銀杏峰#2 名松新道【前編】

日野山に登った翌日・・まさかの3連チャン。
銀杏峰(げなんぽ)へ登ってしまったのです。

国土地理院地図では銀杏峯と表記されていますが,google先生の検索結果では
銀杏峯  2,140件
銀杏峰 11,200件

という事実がありますので当ブログでは今後,銀杏峰と表記させていただきます(以前の記事では銀杏峯としています)。

快晴ですが平日ということもあり,いつもよりは遅い出発。
宝慶寺いこいの森から名松新道を通って山頂を目指します。本当は,もう少し上の登山口から登ろうと思っていたのですが林道工事中の為こちらまで引き返してきたのです。

s-IMG_3631.jpg

いきなりの急登にげんなり。

s-IMG_3632.jpg

20分ほど歩くと,

s-IMG_3634.jpg s-IMG_3635.jpg

林道に出ます。1分ほど歩くと登山口が。
ほんとうは(たぶん)ここから登るはずだったんだよなあ・・・クスン。

気を取り直していきましょう。
しかし,ここからもなかなかのキツイ登りが続きます。ロープは必要ではないけれど,もうちょっとキツイとロープ必要だろっていうような・・・この時点ではもちろん知りませんでしたがこんな登りが延々と続くのです(ガビーン)

前日の日野山ではほとんど汗をかかなかった僕ですが,この日は額から汗がたれます。ちょっとハイペースだったのかなあ。気温が高かったことも影響しているとは思いますが。

たまらず,「仁王の松」でしばしの休息を。
このルートは「名松新道」というだけあって,いくつか大きな松の木があり名前がついているのです。ガイドブックでは4つあるのですが発見できたのは3つのみ(登りで2つ,下りでさらに1つ)・・

s-IMG_3642.jpg s-IMG_3641.jpg
振り返ればヤツ(白山)がいる!(いちおうタイムリーにASKAネタです)

ここからも容赦ない登りが続き,グロッキー状態。
ふだんなら先行者と差がついてもすぐに追いつけるタフガイを自称する僕(ウソ)ですが,今回は僕が足を引っ張るという形に。お先にどうぞーってな感じで先に行ってもらい僕は自分のペースでゆっくりと登ることとなりました。

s-IMG_3646.jpg

素晴らしいブナ林に,蓄積された疲労も吹きと・・・ばねーんだよ。吹き飛ばねーのかよ!
そして,ブナ林を抜けた後の前山(1,150m)直前の登りが,本当にきつかった・・

s-IMG_3648.jpg s-IMG_3650.jpg
このあたりからカタクリが少しずつ姿を現しました

なんとか前山に到着。もちろんここで休憩をとります。
それにしても予想以上のすばらしい光景が広がっておりました。

s-IMG_3651.jpg s-IMG_3652.jpg
白山と大野市街が。

s-IMG_3653.jpg
荒島岳の向こうには乗鞍岳(たぶん)

休憩してもどうもまだ体が重たい。足が重たい。3連チャンがきいているのか。
もうここからは最後尾を一人旅。写真をとりながらのんびり行くことにします。

s-IMG_3660_1.jpg

偽婦長を発見。
失礼,ギフチョウでした(なんだよ偽婦長って)。

この日,3羽のギフチョウを見たのですが,行きも帰りもほとんど同じところにいらっしゃいました。テリトリーのようなものが決まってるんですかね~。
5分ほど粘ったのですが,なかなかギフチョウさんはとまってくれず,よい写真は撮れませんでした(泣)
あんなにたくさんカタクリがあるのにカタクリにはとまらないんだよ,これがまた。

気をとりなおして山頂を目指します。


つづく。




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック