ソースカツ丼とともに

僕がはじめてソースカツ丼を食べたのは,小学生の時だ。
あるいは僕のちっぽけな脳ミソの片隅に残っているソースカツ丼を食べたという最も古い記憶が小学生のころのものだといったほうが正確かもしれない。
敦賀へ海水浴に行った帰りに敦賀ヨーロッパ軒本店(味のお城)で食べたのだ。
もちろん僕はそのときからソースカツ丼に恋に落ちた。

その後,僕のお気に入りのソースカツ丼は今は亡き鯖江市丸山の「とらや」,福井市の「ふくしん」「のぼりと」などに変わることもあったがヨーロッパ軒のソースカツ丼がその輝きを失うことはなかった。

もちろん長野県でキャベツの入ったソースカツ丼を食べてもピンとこなかった。他にもソースカツ丼を見かけるたびにいろんなお店で食べてみたが・・ソースカツ丼にキャベツは不要。それがぼくのたどり着いた結論だ。

鯖江市丸山の雑居ビルに「ヨーロッパ軒」ができたのは僕が大学生のころだったろうか。
ついに鯖江にもヨーロッパ軒が進出してきたかと感慨深かった。それまで丹南地区はヨーロッパ軒の真空地帯だったのである。福井にも敦賀にもあるのになぜかその中間地点である鯖江・武生にお店がなかったという不思議。まさにパ軒のドーナツ化現象。
その後,その店は移転し同じ市内で今も営業を続けており,僕も年に数回利用する。鯖江市唯一(丹南地区でも唯一)のヨーロッパ軒は僕にとって貴重な存在であり続けている。

s-IMG_4886.jpg

そしてこの日も僕は,敦賀ヨーロッパ軒本店の2階のテーブル席でひとりソースカツ丼をむさぼるように食べた。丼のふたをあけた瞬間にたちのぼるムッとしたソースの芳醇な香り。ひと口ソースカツをほおばろうとするまさにその刹那,ソースが鼻腔の細胞を刺激することによるむせ具合に僕は満足する。
たぶん小学生の時に食べたソースカツ丼もこの味だったのだろう。この味は進化も退化もしていない。そんなことを思いながら食べたソースカツ丼はやはりうまかった。

僕の会社の食堂ではときどきソースカツ丼が出ることがある。
あるとき食堂のおばちゃんに聞いてみた。

「このソースってどうやって作ってるの?よかったら教えてもらえない?」
「ふふふ。この業務用ウスターソースに砂糖を○○対○○の比率でいれているだけよ」

なるほど。砂糖を混ぜるだけでこの味が出せるのか。きっとヨーロッパ軒のソースカツ丼のソースはこんな単純なものではないはずだ。しょうゆ,ケチャップ,ワイン,塩等が含まれていると想像されるが,ヨーロッパ軒で販売している持ち帰り用のソースの容器には残念ながら成分の記載がない。
老後は,究極のソース作りに精を出したいと思ったり思わなかったりしている今日このごろ。

ソースカツ丼と出会わないもう一つの人生があったとしたら,ずいぶんと無味乾燥なものになっていたに違いない。

永遠の恋人。
唯一無二の存在。
それが,ヨーロッパ軒のソースカツ丼なのだ。

---



この文章は,「ソースカツ丼とともに」という同人誌に寄稿したものです。



・・・もちろんウソですけど(笑)

この記事へのコメント

  • ribahiruto

    私が以前住んでいた桐生市もソースカツ丼が有名でした。
    行きつけの呑み屋で、ソースカツ丼って、とんかつ定食とどう違うの?
    という私の言葉に、店長が長々と如何に家庭や店ごとにソースの味が違うかを
    力説されたことをふと思い出しました。
    popさんにとってのソースカツ丼は、私におけるとり天のようなものなんでしょうね。
    2013年01月21日 21:46
  • sarai

    ぷぷっ。
    あたしは初めてソースカツ丼にであったのは
    福井へ進学したときです。
    今はほとんど食べてないので、この文章をみて
    たべたいなと思いました。
    2013年01月21日 21:49
  • 県内出身ですがソースカツ丼を知ったのは高校に入ってからの学食です。
    その後県外に就職したんで、ヨーロッパ軒を食したのは34歳ぐらいですね。
    8番みたいにどこで食べてもハズレ! はないですよね。
    2013年01月22日 09:29
  • poptrip

    >ribahirutoさん

    あなたにとってのとり天が僕にとっての
    ソースカツ丼。
    わかったようなわからんような(笑)
    福井では家庭ではソースカツ丼は作りませんが,
    桐生市では家庭でも作るんですかね?

    ソースカツ丼の元祖はここだ!って言ってるところが
    全国にいくつかあると思うんですけど,福井のソース
    カツ丼が元祖だと福井県民の僕は信じております。
    2013年01月22日 21:35
  • poptrip

    >saraiさん

    サンドーム福井に来た折にはぜひ
    ご賞味ください。
    連絡いただければ,お付き合いしますよ~w
    2013年01月22日 21:36
  • poptrip

    >重さん

    高校の学食でソースカツ丼が出てたんですか?
    僕は,母親の手作り弁当派だったので学食って
    ほとんど思い出がないんですよね。


    パ軒は,どこで食べてもハズレはないのですが,
    嶺北と敦賀では微妙な違いがあります。
    どちらもおいしいですが,僕は敦賀の方が好み
    ですね。
    2013年01月22日 21:39
  • sarai

    今週サンドームいくのよ。
    でもお隣の町のお店に行くことに決まってるのよ。
    ありがとうねー。
    2013年01月22日 22:17
  • poptrip

    >saraiさん

    あ~ゆずですか。
    サンドームでコンサートがあると周辺道路が
    混むので,けっこう困るんですよね(笑)
    楽しんできてくださいね~

    僕なんてサンドームで見たのは浜田省吾だけ
    ですから。
    2013年01月22日 23:15
  • mika

    こういうのありますよ↓
    http://www.city.fukui.lg.jp/d620/hokubu-k/hokuhokuresipi/so-sukatu.html

    まあまあおいしかったです。
    ダンナは「できればそのまま(トンカツとして)食べたい」と言われましたが・・。(ソースカツ丼が嫌いなワケではない)
    わざわざ半熟卵カツも作ってあげたのに・゚・(ノД`;)・゚・

    そういう私は二十歳過ぎるまでソースカツ丼食べたことなかったですが。初めて食べたソースカツ丼は県内でしたが確かキャベツ入りだったかも。嫌いじゃないです。
    パ軒も過去1度しか食べたことないです。
    2013年01月23日 01:26
  • poptrip

    >mikaさん

    リンク先拝見しました。
    なかなかよさげですね。今度試してみます。
    なんか他のサイトとかのソースカツ丼レシピは,
    ケチャップを多用するものが多かったので・・

    ボルガライスやら中華そばやらしょうゆカツ丼やらで
    福井県内の街がそれぞれいろいろアピールしてますが,
    やっぱり福井といったらソースカツ丼とおろしそばだと
    思うんですよね~。

    ボルガライスに関しては,mikaさんのダンナさんと
    同じ意見で,できればカツはそのままで食べたい(笑)
    2013年01月23日 22:21
  • nippar

    私はたまごカツ丼のドロドロ加減が気持ち悪くて、ソースカツしか食べれなかったんですが、
    今は、トロトロじゃないと駄目だし両方とも悩むくらい好きですね^^;大人になりましたww
    ソースカツを一口食べてすぐにご飯に行きたいので、キャベツはないほうがいいかな~^^;
    2013年01月24日 09:22
  • poptrip

    >nipparさん

    ぼくも昔はソースカツ丼一辺倒だったのですが,
    大人になり,玉子カツ丼を受け入れるだけの度量が
    身に付きました(笑)

    でもやっぱり,食べる比率としては
    ソースカツ丼:玉子カツ丼=9:1
    くらいかなー。

    キャベツは栄養のバランスを考えた場合いいような
    気もしますが・・いらねーな。
    しかしソースカツ丼ってものすごく栄養の偏った
    食べ物ですねw
    2013年01月24日 23:47

この記事へのトラックバック