2013年6月に読んだ本

sejima.jpg
転進 瀬島龍三の「遺言」/新井喜美夫

僕には尊敬する人物と言うのはいないが,興味を持っている人物は何人かいる。たとえば瀬島龍三や甘粕正彦。瀬島龍三の関連書籍の中でこの本は読んだことがなかった。越前市中央図書館でふと目に入って借りてみたのだが・・・タイトルに偽りありと言ったところでしょうか。坂本龍馬や勝海舟を見識のない人間と一刀両断するなど著者独特の歴史観ばかりで瀬島龍三の遺言といえるものではない。途中までは面白く読めましたけど・・・Amazonの書評ではボロクソに叩かれておりますw


sanada.jpg
真田太平記8~10/池波正太郎

3ヶ月かかってもまだ読み終わらない・・ていうか11巻と12巻を誰かが借りてるもんだから続きが読めないという。しかも越前市図書館にも県立図書館にも敦賀市立図書館にも真田太平記は見当たらないのです(泣)


honda.jpg
NHK受信料拒否の論理/本多勝一

越前市図書館で借りました。ちょいと僕の周辺でエネーチケーに関する不愉快なモメゴトが持ち上がっておりまして一応理論武装しておこうかと。
古い本です。基本的に1970年代に書かれた本(に少し加筆修正している)なのですが僕が学生時代にとある先輩に読むことを薦められていた本のひとつです。その先輩はサヨクの活動家だとのちに判明するw
タイトルに「論理」とありますが内容はあまり論理的でないので(思想的に彼に近ければ論理的なのかもしれませんが)ちょっと期待を裏切られた感じ。僕は法的根拠であるとか放送法の妥当性であるとかそういうことを知りたかったのです。
エネーチケーはまず本多勝一を相手に訴訟を始めるべきではないだろうか?



s-jojo.jpg
ジョジョリオン 4巻/荒木飛呂彦

コンビニで買っちゃいました。
コンビニでマンガを買うことって僕の場合多いんです。
ゴルゴ13は新刊が出るたびにコンビニで購入してますからね,ボク。
内容?相変わらずですよ,相変わらず・・もちろんいい意味でw




色彩を持たない多崎つくると,彼の巡礼の年/村上春樹

通して読むのはこれで3回目。
良質な文章を読むのはやはり気持ちがいいものだ。
まあストーリーはいろいろとアレなんですけど村上春樹の小説っていつもこういうパターンだからね。うちのヨメさんは結構クラシックのCDを持っているんですけど,この小説で出てくる「ル・マル・デュ・ペイ」という曲の入ったCDは持っていませんでした・・



この記事へのコメント

  • mika

    予約の順番がまわってきまして、ちょうど今しがた読み終わりました。
    相変わらず謎の回収もされないし、最後も置いてけぼりですけど、それでもいつもより分かりやすかったような・・?あちらの世界があまり出てこなかったからですかね。
    ハンサム設定だったからか、ダンスダンスダンスで出てきたお友達の赤いスポーツカーに乗ったハンサム俳優を思い出しました。
    あとスプートニクの恋人。電話で終わるからかな・・。
    でもやはり春樹ワールドはいい。

    最近は相変わらず伊坂さんと有坂さん読んでましたね。
    なのに未だ重力ピエロは読めてないです(笑)予約せねば。
    2013年07月01日 22:59
  • まゆか

    そうそう!村上春樹さんのご本はパターンがアレですよね。
    時々、? ? ? になりますし。わたくし的には、『カンガルー日和』が一番好きです♪シンプルで暗くなくて。ぽっぷさんは読まれましたか?
    2013年07月02日 20:31
  • poptrip

    >mikaさん

    おおっよく覚えてますね~
    僕って一度読んだだけだと内容をすっかり
    忘れてしまうので半年後くらいにもう一度読んでも
    とっても新鮮に読めるんですよ(笑)
    村上春樹の気に入った作品だけは何度も読んでいるので
    だいたい内容とか覚えてますけどね・・
    ダンスダンスダンスのハンサムな人はわかりますが,
    スプートニクの恋人は,いまいち好きじゃなかったので
    終りかたも記憶にないんです・・主人公はすみれだった
    かな?

    あ,重力ピエロも内容は全く覚えていません(爆)
    最初の一行が「春が空から落ちてきた」だったのだけは
    覚えてるんですけど・・
    2013年07月02日 21:50
  • poptrip

    >まゆかさん

    カンガルー日和・・もちろん読んでますよ,何度も。
    ああいうほのぼの系もいいですね。
    ショートショートは当たり外れがあるんですけどね。

    僕はとてもベタですが
    「世界の終わりとハードボイルドワンダーランド」と
    「ノルウェイの森」がフェイバリットです。
    2013年07月02日 21:52
  • Herr Katze

    村上春樹ってなんでか読む気にならないんですよね
    1Q84はなんか読もうかって気になってたんですが
    2013年07月05日 00:19
  • poptrip

    >Herr Katzeさん

    あの世界は,ハマる人にはハマるけど
    そうじゃない人は何であんな小説が爆発的に
    売れてるんだろう・・って感じなんでしょうな。

    まあ一度読んでみてくださいな。
    2013年07月05日 20:33

この記事へのトラックバック