取立山(前編)

本日の降水確率は0%。
これほど自信満々な予報なら信じてみよう。やつらには何度も何度も裏切られているんだけれど。

ちょっと遠くまで足を延ばしてみます。
老化が急激に進行しているためだろうか。なぜか夜中の2時過ぎに目が覚めてしまい,さらにそのあとなんか寝付けなくなってしまいまして3時過ぎに自宅を出発(笑)
いきなりの計画変更(前倒しだからヨシとしよう!)。

目的地は勝山の取立山。
お昼までには鯖江に帰らなきゃいけなかったので歩行距離の短い山を選択したのです。

照明ひとつない林道を走るのはなかなか怖かったんですがなんとか駐車場までたどり着きました。もちろん駐車場には一番乗り。そしてもちろんあたりは真っ暗闇。

明るくなってきたので5時過ぎに出発することにしました。

s-IMG_2724.jpg

日陰にはまだまだ雪が残っておりますが,。

s-IMG_2726.jpg

稜線に出ると,もう地面などは全く見えなくなりまして,どこが道なのかはさっぱり分からないので木々をよけながら登っていきます。灌木の枝がじゃまで仕方がないのですが贅沢をいっちゃいけません。
また,風をもろに受けるのでなかなかの寒さ。ウインドブレーカーを羽織ります。
しかし景色がいいのでここは気持ちがいいですね~。

s-IMG_2733.jpg

ほとんど急登と言えるようなところはなく休憩も不要。
一気に頂上を目指します。

s-IMG_2737.jpg
振り返ると,越前甲と加賀大日山(らしい。帰宅後,ほかの方のブログで判明w)

s-IMG_2738.jpg
右手には経ヶ岳(らしい。帰宅後,ほかの方のブログで判明w)

s-IMG_2748.jpg

前方からおひさまが顔を出します。

s-IMG_2753.jpg

おお,あれが頂上か。
その後ろに白山が・・・

これはいいね。

s-IMG_2758.jpg

三角点は雪の下ですかね。
また夏に来て確認したい。

s-IMG_2759.jpg
ときどきガスが晴れ銀杏峰と部子山(←これも他の方のブログから同定)がうっすらと見える。

ここまで約1時間。
しばらく休憩をとり,このまま下りるかもうすこし先まで行こうかしばらく悩んだ末,先へ進むことにしました。おかげで楽しい思いと大変な思いの両方を味わうことになるのです。


(つづく)


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック