報化社会といってもやっぱり
    電気がないと,情報自体を発信も受信もできないの
    ですから。
    2011年03月12日 10:16
  • ribahiruto

    うちは海からはかなり離れているので津波の心配はほぼ皆無ですが、
    余震が心配で寝れないんですよね。
    テレビ観てると、これ本当に現実なのか、特撮映画じゃねえのと思います。
    原発も心配ですね。敦賀をかかえる福井としても他人事ではないし。
    なんて言っていいのかわからないくらいひどい事です。
    2011年03月12日 11:09
  • poptrip

    >ribahirutoさん

    原発はほんとうに心配です。
    小出しでもいいから情報を出して欲しいと思う。

    千葉県に住む学生時代の友人から数年ぶりに
    電話がかかってきました。
    「電気とかガスとかが止まるみたいで
    買出しに忙しい」と言ってました。
    「ここから逃げたほうがいいのかなあ?」
    なんてことも言ってました・・・

    福井のほうは,余震でもゆれを感じず
    テレビの中で起こってることは現実なのかと
    錯覚してしまいます。

    とりあえず僕にできることは節電と義援金かな・・・
    2011年03月12日 20:10

この記事へのトラックバック