最近読んだ本まとめ


s-重力ピエロ.jpg
重力ピエロ/伊坂幸太郎

コメントでこの本を薦められたので作者の名前すら初めて聞いたのですが読んでみました。
これはおもしろい。読書で夜更かしをしてしまったのは久しぶりだ。
もちろん村上春樹にはかなわないけれど比喩が巧みで表現力がある(と偉そうに駄文ばかり書いているオレがいうのもなんですけれど)。あと,キャラが立ってるのがよい。
他の作品も読んでみるか。


s-こころ.jpg
こころ/夏目漱石

poptripの蔵書より。
何年かに1度読み返したくなる本です。
細かい内容を忘れたころに読むとまた面白い。
ちなみに「らーめん岩本屋」にこの本を持ち込み,読んでいたのですが・・
あの店ほど読書に向かない店はないと実感しました(笑)
食べてる途中に「お味はいかがですか?」って聞いてこなくなったことはうれしいのですがあのお店の喧しさは来来亭と並んでとびぬけてます。
話が逸れましたが,夏目漱石の中では繰り返し読むのはこの本だけです。


s-かめん.jpg
仮面の告白/三島由紀夫

鯖江図書館で借りました。いちおう名作と言われる古典は死ぬまでに一度は読んでおきたいと思っているのでときどき思い出したようにこういうものを借りて読んでしまうのです。
ひとことで言うとまあわけのわからない小説。不思議な世界。


s-都市伝説.jpg s-都市伝説2.jpg
ハローバイバイ・関暁夫の都市伝説1・2/関暁夫

鯖江市立図書館にあったので読んでみました。
フリーメーソンの恐ろしさがわかる本(笑)
オカルト初心者には楽しめるかな。買ってまで読む本ではない。
ボク的には書店での立ち読みに最適な本。


s-バクマン.jpg
バクマン 1~5巻/小畑 健・大場 つぐみ

娘の誕生祝。何が欲しいと聞いたらバクマンかスケットダンス全巻。
はい,安い方にしました。しかもブックオフオンラインで(笑)
デス・ノートほどの面白さはないけれど・・買って損はなし。
いまのところ5巻まで読了。
最近は漫画よりも小説や本のほうを好むようになってきました。
歳かな~


s-shinotoge.jpg
死の棘/島尾敏雄

重たい小説だ。実話に基づいているのでこれも迫力満点。
改行がほとんどなくてページ数の割には字数が多くて・・読むのにすごく時間がかかりました。
もう少し改行してくれないかな(笑)


ike3.jpgike.jpgike2.jpg
そうだったのか現代史・現代史パート2・日本現代史/池上彰

いまさらながら図書館で借りてみました。
さすがに分かりやすい。現代史って大学入試にあまり出ないから勉強してないんですよね(学校でもほとんど授業をしなかったような気が・・・もっと現代史を学校でもきちんと教えるべきだと思う。図書館にある本も,第二次世界大戦までのものはたくさんあるんだけどこういう現代史をまとめて理解できる本ってあんまりないんですよ。そういう意味では入門書としてはいい本なんじゃないかな。
ただ,この本いずれも図表がイマイチ。もう少し図をうまく使って説明してほしいなあと・・また,分かりやすい分内容は濃くないので読めば読むほど味が出てくるっていう感じじゃないので買ってまで読むかと言われると否,かな。



ぞう.jpg めくらやなぎ.jpg
象の消滅・めくらやなぎと眠る女/村上春樹

鯖江の図書館でみかけて借りてみた。村上春樹の作品はほとんど読んだつもりでいたけど初見のやつもあったような(単に読んだことを忘れているだけかもしれない)。面白いものもあればそうでもないものもある。「品川猿」という作品がフェイバリットかな。



暗殺.jpg
暗殺教室/松井優征

面白い。ジャンプのなかで最初に読むのがNARUTO,その次がワンピース,そのつぎがこれ。
2巻も出たみたいだけど買うのかな~うちの子供たち。


こんな感じで。


この記事へのコメント

  • ribahiruto

    重力ピエロ、良いでしょう( ̄^ ̄)ドャ!
    あの台詞は私の読書人生でも五本の指に入ります。
    まあ、全ておすすめなのですが、「死神の精度」が泣けます。
    我孫子武丸の「殺戮にいたる病」も面白いですが、何となくpopさんの好みでは無さそうな気が…

    2013年01月15日 22:35
  • poptrip

    >ribahirutoさん

    げっ!
    マジで驚きました。

    だって今ぼくの手元には
    「殺伐に至る病」があるんだもの!

    別のブログですげー内容の本だった(決して人には
    薦めませんけどw)っていう感想を見て買っちゃった
    やつが。

    えー,実は途中まで読んで現在絶賛放置中。
    そのうち読もうと思いながら数か月たっちゃいました。
    強烈な内容ですがちょっと僕には合わないかな~
    もちろん買ったからには最後まで読みますけどね。

    しかし偶然ってほんとにあるもんですね・・

    伊坂幸太郎はとりあえず順番に図書館で借りてくる
    予定となっております。
    2013年01月15日 23:02
  • ribahiruto

    殺戮は、あ~これちょっとなぁ、と思う気持ちはよく分かります。私も基本的には苦手なジャンルです。
    しかし読みはじめたならば、最後まで読まないと後悔しますよ。
    そしてここに断言しよう。
    もしあなたがこの作品を読み終えたときには、必ずもう一度読み返す事を(゜ロ゜)
    2013年01月16日 00:02
  • poptrip

    >ribahirutoさん

    僕の経験上,二人以上から勧められた本では
    はずれたことはありません。
    そこまで断言されたのであれば,ちょっと予定を
    変更してこの本を読み始めてみようかな。
    2013年01月16日 23:14
  • sarai

    重力ピエロを本で読んで映画もみた。
    映画もおもしろい。
    本の記憶が忘れたころにみるとまた面白いと思われます。

    あたしは貴志さんの本がお勧め。
    2013年01月17日 23:40
  • poptrip

    >sarai様

    あら。
    映画化されてたんだ・・
    なにしろ情報弱者なもんで。

    あ,あともうすでに
    本の内容はほとんどすっかり忘れてるので(笑)
    レンタルしてこようかな。
    書き出しの「春が空から落ちてきた」っていう
    ところだけは覚えているんですわ。

    貴志さんという人も全く存じ上げないので
    図書館で探してみます。
    2013年01月18日 00:08
  • mika

    最近図書館行ってないんですけど重力ピエロ気になりますね。
    図書館の返却期間のシステムが厳しくなったのは多少賛成なんですが(今までがゆるすぎた)、読める時は一気に読んじゃうんですけど読めない時もあるので怖くて借りづらいといいますか・・・。

    かといって全部買ってられないのでまあそのうち行くと思いますが。

    夏目漱石・・・私も名作系は人生の中で一度は読んでおきたいと思いつつなかなか気がのらず未だ読めておりません。
    なんていうか・・・明治の男性って独特の存在ですよね・・・。働かない割に家で一番偉いという・・。明治の時期の話はあらすじ聞くだけでうんざりしてしまうのです・・。

    暗殺教室は面白いですね。バクマンはあったら読むけど買わないなぁ。若い子は好きそうですね。
    2013年01月18日 19:50
  • poptrip

    >mikaさん

    最近は,鯖江の図書館を利用することが多いです。
    鯖江の方はまだゆるーい感じなので。

    むかしの小説は,確かに思想的にもちょっと
    どうかというのが多いですね。
    まあ時代ですから。
    タバコだって時代の流れですよね~

    ドストエフスキーの「カラマーゾフの兄弟」という
    小説があるのですが,これは一生に一度は読んでみる
    価値があると思います。
    とても長くてとても難解なので僕は何度か2度目に挑戦
    しているのですがいつも挫折しておりますw
    2013年01月18日 21:25

この記事へのトラックバック