新春闘魂スペシャル!麻雀対決 VSたつや

s-ma.jpg

全国1,500人のpoptripファンそしてたつやファンのみなさんこんばんは。
今,私は鯖江市水落町にある戦国時代の古城さながらの荘厳な雑居ビルの2階にきております。いよいよ今夜,poptripファミリーとたつや軍団による麻雀対決がいままさにここで開かれようとしております。
太古の昔,地球誕生の瞬間から始まったとも言われる麻雀競技。男と男がおりなす究極のパイのめくり合い。おたがいのプライドのみを賭けた真剣勝負が今まさに始まらんとしているのであります。

images.jpg

さて,解説はおなじみ山本小鉄さんです。
山本さんよろしくお願いします。

さあ,選手がはいってまいりました。
まずは青コーナーよりpoptripファミリーです。poptripが今回タッグを組むのはなんと実の父親。
雀歴50年といういぶし銀poptrip父であります。
大学では麻雀以外何一つ学んでこなかったと豪語するこの男。
メキシコから送られてきたルチャ・リブレの刺客がどのような麻雀を打つのか楽しみであります。

おおっと~ここで登場してきました。
ご存知昭和の怪物・ひとり民族大移動・福井を代表するブロガー陰陽師たつやであります。
最近ブログの更新のほうはさぼり気味でモチベーションの低下が懸念されますがまるで巌流島の宮本武蔵のごとく少し遅れての会場入り。
たつやの指先の麻雀タコはまさに麻雀原理主義の証か,はたまた「雀卓上のアリア」を奏でる黄金の指なのか。
こちらもまた実の弟を従えております。
「鶴田よ,早く大きくなれ」そんな願いもこめられているのでしょうか。

タバコの煙が漂うこの殺伐とした異次元空間,四角いマット上でこの後どのような人間絵巻が展開されようとしているのでしょうか。
血沸き肉躍る,そんな様相を呈してきております。

さあいよいよ世紀の一戦が始まりました。
まさに賽は投げられた!

ああっと~いきなりです。
電光石火だぁー!!
さすがに魅せてくれます。

poptrip得意のチョンボが炸裂しました。
1半荘目東4局ではやくも伝家の宝刀を繰り出しました。
これはどうしたんでしょうかね。
風を勘違いしてしまったようであります。
序盤でのこのニセンヨンセン放出はかなりきいてますね,山本さん。

(山本:ええ,poptripくんには落ち着いてやってもらいたいですね。)

山本さんご指摘の通りpoptripは前回のたつや戦でもフリテンをこいております。
poptripのチョンボの切れ味には定評がありますからね,山本さん。

(山本:ええ,poptripくんには落ち着いてやってもらいたいですね。)

山本さんご指摘の通り強い者は失敗を成功につなげていくものです。
poptripの麻雀物語においては過去を消しゴムで消さなくてはいけないっ!

images2.jpg

さあ,ゲームも終盤にさしかかってきておりますがここまではたつや弟が中嶋悟ばりの刻み納豆走法でトップを維持しております。

ああっと~!!
ここでpoptripがおもむろにタバコに火をつけて千点棒を取り出しました。
ここからコブラツイストの体勢に持って行こうというのか。
おおっと,千点棒を横向きにしました。

会心のリーチだ!満を持してのリーチが出ました!
カール・ゴッチ直伝のリーチ打法であります!!
これはまさに意表をついた攻撃。
さすがのたつやも放心状態。驚きを隠せません。
まさに掟破りの逆サソリか。
これこそ「戦いのマルシェワンダーランド」であります。

さあ,そしてpoptripはおもむろにパイに手をのばしていきます。
パイはパイでもこっちのパイは苦手だと語っていたpoptripですが,この迷彩も何もない両面待ちがこの面子から出てくるのを期待してはいないでしょう。サブローワンをひいてくることができるのか。

おおーっとーまさかのイッパツヅモ。
これはハネマンです!
ロクセンサンゼンが出ました!!

s-s-DSCN4840.jpg

メンタン一発ツモドラ1アカアカウラウラ。
このチップは大きいですね山本さん。

(山本:ええ,poptripくんには落ち着いてやってもらいたいですね)

ここは「裏ドラの魔術師」の面目躍如といったところでしょうか。

さあそろそろpoptripもこの記事をこのような文体で書くことに疲れてきたようであります。
それではこのへんでハネマンの余韻が残る鯖江市水落町からお別れしたいと思います。
ごきげんようさようなら。

s-DSCN4841.jpg


さて,結果は以下の通りでございます。

 たつやたつや弟poptrippoptrip父
±0+43-31-12
-9+38+2-31
+38-34-5+1
-25+2-3+26
+23-11+1-13
-31+32-6+5
合計-4+70-42-24


約1年振りの麻雀。ルールって忘れないもんなんですね~
それにしてもやはり,最初の半荘のチョンボが痛かったっすね。ツキを自分から逃がしてしまう悪いくせ。トップも一回もとれなかったし(泣)
普段会社の同僚たちと打ってる時はチョンボなんてしないんですけどね・・・全自動卓とかって滅多に使わないからなんとなく緊張してしまうんすよね~(って言い訳)。
あ~でも結局,僕はウラドラ様がたくさんきてくれたおかげでチップが+16枚もありましてトータルではトップになってしまったという(笑)
あ,タッグ戦では完敗でしたね・・・poptrip父が口ほどにもなかったというww


アントニオ猪木酒場のコースター

【参考記事】
いいわけ(前回の対戦記事)

この記事へのコメント

  • ribahiruto

    わたくし考えてみると、福井のフリー雀荘でこてんぱんにやられて以来、打ってないですね。4年位経つのか…
    そうしてみると、アカギはいつまで同じ相手と打っているのか(^^;
    そろそろ終わりそうですが。
    2013年01月04日 02:22
  • poptrip

    >ribahirutoさん

    ぼくは雀荘にフリーで行く勇気はないです(実力もw)。
    どっちかっていうと麻雀ってコミュニケーションツールの
    ひとつだと考えているので。
    アカギって読んだことないな~
    今度ネットカフェで探してみますね。
    2013年01月04日 21:25

この記事へのトラックバック