くいしんぼ

越前市にあるラーメン屋さんです。
初訪問。

このお店も,なかなか入りづらい雰囲気を醸し出していることに加え,不定休なのか僕が店の前を通るときは駐車場に車が一台も停まってなかったり(営業しているのかどうかもよくわからない)・・・

この日は,看板にも店にも明りが灯っていましたが駐車場に車は1台しかなく・・

s-DSCN4811.jpg

勇気を出して店に入ると,ドラえもんの人形が僕を迎えてくれました。

「食いしんぼ」っていう店名からなんか勝手に海原雄山と山岡士郎と栗田ゆう子をイメージしてたんですが・・・おじいさん(この人を海原雄山としておくか)と若いあんちゃん(山岡士郎としておくか)とおばあちゃん(栗田ゆう子にするには無理があるなw)の3人でお店をやっているよう。なかなか変わった取り合わせです。3人とも物静かです(悪く言えばあまり愛想が良くないけど不愉快になるほどでもない)。
常連さんもいるようで,この日は僕の他にお客さんは2組。ほとんどメニューを見ずにさっと注文してました。

メニューはですね,こんな感じ↓。
s-KIMG0032.jpg

いやいやいやいや。
ラーメンやのレベルじゃないだろ。これは完全にちゃんとした中華料理屋さんですよ。
「横浜の味」と書かれていたので中華街あたりで修業を積んでいるのかもしれません。
このメニュー表にのっていないものも壁に貼られた手描きメニューにはあり,またこのメニュー表がご覧のとおり見にくいんですわ。定規をあてながら見ないとわからないくらい(笑)行間をもう少しあけていただけるとありがたいと・・・それに中国語のメニューって必要ないんじゃないかと思わないでもないんですが・・

少し迷ってラーメン(560円)と餃子(370円)を。

s-DSCN4809.jpg

麺は自家製麺。弾力のある独特の透明感のある麺です。これは好みの分かれるところでしょうな。
スープは鶏がら醤油の昔ながらの味。飲み干しちゃいました。

s-DSCN4810.jpg
盛り付けというものも少し考えるべきかと(笑)

餃子もなかなかいけておりました。
侮れない。

ただ,店内にはテレビがなくラジオ(有線放送とかじゃなく)番組が流れている。またなめ猫のポスターが飾られているなど昭和感が垣間見える不思議なお店です。

あ,なめ猫ってのはアラフォーにはおなじみなんですが知らない方のために・・
なめ猫(なめねこ)とは1980年代初頭の日本で短期間流行した、暴走族風の身なりをした猫のキャラクター企画である。本物の仔猫に衣装を着せて座らせ、正面から撮ることで直立して見えるように写真撮影したものを最初に、数々の商品が作られた。
正式名称は「全日本暴猫連合 なめんなよ」。そのキャッチフレーズが「なめんなよ」だったことから略され「なめ猫」となった。初代のなめ猫グッズは、1980年から1982年まで発売された。ポスターは600万枚、自動車の免許証風のブロマイドは1200万枚を売り上げた。
(wikipediaより抜粋)

僕も持ってる「「なめ猫」のレコード

s-nameneko.jpg

さて,そろそろまとめにはいりましょう。
武生の「くいしんぼ」というラーメン屋は見かけとは違いラーメン専門店ではなく昭和っぽい本格中華料理屋さんでなかなか侮れないお店であると・・こういうことです。

本日は此処まで。

この記事へのコメント

  • かのん

    わぁ~(≧▽≦)
    又吉とミケ子だぁ!
    懐かしい( ´艸`)
    2012年12月22日 23:10
  • 郡山人

    意地悪ラーメンってのが気になって、このままでは年が越せません。是非再訪を!
    2012年12月23日 12:51
  • poptrip

    >かのんさん

    ご存知でしたか。
    お年がばれちゃいますよ~ほほほ
    私のiPodにもこの曲はちゃんとデジタル化されて
    はいっているのであります。
    この曲がかかったら飛ばしますけどね(笑)
    2012年12月23日 18:12
  • poptrip

    >郡山人さん

    僕も意地悪ラーメン気になってたんですが・・
    なにしろ初めての店でこういうものを頼む勇気は
    さすがになくて・・

    中国語でも意地悪は意地悪って書くのかどうかと
    いう疑問もあるのですが
    次回は,意地悪ラーメン食べてみようかと思いますが
    年内はちょっと厳しいので,郡山人さんは今年は
    年を越さずに待っててください(笑)
    2012年12月23日 18:14

この記事へのトラックバック