百里ヶ岳(小浜市)

「popさんの福井県内一等三角点巡り」のコーナーです。
そんなコーナーあったっけ?

ええ,今作ったんです(笑)
福井県にある一等三角点は7つ(あるいは8つ)なのでこのコーナーも残りあと数回となっております。

今回は小浜市の百里ヶ岳でございます。
もちろんこんな山(といっては失礼ですが),調べるまで知りませんでした。

いろんなところから登ることができるのですが,ヘタレな僕はできるだけ山頂近くまでクルマで行っちゃいます(だってこの日,天気が悪かったんだもん・・というイイワケ)

林道をクルマで登っていきまーす。
砂利道もありますし,ナビにも表示されない道ですが今回は結構安心感があります。だって道が広いんだもの。なんとかすれ違いはできそうな道幅があるんです,この林道。あ,落石はごろごろしてますけどね・・

まず,この登山口を

s-IMG_0177.jpg

通過します。


つぎに,こちらも

s-IMG_0173.jpg

通過します。

そして,ここ

s-IMG_0121.jpg

通過します。

さらに,こちらも

s-IMG_0127.jpg

通過します。
あ,ここは通過しちゃいけないんだった。

まちがえて「おにゅう峠」まで来ちゃったので引き返します。

s-IMG_0122.jpg

s-IMG_0125.jpg
おにゅう峠から滋賀県方面を望む

はい,先ほどの最終登山口から登ることにします。

しばらくはこんなふうに

s-IMG_0128.jpg

掘られたような道を進みます。
ホノケ山もこんな感じの道だったな・・

15分ほど歩くと峠に到着。

s-IMG_0132.jpg s-IMG_0131.jpg
根来坂峠

ここからは緩やかな登りがあってピークを過ぎるとなかなか急な下りとなります。

s-IMG_0146.jpg
だんだんガスが濃くなってまいりました・・

せっかく稼いだ高度をここで無駄にするのか(ほとんどクルマで稼いだ高度なんですけどw)・・
これを帰りに登らなきゃいけないのかとちょっぴり憂うつになります。

その後は多少のアップダウンを繰り返しつつも平たんな道が続き,急登に変わります。

s-IMG_0152.jpg

これは,なかなかきつかった・・・

でも,登り切ると

山頂が待っていたのです!

s-IMG_0153.jpg

百里ヶ岳というのは,百里先まで見渡せるというところから名づけられた山なのだそうですが・・・百里どころか一里先も見えない。

北島康介風に言わせていただくと

「なんもみえねえっ!」

って感じなんすよ。
まあ登っている途中からこうなることは分かってたんですけどね。

今回の主たる目的である一等三角点を写真に収め,ケリーケトルでコーヒーを沸かして一服して

s-IMG_0154.jpg
一等三角点 木地山(931.31m)

s-IMG_0157.jpg s-IMG_0158.jpg

走るように下山したのです。
しかし,途中から雨が降り出しました。
こういうときだけ天気予報が当たるんだから,もう!

体は濡れても全然平気なのですがデジタル一眼レフカメラという精密機器を雨から守らなければいけないので仕方なくデイパックの上から合羽を羽織りました。合羽って機動性が落ちるからキライなんですよね・・・


【実績行程】
登山口07:21
根来坂峠07:34
山頂着08:03
山頂発08:17
登山口08:53


登り:42分(休憩なし)
下り:36分(休憩なし)


ちなみに,この登山口のある上根来地区はいわゆる里山なわけですが,限界集落と言うやつで廃屋が目立ちます。

s-IMG_0175.jpg

こんな無人の牛舎が5棟。畜産団地は昭和50年代に完成した設備ですが,平成3年に牛肉の輸入自由化に伴い廃止されたとのこと。
この集落を活用しようというプロジェクトもあるようですがさてどうなるのでしょう。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック