三床山(鯖江市)#4

僕のホームグラウンドがここ三床山。

今回は初めて西大井コースから登ってみた。
和田コース同様,民家の横が登山口となっている。

s-IMG_0455.jpg

今回はとにかくスピード重視。
休まずに,かなりのハイペースで登っていくことにする。

s-IMG_0463.jpg s-IMG_0467.jpg

そこそこの急登が続くので早くも息が上がる。

s-IMG_0468.jpg

「山頂まで1300m」の表示を過ぎると多少楽な道になり,アップダウンを繰り返すと和田コースと合流する。

s-IMG_0478.jpg

このまま見慣れた道を登っていくと10分ほどで山頂だ。

s-IMG_0483.jpg
三等三角点 和田(279.82m)

タイムは32分。
目標の30分には届かなかったが上々の出来。
しかし疲労度は半端ない。そして汗の量もとんでもない。僕の場合,滅多にないことなのだがこの日は手のひらからも汗が噴き出していた。
僕の干からびかけた老体の中にこんなに水分があったのかと驚くくらい。体中の汗腺という汗腺がお祭り騒ぎで開きに開きまくっているとしか思えない。

s-IMG_0484.jpg

この日も,残念ながら山頂からの景色はイマイチで,霞みまくっていて文殊山と三里山がなんとか確認できるという具合。
日野山すら見えないので見晴らしのいい広場を退散して木陰に移動し,タバコ1本とお茶を喉に流し込む。

さて,このまま下山するか。
いや待てよ。別のコースを下って再び登ってくるくらいの時間はあるんじゃないか。
と悪魔がささやく。
吹き出る汗をぬぐうのも忘れ,僕はしばらく沈思黙考する。
よし,決めた。筋金入りのマゾヒストの僕(ウソ)は佐々生コースを下って再び登ってくることにした。
家を出るときにヨメに「こんな暑い日に山に行くなんて頭がおかしいんじゃないの?」と言われたわけだが確かにこの暑さで頭の中のネジがちょいとゆるんでしまっていたのかもしれない。

s-IMG_0487.jpg

思い立ったらすぐに動き出さなきゃ。

汗が引く間もなく山頂に別れを告げ,なかなかの急こう配を下っていく。
これをまた登ってこなくちゃいけないのかと思うと真性マゾヒストの僕は喜びに打ち震えぞくぞくしてくる・・というのはウソで「おえー。マジかよ」と心の中でぶつぶつ言いながら何度か引き返そうかとも思ったのだけれど水もまだ十分あるし体力もなんとか・・と僕の頭の中の会議室では肯定する意見が多数を占め,計画は無謀にも続行される。

汗だくでヘトヘトになりながらほとんど惰性のように下っていくと20分ほどで神社の裏に出た。
佐々牟志(ささむし)神社である。かつては,三床山山頂にあったらしく,神社跡と書かれた標柱が山頂の広場の片隅に立っていたのを思い出した。

s-IMG_0516.jpg s-IMG_0510.jpg

ここでたっぷり休憩をとることにした。

幸いなことに近くに自販機を発見。
ジュースを喉を鳴らしながらワイルドに,男らしく飲む。別に誰も見ていないのだけれど僕のワイルドさが自然とそうさせてしまうのだ。

さて,登ろうかと言うタイミングで非常事態が発生した。
ちょっとヤバ目の,甘く危険な香りのする便意が唐突にやってきたのだ。
こういった事態には慣れっこの僕でも,見知らぬ土地での便意はちょっとばかりやっかいだ。

最悪の事態も想定しなくてはいけない。
No Good, so!
すなわち「野グソ」というやつである。こんな低山でまさか野グソをする羽目になろうとは・・

だがしかし。佐々牟志神社の神様たちは僕を見捨てなかった。

s-IMG_0515.jpg

天は自ら助くる者を助く。

出すものを出すとモチベーションも上がってくる。
意気揚々と軽くなった足を進めていく。

s-IMG_0519.jpg s-IMG_0520.jpg

s-IMG_0527.jpg s-IMG_0526.jpg

しばらくはなだらかな登りが続くのだが,「あと400m」という朽ちて倒れた表示を過ぎてから急登の階段が続くのだ。さっき下りてきたばっかりの道だから心の準備は充分だったけれどやっぱり気も足も重くなる。

s-IMG_0535.jpg

ここから300mほど急登が続く。
再び滝のように汗が体中の至るところから流れ落ち,手のひらもぐっしょりだ。もちろんシャツもパンツもおもらししたかのようにヌレヌレのジュンジュワー状態である。

残り100mの表示を過ぎると石生谷コースと合流し,ほどなく本日二度目の山頂へ到着。

s-IMG_0539.jpg

もしかしたら,霞が晴れているかもと期待した僕がバカだった。先ほどと同じような景色が広がっているだけ。仕方ないので心臓の鼓動が落ち着いてから久しぶりにケリーケトルでお湯を沸かし,コーヒーを飲むことにする。

s-IMG_0543.jpg s-IMG_0544.jpg

この日は,蝶々はあまり見かけなかったけれど

s-IMG_0553.jpg s-IMG_0556.jpg

代わりに二人の登山者と出会った。この山で人間に出会うのは初めてである(笑)
毎日のようにこの山に登っているという年配の方からいろいろと有益な情報を得ることができた。

この猛暑の中で熱いコーヒーを飲み終えた僕は走るように西大井コースを下っていった。

【実績行程】
西大井登山口8:19
和田コース分岐8:40
三床山山頂着8:51
山頂発8:56
佐々牟志神社着9:14
佐々牟志神社発9:36
山頂着9:59
山頂発10:36
西大井登山口10:59

<西大井コース>
登り:32分(休憩なし)
下り:23分(休憩なし)
<佐々生コース>
下り:18分(休憩なし)
登り:23分(休憩なし)

歩数:11,100歩


この記事へのコメント

  • nippar

    なんだか私もセカセカと読んでしまいましたww
    2013年08月16日 09:00
  • poptrip

    >nipparさん

    だんだんコメントもおざなりに・・(笑)
    2013年08月16日 18:55
  • かぶた

    佐々牟志神社へようこそw
    頂上からわざわざ佐々生コースにまで回っていただいて
    ありがとうございましたww

    上の方の標識は朽果てていましたか…
    あれは20年ほど前に地元(宇田区ですが)の壮年会で
    登山道を整備した際に建てたもので、写真の標識の字は
    恥ずかしながら実は私が書かせていただきました。
    頂上まで材料を担いで登り、テープで距離を測りながら
    杭を打ち込み、2キロも痩せたという伝説の杭です。
    最近は僕自身登ることがなく、本当に久しぶりでした。

    PS:あのお手洗いは公民館の改修の際に貴殿のように
    スクランブル発進しちゃいそうな方のためにと、屋外に
    増築したもので、今回お役にたてて大変うれしいですw
    恐らく地元以外の方では初めてのお客様でしょうねww
    2013年08月19日 17:18
  • poptrip

    >かぶたさん

    おおっ。
    こちらこそありがとうございます。
    あのトイレにはいくら感謝しても足りません(笑)

    そしてあの標識の字を書いた方からのコメントを
    いただけるとは・・
    こういうのってブロガー冥利につきますw

    「山頂まで400m」っていう道標だけ倒れておりましたわ。
    ほかはまだまだ健在です。ご安心ください。

    鯖江市側の登山道整備には,恥ずかしながら僕も
    毎年参加しています。
    2013年08月19日 21:41
  • かぶた

    早々のお返事、ありがとうございます。

    わかりました。400m地点ですな。
    今年の登山道清掃事業(なぁんて、メインはBBQなんすけどね。)
    は終わっちゃいましたので、来年には修理に登ろうと固く決意(?)
    をした僕でしたw(実は30分もあれば行けちゃうんですけどねw)
    過度のご期待をなさらずにお待ちくださいませ~w
    2013年08月20日 12:30
  • poptrip

    >かぶたさん

    はい。頑張ってください。
    鯖江市側の登山道整備は毎年9月にあるので
    私もたぶん参加します。

    ぼくらもその後,BBQになる可能性もあります(笑)
    でも最近は財政難の為シピィのスーパー「ラ・ムー」の
    おにぎりとおそばというパターンが多く・・(泣)
    2013年08月21日 20:30

この記事へのトラックバック