ポール・マッカートニー・アウト・ゼア・ジャパンツアー@京セラドーム#1

さて,当ブログは本日より大阪編にはいります。

朝ドラかよっ!

ポール・マッカートニーの来日ツアー「アウト・ゼア・ジャパンツアー」の模様を緊急レポートさせていただきます。
「鉄は熱いうちに打て!」の格言の通り,今のうちに書いておかないとライブの内容を忘れちゃうので。
なお,記憶違いも多々あると思われるのでご了承ください。また僕はマニアではないので内容が甘い点が多数あるかもしれませんがご勘弁。
セットリストはネットでの拾い物を参考にしております。

大量のネタバレを含んでいますので閲覧注意です!



この日は大阪観光をして,通天閣から徒歩で会場入りしたのですが会場近くではダフ屋さんもいらっしゃいました。

開場は17:00予定だったので,京セラドームには17:10ごろに到着したわけですが,「機材のチェックが大幅に遅れておりまして開場の時間は未定となっております」という無情なアナウンスが・・オイオイ。初日だからいろいろトラブってるのかね。結局17:40ごろに開場となりました。
まあとにかくすげー人でグッズ売り場も長蛇の列。でグッズ購入はあきらめました(←意思が弱えな!)まあ高額なチケット代と旅費が重荷になっていてお金ももったいなかったという要因もあります。ほら,何度も行ってるとおり僕ドケチだから(←ドケチって言うな!)

座席からステージを見るとこんな感じ。

s-DSCN9904.jpg
見ろ!人がゴミのようだ

とムスカ大佐の名言をお借りしたい。

16,500円の席です。なんかわけのわからん手数料とかもとられたので(あの手数料とかってどうなん?)17,000円以上支払っておるのです。あれも二重価格じゃねえのかw
オペラグラスも販売してたんですけどね,倍率3倍が1,000円。倍率8倍?が4,000円。はらたいらもビックリですよ。
賢明な読者なら承知と思いますが,この僕がそんな高額なもの買うわけないだろ!
しかし,オペラグラス・・この日はとっても寒くて季節は冬へ向かおうとしている・・

s-eri.jpg

新田恵里を想い出した僕はビートルズ世代ではなくおニャン子世代なのだ!
新田ちゃんのソロライブも行ったよな~福井フェニックスプラザ・・

とこんな感じで話を脱線させているとこのライブレポート,1週間くらいかかっちゃうので次に行きます。

さて,僕の席の右隣りは僕と同世代のアベック(死語)。
左隣りは白髪のおばあさん。たぶんポールと同世代。

会場には「ジャンピング禁止」って貼り紙がたくさんありましたが,年齢層の高いこのライブでは不要な注意書きだったかもしれません(笑)
だって演奏がはじまってもみんなほとんど座ってましたもん。アリーナの最前列辺りはかなりの盛り上がりをみせてましたけれど。
さすがの僕もアンコールあたりでは耐えきれなくなり立ちあがりましたが,僕の周りでは8割方ずっと座ったままライブを楽しんでおりました。
こんなに落ち着いてライブを聴いたのは子供の頃,母親と一緒に行ったさだまさしのコンサート以来ですわ。

開演前のBGMはアレンジされたビートルズナンバーやポールのソロナンバー(カバーも多数あり)。
「Silly Love Song」が終った19:10。
照明が落とされ,ついにポール・マッカートニーさん(71)がトレードマークのバイオリンベースを持って現れました。

1.Eight Days A Week
オープニングはこの曲でした・・なるほどこれを持ってくるかね。

2.Save Us

「マイド,オオサカ,タダイマ!」というポールのカタコトのあいさつに会場から大歓声であります。
「ワタシ,キョウニホンゴガンバリマス。デモエイゴノホウガトクイデス」という超一流のアメリカンジョークに会場は沸き上がります。

3.All My Loving
4.Listen to What the Man Said


たしかここで楽器をベースからギターに替えました。

5.Let Me Roll It!
6.Paperback Writer


もちろん僕の席からは豆粒のようにしかポールが見えないのでスクリーンに映し出されたポールをずっと見ながら演奏を聴きます。ポールはカンペを見ながら宣言通り日本語のMCを頑張っていたのですが,途中から英語メインになったのですが,スクリーンに通訳された日本語が表示されるのでこれはありがたい。ただやはりタイミングが遅れるので,ポールの英語で言ったジョークが数秒後に字幕に現れ,会場が苦笑するというのはまあしかたないよな。

この後,ピアノに座ると
「奥サン,ナンシーノタメノ曲デス」って歌い始めたのがこれ。

7.My Valentine

ごめん,ポール。
このナンシーのための曲・・はじめて聞いたわ(笑)

ピアノを弾きながらときどき下を向くしぐさ,表情は,ビデオで何度も見たまごうことなきポール・マッカートニーさん(71)。
1曲歌い終わるごとに「Thank you」って言うあの言い方も何度も映像と音で聴いたポールそのもの。すげーわ。

8.Nineteen Hundred and Eighty-Five 1985
9.Long and Winding Road


そしてリンダのための曲ですって歌い始めたのがこれ。

10.Maybe I'm Amazed

ごめん,リンダ。
この曲も知らんかった・・

しかしリンダのことを「wife」って言ってたように聞こえたんだけど気のせいかな。「元妻(ex-wife)」って言ってたのかな・・

ここからポールはアコースティック・ギターに持ち替えます。曲のたびにギターを替えてた気がする。チューニングとか替えてんのかね。

11.I've Just Seen a Face
12.We Can Work It Out
13.Another Day


ジョンにソロになってからお前はアナザー・デイみたいなくだらない曲しか書いてないじゃないかとバカにされた(ジョークだろうけど)この曲。こうやって聴くといい曲なんだよね~

14.And I Love Her
15.Blackbird


Blackbirdはトリハダものでした(いちおうダジャレの要素をとりいれていますw)
Blackboardじゃないよ,Blackbirdだよというお得意のギャグは今回は炸裂しませんでした。
この曲のギター,学生の頃練習したんだよね。

そして

「ツギノウタハジョンノタメノウタデス」と言って歌い始めたのが・・



つづく(笑)

連続ドラマ的手法をつかってみました。


この記事へのコメント

  • sarai

    はやくぅ~つぎつぎ!
    2013年11月12日 19:14
  • poptrip

    >saraiさん

    ふふふ。
    僕のブログは一日一善じゃなかった
    一日一記事と決めてるんです。
    このルールは今まで破られたことが・・何度か
    ありますけど(笑)
    2013年11月12日 20:29
  • ゆめ

    気になって気になって、朝から検索し、セトリを確認しました。
    Eight Days Weekが一曲目かぁ~!と思い、次々と曲名を確認し、
    もうそれだけで感慨深く、心から「行きたかった~!」と
    (セトリを見た事で更に)思いはじめました。

    自分が行くライブなら、当日まで絶対検索せず、見ない・聞かないを
    徹底しますが、行けないライブの情報は知りたくてたまりませんからね。

    あちこちで行った方の感想を読むたびに、感動が深くなっています。。。
    POPさん、最高の思い出でしたね~!
    それにしても71歳に思えない背筋の伸びや若々しさ。
    すごいオーラですよね!
    2013年11月12日 21:17
  • poptrip

    >ゆめさん

    初日だからなんの情報もないところが
    怖いところでもあり楽しみなところでもあります。
    ワールドツアーのセットリストを調べてから行くほどの
    気合も入ってなかったし。

    ただ,写真撮影オッケーだったってのを
    僕は帰ってきてから知ったんですよね~(笑)

    歴史上の人物(←福井新聞にこう書かれてたw)と同じ
    時間・空間を共有したということはホントに最高の
    想い出となりました。
    2013年11月12日 22:25
  • Herr Katze

    ポール・マッカートニー来日!

    というとスネークマンショー思い出してもう
    しょうがないんです

    ここにサインしろ!
    いぇ~す(泣)
    2013年11月13日 00:49
  • nippar

    コメント「お名前」のところを「pop」と書いてしまいそうなほど、テンションの高い記事に、私は火傷しそうですww
    しかも今年のpopベスト10に入るのでは??
    2013年11月13日 11:00
  • poptrip

    >Herr Katzeさん

    そう,それです!
    ネット上でもスネークマンショーを想い出すって人と,
    なにそれ?って言う人に分かれてて
    僕も何それ?っていう世代なんですわ(笑)

    そんなに流行ったんですね・・
    2013年11月13日 20:09
  • poptrip

    >nipparさん

    そりゃあテンションも高くなるってもんですよ。
    未だに余韻が残っておりますからね・・w

    今年と言うか,「一生の思い出」になりました。
    マジで。
    ファンじゃない人にはつまらない記事があと何回か
    続きますが僕を捨てないでっ!
    2013年11月13日 20:12
  • Herr Katze

    えっ
    世代的に絶対ナニソレ世代じゃないと思ってたんですが

    ポール・マッカートニーが麻薬所持で捕まったの
    知らないと全然面白くないネタなんですけどね
    2013年11月14日 00:37
  • poptrip

    >Herr Katzeさん

    いや,ごめんなさい。
    たぶん僕よりもうちょっと上までじゃないかと・・

    ずいぶん後になってYMOでスネークマンショーを
    知りましたので。
    2013年11月14日 20:34

この記事へのトラックバック