鯖江の菜花,そしてあのラーメン屋が復活していた。

ここ数年ですかね,鯖江市のいたるところで春になると黄色い菜の花を見かけるようになったのは。どうも鯖江市が特産化を進めているということらしい。

道路の街路樹の下にあったり畑の一角にあったりほんとうに鯖江市のいろんなところで黄色い花を発見することができます。

日野川沿いの河川敷がいちばん量的に多いんじゃないでしょうか。先日,散歩がてらちょっとぶらぶらしてみました。

s-IMG_3969.jpg

s-IMG_3973.jpg

s-IMG_4041.jpg


さて,こんな風に↓西縦貫線でも菜の花を見ることができます。
しかし,この写真・・なんか違和感ありませんか?

P1190026s.jpg
撮影日:平成23年4月15日





そうなんです。






「丸木屋」がいつのまにか復活してたんです!
2年ほど前に突然,ラーメンやをやめてまんまるというカツ丼やさんになったはずなんですが。この店の経営方針は数か月~数年で変化するようです(笑)
以前のラーメン屋時代も,メニューやらも頻繁に変わってましたからね~

・・・もう何も言うまい。

でもここのラーメン好きなんですよね。



ということで後日,行ってまいりました。
お客さんからもいろいろと意見を聞いて,またラーメンやさんを復活したというような店主のあいさつがメニューに書かれておりました。なお,現在のメニューにはカツ丼はありませんでした。

s-IMG_4055.jpg
らーめんに煮玉子トッピングで890円

チャーシューが以前とはちょっと変わった印象。
スープはいつもの味。

あと,どうでもいいことなんですがこの日の店員さんが女性でした。いままで何度も利用してますが,店員さんが女性だったことって一度もなかったんですよね~。何となく違和感(笑)






以下,蛇足です。

写真の黄色い花は「菜の花(なのはな)」が一般的な表現,表記だと思っていたんですが,4月16日・17日に日野川河川敷で行われたイベントの名称は「さばえ菜花まつり」です。鯖江市のサイトのURLは「city.sabae.fukui.jp/vod/sonota/nabana_fes/index.html」となっていますから「さばえなばなまつり」が正しいのですね。僕はずっと「さばえなのはなまつり」だと思ってました・・orz(「さばえ菜の花まつり」でググるとたくさんのブログがひっかかりましたので勘違いしている人は結構多いんじゃないかと思われ)

「菜の花」と「菜花」の違いは,辞書によれば「ナノハナの食材としての呼び名が”菜花(なばな)”」だそうです。「菜の花 鯖江」でググっても鯖江市のHPはひっかからないんですよね・・・

この記事へのコメント

  • ちょろりん

    行かれましたか!やっぱり梅干が・・・
    2011年04月25日 09:22
  • poptrip

    >ちょろりんさん

    梅干はこの店のトレードマーク。
    僕的には不要ですが。
    スープを飲もうとすると2回に1回くらい
    レンゲに梅干しがのってくるのが・・(笑)
    2011年04月25日 21:03

この記事へのトラックバック