比叡山【前編】

比叡山に行ってきたのです。
たいていの人は,ケーブルカーあるいはマイカーを利用して延暦寺まで行くのでしょうけれど(僕も過去に家族で行ったときはクルマだった),僕たちは下界から徒歩で行くんです!ぶっちゃけ観光を兼ねた(観光がメインかもw)登山なわけですが軟弱は軟弱なりにがんばるんです!

今回は僕はドライバーを務めなくてもよかったので車窓からの風景などを。

s-IMG_4092.jpg
琵琶湖と白鬚神社鳥居

s-IMG_4095.jpg

s-IMG_4096.jpg
あれが比叡山なのかな?

比叡山には滋賀県側と京都府側とどちらからも登れるのですが,もちろん滋賀県側から。坂本駅ちかくの観光駐車場というところに車を停めます(無料なのでwちょっと離れたところです)。

s-IMG_4243.jpg s-IMG_4097.jpg

ここから日吉大社横の登山口?まで一般道を歩きます。

s-IMG_4101.jpg

いやこの山って全国に名が知れ渡っている山の割には徒歩で登山する人はあまりいないようで(←そりゃあそうだろう)登山者用の案内みたいなものがあまり親切ではありません。

s-IMG_4102.jpg s-IMG_4100.jpg

さて,いきますか。

s-IMG_4103.jpg

階段を登っていくと左手に学校が。

s-IMG_4106.jpg

比叡山高校です。

まったく困ったことに教室との距離がなかなかの近さでありまして,授業の様子が丸見えなのであります。もちろん向こうからも僕らのような怪しいオッサン・オバハンが丸見えなわけで・・何人かの高校生と目があいましたよ。コラコラ,俺たちは見世物じゃないんだよ~よそ見しないでちゃんと勉強しないとダメだよ~。と説教したくもなりましたが,逆にこっちが恥ずかしくなって逃げるように早足で通過します(笑)

その後舗装された道をしばらく歩くと,

s-IMG_4110.jpg

右手に逸れて再び石の階段を登ります。
えっとこの階段が今回の登山でいちばんきつかった・・。ここ以外は急なところはほとんどありません。

階段の途中から後ろを振り返ると絶景が

s-IMG_4111.jpg

広がらねーんだよ。
黄砂飛来の真っ最中。
霞んじゃって琵琶湖の対岸すら見えないという。
予想はしてましたが・・黄砂ってどうにかならないのかねえ・・

あとは

s-IMG_4115.jpg s-IMG_4116.jpg

s-IMG_4117.jpg s-IMG_4118.jpg

こんな感じのゆるーい坂を延々と登っていくと,
舗装された道路に出て
さらにすすんでいくと人工的な巨大建造物が目の前に現れました。

s-IMG_4128.jpg
延暦寺会館(標高約660m)

ここまで来てようやく人の姿を発見。
登山道では誰一人と会いませんでしたからね・・しかもここで出会う人は一般の観光客ばかりなので僕らの姿を不思議そうに見るわけです。いや,ちょっと恥ずかしいんだけど。そんなに僕らを見ないでくれよ。
だいたい熊よけの鈴をチリンチリンと鳴らしながら延暦寺境内を歩いてるんだから注目を浴びるのも当然と言えば当然なんですけど(笑)

ここから先に進むには拝観料が必要なようです。ただし山頂へいくために通過するだけならそれも必要ないという情報もあったりします。実はこの登山ルートだとチケット売り場・ゲートを通過しないため,拝観券を購入するためにはわざわざ券売り場まで行かなければならないという・・・ええ,マジメな僕たちはいちおう諸堂巡拝券(550円)なるものを購入しましたよ。

そして延暦寺参拝。
いちおうここも世界文化遺産に含まれているんだそうで。

s-IMG_4136.jpg
根本中堂(国宝)

s-IMG_4138.jpg s-IMG_4140.jpg

s-IMG_4145.jpg
大講堂

s-IMG_4147.jpg
阿弥陀堂・法華総持院東塔

建物の中にも入れるんですけれど・・・
登山靴できちゃったもんだから,靴を脱いだり履いたりするのが異常に面倒くさいという事実に愕然としたわけです(笑)
しかもくっさい足で境内にあがるのも気が引けたりして・・(登山時の靴下のスメルはなかなか強烈ですよww)
登山道はたいして危険なところもなかったから行きも帰りもこのコースを往復して延暦寺を参拝するだけならスニーカー等で来ることをオススメしたい。
もうホントに靴を脱いだり履いたりするのがイヤになりましたからね!

わすれちゃいけない。
今回の主目的は,比叡山登頂。
そうなんです。観光地でチャラチャラしてる場合じゃないんです。

延暦寺から比叡山山頂(大比叡)を目指しますが,境内には山頂への案内というものが皆無です。
いちおう幹事さんや僕がネットで下調べをしてきたのとGPSがあったので法華総持院東塔の裏から山頂へ向かう登山道があることを知っていたのですけど,普通の人なら山頂へ行く道を見つけるのは困難ではないかと。

s-IMG_4148.jpg

ここからは,多少ですが登山らしくなります。

s-IMG_4150.jpg s-IMG_4151.jpg

でもしばらくすると

s-IMG_4154.jpg

また舗装された道路が現れさらに行くと

s-IMG_4155.jpg

テレビ中継所が・・

そしてその先に,古墳じゃねえかっていうようなもっこりとしたおっぱいのような小山。
そこに三角点がありました・・

s-IMG_4165.jpg
一等三角点 比叡山(848.1m)


(つづく)

この記事へのコメント

  • nippar

    >普通の人なら山頂へ行く道を見つけるのは困難ではないかと。
    普通の人でした^^;
    登山道、あったかなぁ・・・?って思いましたもん。
    2014年06月02日 10:42
  • poptrip

    >nipparさん

    登山道が・・あるんです!
    僕も前回行ったときは気づきませんでしたから
    普通の人は絶対に気づきません!
    普通でよかったですね(笑)
    2014年06月02日 20:25

この記事へのトラックバック