たつやのオリジナルビーバー

福井を代表するブロガー・たつや氏が




へしこ味(上の写真は敦賀市内の某居酒屋の生へしこです)の

barbee.jpg
<courtesy of フォーリンラブ>

バービー

発売したらしい。
マルシェワンダーランドというイベント限定で。



???



あ,なんか違和感あるなあと思ったら・・

へしこ味のバービーではなくて
へしこ味のビーバーでした(ふつう間違えんやろ!)。

これですよ,これ↓

s-IMG_9972.jpg

この揚げあられ(というジャンルのようです)が発売されるようになった経緯は,当たり前ですがたつやの感性見聞録に詳しいです。

僕は,マルシェワンダーランドというイベントには行かなかったのですが,ちょっと人には話すのが憚られるような極秘ルートから入手いたしました。末端価格はグラム数千円と言われているこのへしこ味ビーバー。もちろん暴力団の資金源になっているのです(このくだり,ほとんどウソです)

s-IMG_9970.jpg

ビーバーは,僕も子どものころから慣れ親しんだお菓子のひとつです。
大人になってからもたまーに買っては食べておりました。
子供の頃というのは無知というか世間知らずというか自分の行くスーパーで売っているものというのはすべて大きな会社の都会の工場で作られる全国区のお菓子なのだとばかり思っていました。
でも,このビーバーを作っている会社が石川県にあり,しかもどうもローカルなお菓子だということを知ったのはつい5~6年前のこと。

また,へしこという食べ物を知ったのも12~13年くらい前のことです。
はじめて敦賀に住むことになって居酒屋に行くと必ずといっていいほど「へしこ」というメニューがあり同僚は必ずそれを注文するのです。あまりおいしいとは思いませんでしたが,酒飲みには酒の肴としてとっても人気がありました。
どちらかというと福井県の嶺南地方のほうでメジャーな食べ物なのではないかと思います。鯖江に住んでいた18年間では一度も出会うことのなかった食べ物ですから。

s-IMG_0010.jpg
お嬢様育ちの僕は,袋に手をつっこんで食べるような下品な仕草をすることが子供のころから禁じられており,常に中身をお皿に移してから食べるのです・・というのはもちろんウソで(だいたい誰がお嬢様やねん!!),ケーキですら皿に移さずに食べることもあるわけですが(笑),今回は撮影用にきちんとお皿に移してみました。



ちなみに僕がハマった福井県若狭地方を舞台とした朝の連続ドラマ「ちりとてちん」では主人公の母親(和久井映見)がへしこでっちようかんというオリジナルスイーツを作っていました・・・

【参考サイト】ちりとてちん・若狭クランクインロケレポート(←エネーチケーのWebサイトにとびます)



あ,そうそう。
味について言及するのを忘れていました。
ふつうにビーバーとして美味しかったと思います。
ほんのりとへしこの味と香りがしたようなしないようなw

ちなみにムスメの感想は
「へしこを食べたことがないからよくわからん。」
だそうです。


それにしても,オリジナルのビーバーを作ってしまうたつやさんの行動力・人脈・バイタリティその他いろいろwには感服いたしました。


この記事へのコメント

  • 郡山人

    へしこ?ってどんな食べ物なのでしょうか?何だか日本酒が進みそうな雰囲気を醸し出していますが…。
    ビーバーって、似たようなお菓子(せんべい?)は食べたことありますが、そちらでは相当メジャーなものなのですね。
    2013年06月25日 21:14
  • nippar

    両親が大好きだったので幼少の頃から知ってましたよ~。しかも、焼いたへしこしか知らなかったので、嫁いで生を見たときは・・・食べられませんでしたww
    私は薄好きなので、あめ玉くらいの大きさのへしこでご飯2杯くらいいけますw

    たつやさんの行動力、すごいですね!それに、ビーバーの会社ってなんでも作ってくれそう~~♪(何故か「強いぞヒーハー」って見えましたw)
    2013年06月26日 09:02
  • たつや

    敬愛するpoptripさまにこんな風にブログに書いていただき、光栄に存じます。

    これはまるで、清一色一通平和一盃口ドラ一の三倍萬をpoptripさんから和了したくらい幸せなことでございます。

    極秘ルートpart2、よろしければ近いうちにどうぞ^^


    ➡nipparさん、ありがとうございます。
    遊ぶなら徹底的に遊ぶ!それが一番楽しいです^^
    2013年06月26日 19:18
  • poptrip

    >郡山人さん

    へしこというのは,鯖に塩をふって糠漬けにしたものです。
    とっても塩っ辛くて酒をあまり好まない僕でも
    これは酒が進むだろうなあと容易に想像できる食べ物です。

    ビーバーはこちらでは有名な米菓です。
    同じような米菓を僕は今のところ
    見かけたことはありません。
    福島とかにはあるんですかね~まああっても
    不思議じゃないですが食べてみたいですな。
    2013年06月26日 20:46
  • poptrip

    >nipparさん

    あー
    うちは両親ともお酒をあまり飲まないから
    へしこと出会う機会もなかったのかな~

    ヒーハー・・・
    実はへしこ味のヒーハーという
    ネタも思いついたのですが,却下したのですよ(笑)
    2013年06月26日 20:51
  • poptrip

    >たつやさん

    たつやさんにそんな風に言われると
    照れますね~ふふふ。

    しかしですね,ぼくだって
    ときどきは他人の捨て牌を見てるので(笑)
    そんなミエミエの三倍満にはフリコミませんよ!
    って過去に振り込んだことがあるのかな。
    全く記憶にはないんですよね~
    チョンボを2回したことはちゃんと覚えているの
    ですが(泣)
    2013年06月26日 20:55
  • mika

    うちも小さい頃から日常にへしこがありました。
    でも糠を落とさずに焼くのでボソボソして、そんなに好きじゃなかったんですが、結婚してダンナが山本商店のへしこを持って帰ってきて糠を洗って焼いてお茶漬けで食べたらそれはそれはおいしかったです。
    というわけで我が家の子どもたちにもへしこ好きの血は脈々と流れております。

    最近は山本商店も代が変わってしまって、ダンナの職場でもへしこを置かなくなっちゃったので持って帰ってきてくれないのが寂しい限りです。

    たつやさんのへしこビーバー買いましたよ~。まだ食べて無いですが。^^;
    本当にあの人のパワーはすごいですね。パワーというか、人との繋がり方がすごいですね。
    あと好きなものを追い求めるパワーもすごい!
    すでに来年のマルシェが楽しみです(笑)
    2013年06月27日 00:42
  • poptrip

    >mikaさん

    あ~やっぱへしこで育った人ってのもいるんですね・・

    たつやさんの批評欄みたいになってきましたが(笑),
    まあ書いてはいけないことも書いちゃいそうなので
    やめときますねw

    僕はそれほどたくさんの人と付き合えるような人間では
    ないので(村上春樹の小説の主人公ほどではないけど),
    それに関してはすごいなーと思いますね。

    マルシェ・・僕は残念ながら
    アート的なものにほとんど関心がないんですよね。
    来年あれば,行ってみようかな・・
    2013年06月27日 21:19

この記事へのトラックバック