有線放送

s-IMG_5694.jpg

高校生の頃,
「私のうち,有線放送があるのよ。」
と言っている女の子に出会った。

有線放送といったら,僕のイメージは喫茶店とかで音楽をずーっと流してるアレのことだと思っていたので(←このイメージが分かる人もすでにアラフォーじゃないかなw),すげえうらやましく思ったのだけれど,よくよく聞いてみるとそれは主として農村地域の連絡網や放送をするための設備だとわかって,また違う意味でびっくりしたものだ。

s-DSC_0133.jpg

今年の7月まで住んでいた七尾にもこれとよく似たものがあった。
お昼とか夕方になるとときどき屋外に設置されたスピーカーから地域情報が流れてくるのだ。

「○○町で火事が発生しました。」
「○○町で不審者が現れました。」
「○○注意報が発令されました。」

みたいなやつ。

まあこれもきっと有線放送の名残なのかなあと・・・どちらかといえば防災放送的な役割であって,特に僕の生活に影響を及ぼすことはほとんどなかったのですが,敦賀の今のすまいではこれが大きな影響を与えてくれるのだ。



何故かというと・・



毎朝6時ちょうどに,屋外設置のスピーカーから音楽が流れてくるんです!
これがですね,窓を閉めていたって聞こえるなかなかの音量。

s-DSC_0139.jpg

わたし,朝が苦手なのでぎりぎりまで布団の中にはいっていたいタイプなんですが,二日に一回くらいはこの6時の放送で一旦目が覚めてしまうのです(泣)

wikipediaの有線放送に関する記事はこちらなんですが,これを読むとこんな記述があります。

「農林漁村の生活リズムに合わせた編成が行われていたが、都市化・サラリーマンの増加などで早朝からの一斉放送が迷惑との利用者の意見が出るようになっている。」

まさに利用者の意見というのが僕の意見・・いや,利用者でもないんですけれど。ハハハ。

s-DSC_0127.jpg

本文中の写真は記事内容とは関係がありません。なんとなく田舎っぽいイメージの写真を載せてみただけです。

この記事へのコメント

  • nippar

    南条の友人宅には南条町(?)の町民だけの電話(しかも黒電話でジーコロのやつ)があったのを覚えています。通話料は無料と聞いて更にビビッタ思い出があります。高校の時なので今はどうか分かりませんが・・・^^
    有線放送って、大事な放送だったんですね・・・。海に近い所は必要なんだと今回の震災で思いました。敦賀は音楽なんですか??w

    3枚目の場所、分かった!!w
    2011年09月15日 23:31
  • Herr Katze

    うちにもガキの頃有線ありましたわ(連絡網の方)


    そして以前勤めてた会社では有線流しっぱなしでした(いわゆる音楽放送の方)
    2011年09月16日 01:18
  • poptrip

    >nipparさん

    ビビりますよね,やっぱり。
    あのシステムには。

    確かに震災の時には必要でしょうね。
    実際,サイレンがなったり放送が流れている
    映像を何度もテレビで見ましたし・・

    敦賀のやつも,なにか災害が起こった時には
    有益な情報が流れてくるのだと・・信じたいですw
    2011年09月16日 21:55
  • poptrip

    >Herr Katzeさん

    有線流しっぱなしの会社ってのが
    なかなか興味深いです。

    音楽聞きながら仕事なんて僕の会社の
    場合,考えられませんから。
    2011年09月16日 21:56

この記事へのトラックバック