火燈山~小倉谷山~富士写ヶ岳(前編)

連休最終日。
行くつもりはなかったんですが4時30分に目が覚めてしまい,思わず来ちゃった・・
6時ごろに駐車場に到着。先客は1台。

s-IMG_2930.jpg

s-IMG_2934.jpg s-IMG_2936.jpg

前日の雨のためか,道は微かに湿り気を帯びておりまして・・滑るんです。とんでもなく滑るんです。この登山道には,階段というものが存在しないため水を含むともう大変なことに。急なところにはロープがありますが,ロープがないとはっきりいって登るのは無理じゃねえかっていうくらい滑るんです。何かにつかまりながら登るため,足も疲れましたが腕も疲れたという・・・

福井県と石川県の県境の尾根を登っていきます。20分ほど登ったところで先行するイカンガーを抜き去ります(いや実際は老夫婦ですけどw)。

s-IMG_2937.jpg

標高が500mを超えたあたりからでしょうか・・
そして今回の目的のひとつである,アレが少しずつ目に飛び込んできました。

s-IMG_2944.jpg s-IMG_2940.jpg

シャクナゲなのでございます。
他の方のブログによれば今年はシャクナゲの当たり年なんだそうで。
火燈山(ひともしやま)までのシャクナゲはもう終わりかけでしたが,それなりに綺麗に咲いておりました。

それなりの登り,平坦な道というパターンの繰り返しですこしずつ高度を稼いでいき,

s-IMG_2968.jpg

1時間10分で火燈山山頂(803m)に到着。国土地理院の地図にも山名はありますが,三角点はありません。

s-IMG_2976.jpg
福井市方面

s-IMG_2979.jpg
丈競山,浄法寺山方面

10分ほど休憩して,先へ進みます。
シャクナゲを見ながら一旦下って登り返すと(それなりに急なところもあったかな・・)

s-IMG_2987.jpg s-IMG_2994.jpg

20分で小倉谷山(おぐらたにやま)山頂に到着です。

s-IMG_2999.jpg
三等三角点 伏拝(910.66m)

こちらは火燈山とは逆に国土地理院の地図には山名は記載されていないのですが三角点があるという不思議。

s-IMG_3002.jpg

うっすらと白山も見えます。
さて,このまま不惑新道を通って富士写ヶ岳へ向かうことにします。

(つづく)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック