上りと下り

福井鉄道福武線に乗る機会がありました。


季節はずれの桜(笑)

さて,福井市と越前市(武生)を結ぶこの福武線。
いままで気にしたことがなかったのですが,時刻表を見てみたらこの福武線も「上り」「下り」があるんですね。福井方面か武生方面っていうイメージしかなかったんですが。

日本民営鉄道協会によれば

「都市郊外と都市部を結ぶ鉄道において、「上り」「下り」の表現が用いられます。「上り」は、おもに都市方面に向かう電車のことで、「下り」はその逆方向に向かう電車を指します。」

だそうです。

さて,福井方面と武生方面。
どちらが「上り」でどちらが「下り」かわかりますか。

福井市のほうが都会(といっても田舎ですけどw)なので福井方面が「上り」かと思ってたんですが,武生方面が「上り」なのです。
調べてみたら,福井鉄道の本社が武生にあるから武生方面が「上り」なのだそうで。


今は亡き旧福井鉄道本社

JRの場合,東京へ向かうのが「上り」なので福井からだと大阪・名古屋方面が上り,金沢方面が下りなのですが,北陸新幹線ができたらどうなるんですかね。
金沢方面が上りになるのかね。ややこしい・・・ていうか「上り」とか「下り」って表現をなくしちゃえばいいと思うんですけど。

東京メトロやえちぜん鉄道は(このふたつを比べるのもアレですがw),「上り」「下り」っていう表現は使ってないみたいです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック