三十三間山~轆轤(ろくろ)山(中編)

道を外れてしまった僕たちは,とりあえず上へ上へと。
最悪でも,県境の尾根にぶちあたるだろうと。

とんでもない急斜面を登ってゆきます。
急登というか激登ですよ。

s-IMG_2768.jpg s-IMG_2770.jpg

整備された登山道であれば間違いなくロープが設置されているのですが,もちろんそんなものはありません。まあこれはこれで楽しかったんですけど・・・

そうさ,いまこそアドベンチャー♪

ってな感じですよ。

なかなか味わえない山登りとなりました。
いや普段僕が登ってる山なんて,本格的に登山してる人からしたら「なんじゃそれ」って感じなんですけれどこの斜面は山歩きじゃなくて,れっきとした山登りですよ,ご主人!

たくさんのけものの糞と新緑を見ながら高度を稼いでいきます。
途中まで赤テープが何か所かあったのですがいつの間にかそれもなくなり,違う尾根を登っていることがGPSからも分かるため,もう本道との合流はしばらくないなと諦めました。

s-IMG_2796.jpg

休憩をとりながら,ルートを確認しながらこの急斜面を歩くこと1時間20分。
GPSと地図を確認すると,正規ルートと接近したことが分かったので一人が走って先に見に行くと・・

s-IMG_2807.jpg
登山道にはロープがある

やりましたよ。
登山道と合流です!!

登山道と合流したときの感動は,山頂に立ったときよりも大きかったような(笑)


参考までにスマホのアプリ「山旅ロガー」のトラックログを下に示します。
点線が登山道。赤線が実際に歩いた軌跡です。登りは思いっきり登山道をはずれ,下りはちゃんと登山道を歩いてきたのが分かると思います。

xx.png

ずいぶんとショートカットしたのですが,かかった時間はきっと正規ルートとほとんど変わらなかったんじゃないかと思われ。

ここから5分ほど整備された道(笑)を登ると

s-IMG_2810.jpg s-IMG_2811.jpg

風神に到着。
そこからさらに2~3分で県境の尾根に出ました。
この分岐を右に行くと「ろくろ山」,左に行くと「三十三間山」なのですが,ろくろ山方面には立ち入り禁止っぽいロープが張られていました。

s-IMG_2854.jpg

とりあえず三十三間山へ向かいます。
尾根に出ると,一気に視界が開けてテンションが上がります。
尾根歩きを満喫。

s-IMG_2817.jpg
前方のピークが三十三間山

ピークの手前に広場(草原)がありましてそこで食事をとっているひとなども。

s-IMG_2833.jpg

最後の登りです。

s-IMG_2836.jpg

灌木を抜けるとそこは山頂だった。

s-IMG_2840.jpg s-IMG_2838.jpg
三等三角点 三十三間(842.09m)

山頂は木に囲まれてまったく眺望がきかないので記念撮影だけしてさきほどの広場まで戻り,早めの昼食をとることにします。

s-IMG_2843.jpg
轆轤(ろくろ)山方面

s-IMG_2822.jpg
三方五湖

s-IMG_2826.jpg
青葉山方面

肉眼では青葉山のツンと尖った形ががちゃんと見えたんですけど,写真ではちょっと見えないかな・・・

s-IMG_2820.jpg s-IMG_2834.jpg

さて,こんな景色を見ながら草原に腰を下ろし,昼食をいただくことにします。

(つづく)




この記事へのコメント

  • nippar

    尾根、いいですねぇ~♪
    意外と「間違ったルート」のような険しい道しか体が受け付けなくなってきてたりして( ´艸`)
    おばちゃんたち、、、大丈夫でしたか?w
    2014年05月07日 09:28
  • poptrip

    >nipparさん

    おばちゃんたちはといえば,
    韓国人のママさんは元気すぎるほどで楽しい楽しいって登ってました。もう一人のおばちゃんはブツブツ文句を言いながら・・(笑)
    まあたまにはこういうのもいいんじゃないかと。ただ,こんな低山でしかもたくさんの人が登るメジャーなところで道に迷ったというのは非常に恥ずかしいわけで・・orz
    2014年05月07日 19:14

この記事へのトラックバック