ボツネタ放出その1・・・学校教育についての真面目な話

新年度になりまして気分も一新したく,今月は過去のボツネタをすこしずつ放出させていただきまーす。
内容的にネット上に公開するのがためらわれたものとか,内容が全くゼロに近いもの(まあいつも内容の薄いブログですがww),他者批判のようなもの・・・これらは古いものだと数年前からボツネタとしてストックされているのです。

---

今回は,ちょいとした学校批判っぽいことを書いているので,不愉快になる人がいたら先に謝っておきます。


【問題】
下の図で,平行四辺形ABCDにおいて辺ADの中点をE,辺AB,CDをそれぞれ2:3の比に分ける点をF,Gとおく。BEとFGの交点Hとし,BEの延長とCDの延長の交点をIとする。
このとき次の問いに答えなさい。

IMG.gif

(1)BF:IGを最も簡単な整数の比で表しなさい。
(2)BH:HEを最も簡単な整数の比で表しなさい。
(3)平行四辺形ABCDの面積を1としたとき,四角形BCGHの面積を求めなさい。



ムスコの勉強にたまに付き合うわけですが,学校でもらってきたプリントに上のような問題があり,先生が作った手書きの模範解答もついてきます。


先生の作った解答では

(1)3:8
(2)6:5
(3)26/55

となっているわけですが,僕がどう考えても(3)はこの答えにならない。
僕の解答は23/55なんですがね。ええ,自信ありますよ。

どこかから拾ってきた問題だと思うんだけど,そういう問題の先生の手書きの模範解答に間違いが結構あるんですわ!
ひとつ間違いがあると他の問題の解き方もあっているのかという疑念がわいてきてしまい・・(ケアレスミスも多いんですよ・・僕が見たプリント数枚だけでもいくつもあって)

もちろん人は誰でも間違いを犯します。
仕事でもそうです。
そのためにチェック機能と言うものが普通の組織にはあると思うんですね。
数学の先生って一人だけじゃないでしょ。複数の先生が問題を解いてお互いにチェックし合えばこういうことはなくなるはずなんだけどなーと。
先生ってのは,横のつながりってないんですかね(ないんでしょうね。個人経営みたいなもんなんだろーな)。
同じ教科の先生同士が競い合い,独自の教材を作って独自の教育方法を行って,生徒の成績が上がった(成果の挙がった)先生が評価され出世していく。そんな感じなんでしょうかね・・

まあ,大学入試センター試験でも毎年のように誤りが見つかるくらいだからこんなもんだと割り切るしかないのかな。

先生によって教え方に上手い下手があるのは,生徒からしたら運不運でしかなく(これは僕も経験している),これはもう仕方がないことだと思うんですが,解答は間違わないでほしいなあと。
絶対に間違ってはいけない書類を作成する職業って世の中にはいっぱいあります(特にお金のからむ書類)。僕の職場でもそういうものはもちろんあります。ブログでは誤字脱字だらけのこんな僕だって仕事となると何度も何度もチェックします。
先生が生徒に渡すプリントの解答ってのは,僕が考えるに先生と言う職業にとって「絶対に間違ってはいけない書類」に分類されるのではないかと。

先生が大変なのはよくわかってます(ウチのヨメも僕と結婚するまでは先生をやってましたから)し,先生には先生の言い分もあるのだと思いますが,なんだかなーと・・・

なんてことを考えてたらなんか少しずつ熱くなってきちゃったので(笑),エクセルで問題と同じような図形とちまちまと作って(これがまた時間かかっちゃったんだなーExcel2010の操作方法がわからなくてw)このブログに載せて柄にもなく偉そうに語っちゃっていると。
そういうわけです。

ん。
直接学校に文句を言えばいいんじゃないかって。

はい。
僕はもめごとが嫌いなんですww

この記事へのコメント

  • nippar

    新入社員がいないと新年度を迎えた気がしない私です^^
    ズバット息子さんに先生の間違いを指摘し、ぎゃふんと言わせましょう!!
    って、もう卒業しちゃいましたか^^;
    2013年04月05日 09:16
  • poptrip

    >nipparさん

    ぎゃふんと言わせる・・・死語中の死語ですよ(笑)
    息子がちゃんと卒業できたので,ブログにアップした
    みたいなところもあるんです。
    2013年04月05日 21:58

この記事へのトラックバック