日野山(牧谷峠~萱谷コース)【前編】

ネット上ではこのコースを知っていたのだけれど,先日購入した「登ってみねの福井の山 vol.7」でもこのコースが新たに紹介されていたので行ってみました。
いちおう先に断っておきますが,牧谷峠コースは林道から峠まで草により道が隠れている箇所が何か所もありますので注意が必要です。僕も何度かルートをはずれちょっと苦労しました。

お寺の駐車場に車を停め,南に向かって道路を歩くと登山口に到着。
林道はその先まで続いており,しばらくは林道を歩きます。

s-IMG_3500.jpg s-IMG_3501.jpg

s-IMG_3504.jpg s-IMG_3506.jpg

「あと○○メートル」っていう小学生の手作り表示はこのコースにもちゃんと存在していますが,かなり朽ち果てていて文字が読めないもの,割れているものなどもたくさんありましたが,ちゃんとここが登山道なんだよという目印にもなってありがたいです。特にこのコース,草が生い茂っていて道が不明瞭なところがありルートを外れたりもしたのですが,この手作り看板に助けられたりしました。

s-IMG_3507.jpg s-IMG_3510.jpg

林道をはずれると沢沿いの細い登山道を登ります。ここらあたりから少し坂が急になってきます。

s-IMG_3513.jpg s-IMG_3516.jpg
この丸太の橋のところは誰もが迷うと思うわ(笑)

草の生い茂った沢のようなところを登ったりもしますが,まあ道がどこなのかわかりにくい。
2度ほどルートを外れましたが修正し,林道に出ました。途中で僕らを追い抜いて行った軽トラがここに泊まっていたので(ヒッチハイクすればよかったかなあw),林道をずっと登ってくればここにたどり着くんではないかとも思われます。いちおう一般車は登山口から先は進入禁止だと思われますので。

s-IMG_3519.jpg s-IMG_3520.jpg
林道出会

林道を横切って登山道が続いているのですがここがちょっと分かりにくい。何も考えずに山菜取りをしているおじさんのほうに向かって歩いていたら完璧に道が無くなりました(笑)ここもちょっとした藪,なんとか登山道へ戻ることができました。
ここからは急登で一気に高度を稼ぎます。

s-IMG_3528.jpg s-IMG_3529.jpg
牧谷峠

尾根沿いの道を日野山へ向かいますが,ここからはアップダウンを繰り返し急登箇所も何か所かあり・・そして蜘蛛の巣地獄。蜘蛛の巣は,人気のない山の細い登山道につきもの。蜘蛛の巣が人気のある山かどうかのバロメーターなのでありますが,ここの人気の無さはなかなかのものと推察されます(笑)

そして,ここまでいいペースで来ていた同行者(メタボ)のペースが一気にダウンします。

おまえ大丈夫かとおでこに手を当てた~♪

って歌いたくなるくらいの汗をかいている同行者に多少の気を使いながらゆっくりと歩いて行きます。

s-IMG_3532.jpg s-IMG_3533.jpg

前方と左側の展望が開けてきます。

s-IMG_3534.jpg s-IMG_3538.jpg

前方ピークは日野山ではなかったことが後に判明する(泣)

この偽ピークのあたりまで進むと道標もなにもない分岐がありまして,

s-IMG_3548.jpg

そこを左にすこし進むと大きな岩があります。

s-IMG_3547.jpg
トンビ岩

という岩らしい。とくに案内板も何もないが,そういうことにしておきたい。

このあたりでは同行者はもうなんか死にそうな顔をしていたので・・

いや,メタボ君,きみもここまでよくやったよ。
僕は拍手を送りたい。


ということでお先に失礼させていただきました(←オイッ!!)

最後の最後に急登が待っていてちょっとガックリ来ましたが無事に山頂(三角点)へ到着です。遅れて連れも到着。駐車場から山頂までちょうど2時間でした。

s-IMG_3564.jpg s-IMG_3565.jpg
二等三角点 日野山(794.42m)

日野山くらいの山なら前後編に分けなくてもいいかな~
なんて思ってたんだけど意外と長くなってしまったので・・・つづく。

この記事へのコメント

  • nippar

    popさん目線の「登ったざ~、福井の山」を出版してほしい^^(自費で)
    2014年05月22日 08:54
  • poptrip

    >nipparさん

    いや~しないね。
    また全否定(爆)
    2014年05月22日 21:44

この記事へのトラックバック